国際情報センター

的確な国際情勢判断をする国民、それが国の進路を誤らない最大の担保です。

全体表示

[ リスト ]

外交と歴史問題

外交と歴史問題

1、 中国と韓国は日本に対し、歴史的に日本が犯した罪として侵略と植民地支配、およびそれに関連した事を取り上げ、謝罪などを要求してきた。最近の事例としては、12月18日訪日した韓国の李明博大統領が、いわゆる従軍慰安婦問題を野田総理との会談で相当な時間を通じて取り上げ、謝罪と賠償を求めた。野田総理は、賠償の問題は既に法的に解決済みである、人道的な見地から何が出来るか考えたいと述べたとされている。

2、 日本政府は近隣諸国の歴史問題の提起に対しては、これまで相手国との関係に配慮して反省の意を示してきた。その中でも、戦後50周年の終戦記念日の村山談話が有名である。しかしこの談話後も、歴史問題は日韓間、日中間で折に触れ、提起されている。
中韓がこういう問題を提起するのをやめさせる手立てはないが、日本政府として、この「歴史問題」を解決する可能性はないし、そうしようとしないことが肝要である。問題が生ずるたびに声明や談話を出すことはやめ、出来るだけ他の問題に波及しないようにマネージしていくしかない。
その理由は次の通り。
第1:歴史学、あるいは歴史科学と言われることがあるが、歴史は「物語」であって、「科学」ではない。
科学的な命題というのは価値中立的、あるいは没価値的である。たとえば物理学で万物はお互いに引き合うという法則は、共産主義がよいか資本主義がよいかという価値観とは無関係に成り立つ。没価値的であるから、広く受け入れられる。
これと異なり、歴史の判断は価値の判断と切っても切れない関係にある。各国家や民族は特有の物語、すなわち歴史を持ち、他国や他民族とそれが一致することは期待できない。たとえば英国では長い間、米国初代大統領ジョージ・ワシントンは反逆者ワシントンと教科書に書かれていた。歴史解釈がその国家内、民族内でも争われることも普通である。
第2:現在、国連事務総長である播基文さんが韓国の外相であったころ、彼は日本政府には「正しい歴史認識」をもってほしいと発言したことがある。
私は、日本政府は「正しい歴史認識」を持つべきではないと考えている。ソ連を私は専門にしていたことがある。ソ連では、国民は「正しい歴史認識」を持つことが奨励された。しかしその実態は何度も書きかえられたソ連共産党史などであった。最初の党史ではレーニンと協力していたトロツキーが、スターリンが党内闘争で勝利した後の党史では、古い写真からも削除されるなど、ほぼ影も形もなくなっている。私がモスクワ大学にいた頃は、フルシチョフが追放され、ブレジネフ政権であった。当時モスクワ大学の学者などが動員され、フルシチョフ時代の「大祖国戦争史」の書き換えが行われていた。前の版でウクライナ戦線で大活躍したとされているフルシチョフの役割を、正しく位置づける(あまり大活躍したとしない)作業が行われていた。戦前の日本でも「正しい歴史認識」があり、これでは楠正成はよい人で足利尊氏はよくない人であった。
歴史認識は各人にとり、その価値観やアイデンティティと密接に結びついている。そういう中で、政府がこういう歴史認識が正しいと決めるのは、思想や良心の自由を尊重する自由民主主義国としての日本の政府としてはやってはならないことである。「正しい歴史認識」は思想の弾圧につながることである。
日本にはマルクス主義史観、自由主義史観、皇国史観など色々な史観がある。先の大戦についても、大東亜戦争、太平洋戦争、15年戦争など、人それぞれに呼び方が異なり、天皇陛下は戦没者慰霊祭では「先の大戦」としか言っていない。この日本史の1大事件にまだ名前さえついていない。これが歴史問題の難しさを良く表している。
日本政府はそういう問題に深入りする必要はないし、すべきではない。(国内での歴史教育の在り方につては、特異な日本国内での事情があることを踏まえ、考える必要があるが、ここではその問題は論じない。)
第3:中韓が歴史問題を提起して外交問題になった際にも、日本政府としてはそういう問題に関与することをよしとしないとして、拒否する姿勢を取る方がよい。
そういう原則的立場からすれば、村山談話でさえ問題である。それに反したということで、田母神航空幕僚長を更迭するなど、思想を理由にした弾圧のようなことである。ただ村山談話はもう出してしまったものであり、いまさら撤回したり、変えたりするわけにもいかない。
これを繰り返すだけにして、これ以上の踏み込みはしないことが、歴史問題を外交の場で取り扱う基本方針であるべきであろう。

3、 すっぱりと謝罪すれば歴史問題に悩まされなくなるというのは、今までの経緯に鑑みそうではないことが証明されている。その誘惑に引きずられてはならない。謝罪は、することより受け入れられることが大切と言うこともある。

4、 なお東京裁判史観について、私は東京裁判は全くの茶番劇であり、こういうことをしたのは日系米人の収容所送りや原爆投下と並んで、米国史にとっての汚点であると考えている。
(文責:茂田 宏)

閉じる コメント(1)

顔アイコン

こんばんわ
ほとんど同意しますが、村山談話は撤回しようがしまいが、絶対突っ込まれるでしょうね。
残念です!

2011/12/28(水) 午後 10:32 [ 俺はい漢和 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事