弁護士を呼んでくれ

あなたの大切な人が逮捕されたら、 すぐ、 弁 護 士を呼びましょう!

全体表示

[ リスト ]

前の記事からの引用(再掲)

可能性
①岡口Jが嘘を言っている。
②親族が嘘を言っている。
吉崎事務局長が嘘を言っている。

4つめの可能性が出てきました。
④マスコミが間違えた報道をした。
です。

岡口Jが事実整理という形で弁明をブログに書いた。
それに対し、遺族から、次のようなtweetがなされました。


まず、遺族は代理人を通じて、岡口Jに対して、謝罪を断る書面を送ったことを認めています。
その部分は、岡口Jのブログと整合します。

それに続けてのtweet文
「正しくは、抗議された後早い段階で1度でも謝罪があれば要望書提出も訴追請求もしなかったと話しました。間違った報道でこうしてまた攻撃を受けています。」


まず第1に、
遺族は「早い段階で1度でも謝罪があれば」と話したのに、マスコミが「早い段階で」を省いて「一度でも」と報道した。ということが分かります。
つまり、マスコミが、火に油を注いだのです。

つぎに、
遺族は、岡口Jのブログを「攻撃」と受け止めていることが分かります。

油を注がれ火力が増した事案は、遺族の冷静さを奪い去り、本来、マスコミに向けられるべき怒りを、岡口Jに向ける。という誤った判断を導いたのです。

岡口Jとしても、遺族が「早い段階で」と言っていることを知っていたら、自分に謝罪の気持ちがあると伝えたことが遅きに失した。というブログ記事になった可能性があります。
ところが「1度も謝罪がなかった」という非難を受けたわけですから、謝罪を申し入れたが断られた。と自己防衛せざるを得なかったわけです。

つまり、この事案は、遺族と岡口Jの間にボタンの掛け違いがあり、混沌としているが、その責任はマスコミにあり、マスコミこそ処断される対象だと言うこと。そして
岡口Jが断罪の対象ではないことが、いみじくも遺族のtweetで明らかになったのです。

もう、懲戒申立も、分限裁判も、取り下げたらいかがでしょう。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

すれ違いをマスコミがあおったのか

ただ、すれ違いだしたらツイッターに書くのはすれ違いを助長する気がする…

2019/3/28(木) 午後 9:22 [ s_d*te1*17 ] 返信する

顔アイコン

このブログや1対1メールでも微妙に(?)すれ違うときあるから

2019/3/29(金) 午前 6:06 [ s_d*te1*17 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事