全体表示

[ リスト ]

幻のラン


みなさん こんにちは

きのう、国立科学博物館 筑波実験植物園で開催中の「つくば蘭展」に行ってきました

イメージ 2

お目当ては、79年ぶりに南硫黄島で発見された幻のラン「シマクモキリソウ」

イメージ 1

「シマクモキリソウ」は小笠原諸島固有種で、ラン科クモキリソウ属の地生蘭

草丈は20〜30cm

花色は緑色地に紫班が入ります

円錐花に、花径1cm程の円形の花を咲かせます

最後に確認されたのは、1938年(昭和13年)小笠原諸島の父島

今回は、そこから約300キロ離れた小笠原諸島の南硫黄島で「シマクモキリソウ」の株を発見

今年6月、首都大学東京、東京都、NHKによって行われた南硫黄島自然環境調査で79年ぶりに採取

6月の時点では花がなかったため種類の同定ができなかったそうですが

筑波実験植物園で栽培を試みていたところ、世界で初めて栽培条件下での開花に成功

花の形や遺伝的な特徴から、「シマクモキリソウ」であることが確認されたのだといいます

ほぼ絶滅したと考えられていた植物の再発見に感動〜!!

i.s

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事