全体表示

[ リスト ]

国際通信社 急性鼻炎

雑誌「報道ニッポン」には、健康をテーマにした特集が紹介されています。

新型インフルエンザが猛威をふるい、空気が乾燥するほどどうしても風邪をひきやすくなります。
止めどなく流れる鼻水。かんでもかんでも出てきて「一体、どこからこんなに出てくるの」と不快な
思いをすることはないでしょうか。かみすぎて鼻の皮がめくれてしまったり、鼻が赤くなったりも
することがあるかと思います。
そんな中、ある新聞記事に「急性鼻炎」についての特集が載っていました。

風邪などのウイルス感染は、鼻、のどの粘膜から起こります。体が健康ならウイルスをはね返します
が、ストレスや疲れなどで体のコンディションが悪いと、ウイルスが鼻空内で繁殖、免疫反応で炎症
を起こすそうです。これが「急性鼻炎」なのだそうです。
急性鼻炎になると、自律神経が「ウイルスを追い出すために分泌物を増やせ」と指示するようで、体
の防衛反応の結果、鼻汁が増えて「鼻漏(びろう)」いわゆる「鼻水」がよく出るのだそうです。
鼻水は通常、サラサラで透明な「水っぱな」ですが、急性鼻炎が1週間ほど長引くと、「ウイルス菌
をやっつけよう」と白血球などが応援に駆けつけるそうです。すると分泌物が増え、粘りのある風邪
らしい鼻水になるそうです。

鼻炎が長引くと、耳の奥の中耳に炎症が広がる「中耳炎」、鼻の中に隣接している空洞に炎症が広が
り、膿がたまる副鼻腔炎(蓄のう症)になることもあるそうです。粘りのある鼻水になったり、
1週間以上長引くようであれば、耳鼻咽喉科を受診したほうがいいようです。

私の子供が以前、1週間以上粘りのある鼻水が続いたため、小児科ではなく耳鼻咽喉科を受診して
鼻水を吸引してもらって、飲み薬を処方してもらいました。短期間で治りました。
「鼻水だけだから病院には行かない」という方も多いかと思うのですが、長引くようであれば
病院に足を運んだほうがいいかもしれませんね。


<b>国際ジャーナルの取材</b> <b>報道ニッポンの取材</b> <b>現代画報の取材</b> <b>国際通信社の取材</b> <b>報道通信社の取材</b> <b>現代画報社の取材</b> <b>リフォーム</b>
<b>国際ジャーナルの取材</b> <b>報道ニッポンの取材</b> <b>現代画報の取材</b> <b>国際通信社の取材</b> <b>報道通信社の取材</b> <b>現代画報社の取材</b> <b>リフォーム</b>
国際ジャーナルの取材
報道ニッポンの取材
現代画報の取材
国際通信社の取材
報道通信社の取材
現代画報社の取材
リフォーム

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事