弁護士を呼んでくれ

あなたの大切な人が逮捕されたら、 すぐ、 弁 護 士を呼びましょう!

全体表示

[ リスト ]

ゴメンナサイ。まだ、民事事件の報酬を続けます。


例えば、橋本さんは武藤さんに1000万円を貸したのに、武藤さんがお金を返してくれないので、取り立てて欲しい。と依頼があったとする。
単純化するために、事前の示談交渉や調停はなくて、いきなり裁判を提起すると仮定してみよう。

依頼を受けた蝶野弁護士は、依頼者の橋本さんと委任契約を結ぶ。
例えば
着手金は、請求額の5%で50万円
報酬金は、裁判で認められた金額の10%
例えば、1000万円全額について勝訴判決を得れば、100万円
仮に、全面敗訴であれば、報酬金はゼロ。
(800万円の勝訴だったら、80万円・・・)
と契約したとする。

この契約の場合、
着手金は、仮に敗訴しても返還しない。
裁判に勝とうが負けようが、裁判を遂行するという労力は必要。
つまり、弁護士が費やす労力に対する対価。
報酬金は、勝訴に対してしか支払われない。
つまり、弁護士がもたらした成果に対する対価。
と考えることができるかもしれない。

例えば、
依頼者の橋本さんは
武藤さんとの金銭消費貸借契約書
武藤さんに1000万円を送金した銀行の伝票
武藤さんに送金した事実が記載されている通帳
武藤さんの1000万円の領収証
などの証拠を万端整えていたとする。

そうなると、弁護士蝶野さんが勝訴する可能性は高いと言えよう。
もし、裁判で楽勝、楽勝、という見通しならば
見込まれる労力が少ないのだから

橋本さんから蝶野さんに対して
この事件では、着手金を、もう少し安くしてくれませんか。
と頼むかも知れない。
蝶野さんから、積極的にディスカウントするかも知れない。

また、裁判で勝って当たり前。負けたら無能弁護士。
ということであるならば、
成功報酬も10%は高いでしょう。5%に負けて下さい。
という交渉もあるかもしれない。

逆に、橋本さんが、ろくに証拠を持っていなくて
蝶野弁護士が裁判に勝つには、いろいろと障害が多い事案だったら
蝶野弁護士は、この事件では、見込まれる労力がハンパないですから
着手金は、通常の50万円ではなく、100万円でお願いします。
ということもあるだろう。

また、そういう困難事件では、勝訴の見込み、可能性も小さいから
蝶野弁護士としては、報酬金がゼロになるリスクもある。
それを織り込んで、多めの着手金を受け取っておきたい。
という意図もあるだろう。こうなると、
着手金は、純粋に弁護士が費やす労力に対する対価なのか。
疑問も出てくる。

裏返せば、
報酬金は、弁護士がもたらした成果に対する対価。
というのも、絶対的な命題ではないことも見えてくる。

まだ、続ける。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

今日は、更新、おやすみです。

2015/1/21(水) 午後 11:52 [ 赤いブログ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事