全体表示

[ リスト ]

鶏冠花(けいかんか)


みなさん こんにちは

二十四節気をさらに初候・次候・末候と三分に細分した七十二候

風物によって季節が細かく分けられています

きょう、1月30日から「大寒」の末候、「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」に入りました

鶏が春の気を感じて交尾し、卵を産み始める時期

自然な状態の鶏は、日照時間が長くなるにつれ産卵率が上がっていくため

春から夏にかけてたくさん卵を産むといいます

立春の初候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」からはじまった七十二候もこれが最後

2月3日、節分の翌日から七十二候も新しいサイクルに・・・春はそこまで来ています


ということで、きょうは「鶏(にわとり)」で棚からひとつかみ

「鶏冠花(けいかんか)」とは、鶏の鶏冠(とさか)のような花を咲かせる「ケイトウ(鶏頭)」の別名

イメージ 1


イメージ 2

インド原産のヒユ科ケイトウ属の一年草

日本へは中国を経由して天平時代に渡来

韓藍(からあい)」の名で万葉集にも登場します

園芸品種には、最も一般的なトサカケイトウ(鶏冠鶏頭)系

球形の花序つけるクルメゲイトウ(久留米鶏頭)系

羽毛のような花序をつけるフサゲイトウ(房鶏頭)系

花序の先が硬く尖るヤリゲイトウ(槍鶏頭)系があります


写真は、2015年9月に川崎市緑化センターで撮った「トサカケイトウ」

2016年2月に川崎市緑化センターの温室で撮った「フサゲイトウ」


i.s

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事