弁護士を呼んでくれ

あなたの大切な人が逮捕されたら、 すぐ、 弁 護 士を呼びましょう!

全体表示

[ リスト ]

日本の弁護士が伝統的に利用してきた報酬制度は
弁護士が費やす労力に対する対価。
弁護士がもたらした成果に対する対価。
の2要素があり

大雑把に言って
成功・不成功が目に見えにくい依頼内容にはタイムチャージ
成功・不成功がハッキリする依頼内容には成功報酬型
適合するのではないか、と 仮説 を立ててみた。


これを基軸に、刑事弁護事件の報酬を考えてみたい。


刑事弁護事件で、依頼人(被疑者、被告人、親族等)は
弁護士に何を望み依頼するのだろうか。

弁護士は、依頼人に何を提供できますよ。
と依頼を受任するのだろうか。


例えば、
映画「それでもボクはやってない」みたいな痴漢事件。
私は痴漢ではありません。無実です。
無実を明らかにして下さい。
という場合は、弁護活動の主目的は明らかだ。

つまり、無罪の獲得である。

これは、成功・不成功がハッキリする依頼内容だ。
そうであれば、成功報酬型の弁護士費用が適合すると、想定される。

となれば、
着手金ゼロ
報酬金100万円
のような委任契約が考えられる。

※100万円は高い。という人も居るだろうが
高い、安いは別の機会に譲るとして
分かりやすい金額とさせて貰った。


ところで、痴漢事件で
依頼者(被疑者、被告人、親族等)が、弁護士に求める仕事内容は
無罪獲得に限られるのであろうか。


仮アップ

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事