全体表示

[ リスト ]

オトコエシ(男郎花)


みなさん こんにちは

秋の七草のひとつ、「オミナエシ(女郎花)」に対して

強く丈夫そうに見えることが名前の由来だという「オトコエシ(男郎花)」

イメージ 1


イメージ 2

日本、朝鮮半島、中国が原産地のオミナエシ科の多年草

日当たりの良い草地や林の中に自生します

草丈は50〜100cm

葉は楕円形で、対生

下部につく葉は羽状に裂けます

開花時期は8月〜10月

茎の上部で枝分かれをして散房花序を出し白い小花をたくさんつけます

ひとつひとつの花は合弁花で、先が5裂します

秋に根茎を含めた全草を採取し乾燥させたものは

はれものの解毒に薬効があります

根茎を乾燥させたものは醤油の腐った臭いがすることから、生薬名を「敗醤(はいしょう)」と呼ばれます

写真は、2016年10月に神代植物園で撮ったもの


それにしても、花が白いこと以外はオミナエシとあまり違いはなさそう・・・と思うのは私だけ?

i.s

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事