全体表示

[ リスト ]


みなさん こんにちは

先日、祠堂斎法要のため京都の妙心寺に行ってきました

妙心寺には46の塔頭があり、多くの重要文化財や史跡・名勝指定の庭園・寺宝が保存されています

法要のあと、母と春の新緑・秋の紅葉時に特別公開される大法院を訪ねることに・・・

大法院は信州の松代藩主であった真田信之(真田幸村の兄)の菩提寺

信之の遺命で、孫娘である長姫が寛文二年(1662年)に創建したと伝わっています

イメージ 1


イメージ 2

大法院の見どころは、客殿を囲むようにして広がる庭

外露地、中露地、内露地に分かれた「露地庭園」は

楓や苔などの深い緑に覆われてとても風情があります

「且坐喫茶(しゃざきっさ)」とは

まあ、座ってお茶でも召し上がれという意味の禅の言葉

大法院の庭を眺めながらいただくお抹茶は格別

心和むひとときを母と過ごす事ができました

i.s
イメージ 3







この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事