国際情報センター

的確な国際情勢判断をする国民、それが国の進路を誤らない最大の担保です。

全体表示

[ リスト ]

国家と日本の再生について

1、 私は外交官として40年近く勤務をしてきた。その際に指針として来たのはひたすら国のことを思うということであった。外交の現場においては、色々な事件に遭遇するし、その処理で手いっぱいになることも多いが、常に国のことを思うのが外交官の仕事であると考えてきた。
最近の論調のなかで、グローバリゼイションやポスト・モダニズムにより、国家や国家主権が溶解してきているという見解があるが、私は賛成しない。欧州の統合プロセスで、欧州が一つの統合された主権国家になったとしても、この欧州合衆国も国家である。欧州以外では国家の観念は強まりこそすれ、衰退はしていない。中世的秩序が出てきているのではないかと言う観察は根拠薄弱である。

2、 私は国家というのはテンニ―スの定義に従えば、ゲマインシャフトであって、ゲゼルシャフトではないと考えている。特に日本のような民族国家は、ゲマインシャフトである。その構成員は利益を中心に結びついているものではなく、自然的に結びついている。我々の大多数は日本人であることを利益の観点から選択したのではなく、自然に日本人である。
 日本人がこの日本を大切に思う気持ちは自然な感情であり、それは尊重すべきである。愛国心は、世界において普遍的に見られる現象である。
一部の日本人が日の丸の掲揚や君が代斉唱に反対しているが、戦争中の極端な国家主義への反発と連合国側の日本弱体化のための洗脳教育が相まった効果であり、時と共に解消されていくだろう。
「自虐史観」と言われるような問題も時間と共に解消されていくだろう。民族や国家はその歴史、物語を持っている。物語には色々あってよいが、自らを道徳的に間違ったことをした国家や民族として位置づけること、自らを否定するような物語は結局なくなってしまうと私は考えている。国家も人も自己否定ではなく、自己肯定をしなければ、生きていけないからである。
その上、日本の歴史は全体としては誇るに値する歴史である。先の戦争も、人種の平等の思想が国連憲章にはじめて記されたように意味はあった。各国の歴史には栄光も屈辱も素晴らしい点も汚点もある。それは米英を含め、すべての国に当てはまることである。先の大戦を美化することはないが、汚点をも認めつつ、日本の歴史は、全体としては誇りに値するというのが私の考えである。
私はソ連圏の崩壊の際にモスクワに勤務していたが、ソ連圏の崩壊後、最初にフィンランドや東欧諸国で起こったことは、歴史の書き換えであった。ソ連のあからさまな侵略による1939年のソ連・フィンランド戦争を、ソ連側の見解に沿って記述していたそれまでの教科書は改訂された。同じようなことがハンガリーでは、1956年のハンガリー動乱について、チェコでは1968年の「プラハの春」について行われた。
フィンランド化とは何か。それはフィンランド人から、その歴史、物語を奪うことであった。日本も政治の最高指導者が靖国神社に戦没者を弔いにもいけない国ではないかとも言われる。外国の言い分を受け入れたかのような、そういう状況は是正される必要がある。日本民族の物語は複数あってよいが、外国が政治的意図をもって書いた物語は、これを拒否するべきであろう。
韓国の中学校の「道徳」の教科書には、「過去はもちろん未来も我々の安全と福祉の責任を負ってくれるのは国家しかないというのが支配的見解だ」と書いている。人権も国家がなくなれば、保障されない。イスラエルでは、ようやく出来たユダヤ人国家を存続させることが何よりも優先される。日本人はユダヤ人や韓国人のように国家を失ったことはないので、国家の重要性を意識しない嫌いがある。

3、 私がこのブログで取り上げた日本外交の諸問題の元には、敗戦後の日本が置かれた国際的状況とそれへの日本人の反応がある。
戦後、日本人は自衛のため以外の軍事力は持たないこと、その軍事力も攻撃的なものは排除して、防衛的なものにし、ドクトリンとしては専守防衛に徹すること、武器は輸出しないこと、日米同盟以外の同盟は排除することなど、自己規制をしてきた。日本のみがアジアで先進的な工業力と科学技術力を持つ時代にはそういう政策の有効性もあった。しかし時代は変わってきている。日本が脅威を与える心配よりも、日本に対する脅威を心配する時代になった。中露の軍拡、北の先軍政治がある。
私は戦後日本の思想の総点検を行うこと、そして不必要な自己規制を撤廃し、日本人の力をいたずらに抑えることを止めることが、日本外交の再生、ひいては日本の再生につながると考えている。
1946年憲法をはじめとする戦後日本の迷妄を明確に批判し、拒否することが必要である。
日本は今苦境にある。苦境の際に日本を救ってきたのは、秩序感覚に優れた、勤勉で有能な一般国民であって、エリートではなかった。経済の面でも規制を出来る限り撤廃し、国民の真価を発揮させるところに再生のカギがある。

4、これでこのブログは終わりにします。長い間、読んでいただきありがとうございました。皆さん、よいお年をお迎えください。
(文責:茂田 宏)

閉じる コメント(11)

顔アイコン

本当にお疲れ様でした。
非常に沢山の示唆に富むブログが終わるのはとても残念です。
時に意見を異にすることもあり、批判的なコメントを書いたこともありましたが、いつも楽しみに読ませて頂きました。
まだまだ多くの課題が日本外交にはあります。
これからのご活躍をお祈り申し上げます。 削除

2011/12/31(土) 午後 9:12 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

お読みいただきありがとうございました。
今後の日本の行き先に心配もありますが、日本は世界の中でそれなりの役割を、引き続き果たしていくだろうと考えています。若い世代に期待しています。

2011/12/31(土) 午後 11:03 [ 茂田 宏 ] 返信する

いつも大変勉強になっていました。ありがとうございました。

2012/1/1(日) 午後 4:38 [ ボナパルト ] 返信する

顔アイコン

お読みいただいた上に、ご紹介して頂きありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

2012/1/1(日) 午後 4:54 [ 茂田 宏 ] 返信する

顔アイコン

先月から順に拝読させて頂いていました。示唆に富むお話は、とても勉強になりお礼申し上げます。これからも過去のものを読ませて頂きたく存じます。
2002〜2003年の国際テロ対策大使であられた際、ジェニン虐殺が起き、有馬中東和平担当大使とのお仕事のかかわりなどを学びたいと存じます。まずはご苦労に感謝致します。

2012/1/1(日) 午後 9:49 [ zxt**iro ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。4年間の記事の中には、もうすでに資料的価値のなくなっているものもあります。ご参考まで。

2012/1/2(月) 午後 3:16 [ 茂田 宏 ] 返信する

顔アイコン

お疲れさまでした。 削除

2012/1/2(月) 午後 8:36 [ 多聞天 ] 返信する

顔アイコン

どうも有り難うございました。毎回とても参考になる刺激を受けながら読ませて頂きました。お疲れさまでした。でも、もし可能ならば、頻度は少なくとも、ブログを再開されることを願っています。 削除

2012/1/4(水) 午後 5:33 [ 小池 ] 返信する

顔アイコン

多門天さん、小池さん
お読みいただき、ありがとうございました。
いまとりかかった仕事が終わって余裕ができたら、再開したいと思いますが、いつになりますやら。

2012/1/4(水) 午後 8:18 [ 茂田 宏 ] 返信する

顔アイコン

メッセージを頂戴し大変恐縮です。
「いまとりかかった仕事」のご成功を祈念申し上げます。
「余裕が出来たら、再開」まで、本ブログを閲覧可能にしていただければ有り難いです。

2012/1/5(木) 午前 7:17 [ hol*l*nd*djp ] 返信する

顔アイコン

Blogを拝見させて頂きました(*^^*)
私もBinaryとか色んな事を書いてるんですが、まとまりがなくって参考にさせて頂きたいです♪
毎日、更新しようと思うんですけどまだまだ精進中です(笑)
私のイチオシの事とかも書いているので、是非見に来て下さい♪ 削除

2015/3/25(水) 午後 4:53 [ ゆうママ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事