全体表示

[ リスト ]

冬隣(ふゆどなり)


みなさん こんにちは

「冬隣(ふゆどなり)」とは、立冬を目前にして、冬がもうすぐそこまで来ているという意味の晩秋の季語

四季にはそれぞれに「隣」の一字をつけた季語があります

春・夏は明るく希望に満ちた「隣」

秋は行く夏の寂しさを感じる「隣」

冬は寒く厳しい季節に向って心構える、いよいよという覚悟をもつ「隣」


日を追うごとに朝晩が冷え込むようになり、東北や長野県では紅葉シーズンへ突入

他のエリアも標高の高い山を中心に色づきが始まっている様子

一日の最低気温が8℃以下の日が続くと木々は色づき始め、5℃以下になると紅葉が一気に進み

日中と夜の温度差が大きいほど美しい色を発するといわれています

イメージ 1

季節の変化の目安となる二十四節気

それを更に細分化した七十二候

二十四節気は中国から暦が伝来した時からほとんどその姿を変えず使われ続けていますが

七十二候は日本の動植物の変化などを読み込んで入れ替えられています

きょう、11月2日から6日は「紅葉蔦黄ばむ(もみじつたきばむ)」

紅葉が始まり、蔦の葉が黄ばむ頃

風情は晩秋から初冬へとかわります

i.s

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事