国際情報センター

的確な国際情勢判断をする国民、それが国の進路を誤らない最大の担保です。

全体表示

[ リスト ]

前モサッド長官メイル・ダガンの見方

1、5月10日付ワシントン・タイムズ紙は「モサッド前長官:イラン空爆は“馬鹿げた考え”。核の脅威を統御する最善の方策は破壊戦術」との見出しで概要、次の記事を掲載している。
メイル・ダガンは1月に8年間勤めたモサッド長官を辞任したが、ヘブライ大学でのシンポジウムで次の通り述べた。
「イラン核施設空爆は馬鹿げた考えである。イランを攻撃する者は地域戦争を始めかねないことを理解しなければならない。イランやヒズボラからミサイル発射がなされる。我々は戦争がどう始まるかは知っているが、どう終わるかは分からない。イランは何カ月も1日2−3発のミサイルをイスラエルに発射する能力をもっている。ヒズボラはテルアビブを攻撃し得る数百のミサイルに加え、イスラエル北部を攻撃し得る数万の短距離ミサイルを持っている。シリヤとハマスも自分のミサイルを使って参戦しかねない。戦争は多くの代替手段の一つの選択肢にすぎないことを思い出すのが重要である。イランになされたとメディアで報じられていることは効果を発揮している。(注:イラン科学者の暗殺やイラン核施設のコンピュータへのSTUXNETというビールス感染、イランへの欠陥ある装備のフロント・カンパニーを使った売却などがこれまで報じられてきた)イランは諸勢力間の“終わりのない権力闘争で分裂している」
ダガンはまた「アラブの春」は「変化の津波」ではなく、単なる指導部の交代であり、エジプトでは同じエリートが引き続き統治している、貧しいアラブ人はコンピュータを持っていないので、デモはインターネットの効果ではなく、ムバラク夫人スーザンが息子のガマールを後継者にしようと固執して反発されたのが主要原因である、エジプトの対イスラエル政策はあまり変化しないであろう、エジプトのエリートは対イスラエル関係の悪化がカイロの経済的・政治的利益を損なうことをよく知っていると述べた。
シリヤについて、アサッド退陣はイスラエルにとり良いが、アサッドは生き残るのではないか、勝つか死ぬかのいずれかであることを彼らは知っていると述べた。

2、モサッド長官辞任後、ダガンが公の場に出てきたのは珍しいことである。
この発言がダガンの真意であるとすると、イスラエルがイランの核施設を攻撃する可能性は低いと判断してよい。イランを攻撃し、戦争になった場合の危険を大きなものと評価する一方で、破壊活動が効果をあげていると考えている。秘密工作で当面は対処するということであろう。
「アラブの春」への評価については、変化の津波というより指導部交代としている。未だ事態は流動的であり、変化の津波になる可能性も十分にあるし、指導部交代にとどまる可能性もある。エジプトでの選挙の結果やリビヤ、シリヤ、イエーメンの今後はまだはっきりしない。
バーレーンは3月14日にサウジ軍を主体とする湾岸諸国軍がバーレーン入りした後、反政府派の弾圧に乗り出して反政府派を逮捕し、起訴している。起訴事由は「外国のために働いているテロ組織」との連携であるが、政府は反政府派はイランの手先ということで強硬に弾圧している。米も第5艦隊の基地があり、バーレーン政府批判を控えている。そういうなかで湾岸は政府への不満を潜在化しつつも一時的には安定化の方向にある。

3、私がイスラエル大使の頃ダガンは内閣のテロ担当をしていたので、会ったことがあるが、情勢分析能力の高い人との印象がある。
(文責;茂田 宏)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事