弁護士を呼んでくれ

あなたの大切な人が逮捕されたら、 すぐ、 弁 護 士を呼びましょう!

全体表示

[ リスト ]

★太陽にほえろについて追記しました。
★太陽にほえろに追記しました②

原作/西村寿行「原色の蛾」徳間文庫

西村寿行といえばミステリー作家の大御所だ。
単純な法律ミスはないだろう。
安心して(実は、ハラハラして)ドラマを鑑賞

ちなみにエンドロールに法律監修の記載は無い。
本放送は2004年12月22日
つまり、殺人罪に15年の公訴時効があった時代。

主人公は警察庁徳田左近警視
配役は西郷輝彦。さすがは元遠山の金さん。
役名も、なんとなく時代劇っぽい。

階級は警視。警視と言ったらかなり偉いぞ。
警視総監警視監警視長警視正に次ぐ第5位の階級だ。
警察法
(警察官の階級)
第六十二条 警察官(長官を除く。)の階級は、警視総監、警視監、警視長、警視正、警視、警部、警部補、巡査部長及び巡査とする。
警視正以上は、警察官全体の0.5%程度。警視は2.5%程度だから、警察組織の上位3%に入っている。偉い。

警視の下が警部だ。
ルパン三世(TV版・第一シリーズ)の銭形警部は「警視庁の敏腕警部」という設定になっている。
警部も全体の5〜6%位だから、相当に偉い。
警部になると、現場にでることは殆ど無く、後方に居て指揮命令をする立場だ。
捜査の最前線で活躍していた銭形警部は、ずいぶんと破天荒な警部だったことになる。

警視以上が約3%、警部が5〜6%
のこり90%強を、警部補、巡査部長、巡査が占めるわけだが、それぞれ約3分の1というところだ。

ちなみに、62条には巡査長という階級はない。
皆さんは巡査長という階級に聞き覚えはないだろうか?
そう。思い出したね。踊る大捜査線の和久さん(いかりや長介)が巡査長だった。
巡査長は、法律に規定がないのだから、正式な階級ではない。巡査部長への昇任試験に合格しないが、優秀な巡査に与えられる名誉階級と言って良いだろう。
つまり、和久さんは実績はあったけど、試験は苦手だったんだろう。和久さんのことだから、試験を受ければ合格するのに、あえて試験を受けなかった可能性も考えられる。

念のため、警察庁警視庁は違う役所だ。
各都道府県には、神奈川県警察、大阪府警察などがあり、東京都には都警察がある。それぞれの警察には本部があるが、都警察の本部だけ、特別に本部ではなく、警視庁と呼ぶ。
警察法
(警視庁及び道府県警察本部)
第四十七条 都警察の本部として警視庁を、道府県警察の本部として道府県警察本部を置く。

それぞれの警察は各都道府県の組織だ。
だから、警察官の殆どは地方公務員ということになる。
「殆ど」というのは例外があるからだ。都道府県警に所属していても、警視正以上に昇進すると国家公務員となり、地方公務員の資格を失う。
警察法
(職員の人事管理)
第五十六条 都道府県警察の職員のうち、警視正以上の階級にある警察官(以下「地方警務官」という。)は、一般職の国家公務員とする。

これに対して
警察庁は、国の機関。だから職員は国家公務員
都道府県警察からの出向している警察官もいる。
このドラマには、神奈川県警から警察庁に「転属」になった中岡警部補(西村和彦)が出てくる。2〜3年で神奈川県警に戻るので出向だ。
出向が、在籍出向なのか(地方公務員のママ)、転籍出向なのか(国家公務員になる)、詳細は不明(当社調べ)。
中岡警部補が「転属」と言われても、どちらの種類の出向かは判別しかねる。

警察庁は、神奈川県警察、大阪府警察、都警察など全国の警察を束ねる親玉だ。
その職員は約8000人(意外と多い?)。内2000人強が警察官で,その他は一般職。
徳田警視の上司である平泉成課長が説明していた。「本来、警察庁は都道府県警の捜査指導および監督機関で、現場での実務は行わない。」

上記の通り(警察法62条)警視総監は、警察官の階級の第1位であり、日本に一人しかいない。
警察庁は全国警察の親玉だから、そこのトップが、警視総監かというと、実は、違う。
警察庁のトップは、警察庁長官だ。
警察法
 (長官)
第十六条 警察庁の長は、警察庁長官とし、国家公安委員会が内閣総理大臣の承認を得て、任免する。
オウム真理教の一連の事件の中で、自称犯人が名乗り出たのに、迷宮入りしている警察庁長官狙撃事件を記憶している人も多いだろう。あの事件の被害者が、全国警察のトップなのである。
(トップを狙撃されただけでもメンツが潰れているのに、迷宮入りとは、非常に情けない)

では、警察庁長官と警視総監とどちらが偉いのか。
警察官は、警視総監以下、階級制が取られているが、警察庁長官が、ひとりだけ、階級を持たない警察官である(前掲、警察法第62条かっこ内)
言い換えれば、警察庁長官は階級を超越した存在なのだ。ということは、警察庁長官の方が偉い。

警察庁のトップが警視総監でなかったら、彼は、一体全体、どこにいるのか?
実は、警視庁のトップが警視総監なのである。
警察法
(警視総監及び警察本部長)
第四十八条 都警察に警視総監を、道府県警察に道府県警察本部長を置く。

警察庁長官は、階級上トップの警視総監から昇格するのかというと、そうではない。
警視総監は、警視正以上の階級だから国家公務員であるが、所属は東京都警である。地方公共団体の組織の長に過ぎない。
だから、警察庁長官には、国家機関である警察庁のナンバー2(警察庁次長警視監(第二順位の階級)から昇格するのが通例となっている。

似た響きの組織に検察庁がある。
これも国家機関だ。
ここには、検事さん、つまり検察官がいるところ。
ちゃんと区別しようね。


さてさて、前置きが長くなったが、ドラマに入ろうか。
というか、まだ、ストーリーには入らないが、主人公の徳田左近警視に光を当ててみよう。


徳田は、もともと警視庁(都警察の本部)に勤務していた地方公務員だったが、あまりにも有能なため、東京だけで活躍させるのは勿体ない。全国で活躍して欲しい。と二階級特進して国家機関である警察庁に引き抜かれた。と平泉成が説明していた。
ということは、警視庁時代は、警部補だったのが、警部をすっ飛ばして、警視になったことになる。
法律監修ミスとは言いたくないが、あり得ない設定だ。

本来、警部補が警部になるには、昇任試験に合格しなければならない。それをすっ飛ばすのは、おそらく法律違反だろう。
警視庁訓令甲第3号 警視庁職員任用規程
(警察官の昇任)
第15条 警察官の各階級への昇任は、試験によるものとする。
(警部試験)
第18条 警部昇任試験は、別表第12に定める基準により行うものとする。
別表第12(概要)
試験科目及び方法
一次 警察法規及び警察実務について択一式の筆記試験を行う。
二次 次の4科目について筆記試験を行う。
1 警察管理
2 憲法及び行政法
3 刑法及び刑事訴訟法
4 捜査実務
三次 面接による人物考査を行う。

さらに、警部に昇進したら警察大学校で研修を受けなければならないが、それも脱法したことになるだろう。
警察庁訓令第4号 警察教養細則
(警察大学校の各部の課程)
第7条 警察大学校の各部(教務部を除く。)においては、次に掲げる課程を行うものとする。
(1) 警部又は皇宮警部に昇任し、又は昇任が予定されている警察官等にその職務の遂行に必要な知識及び技能を修得させるための課程

ちなみに、警視になるには試験はないが、選考がある。
警視庁訓令甲第3号 警視庁職員任用規程
(警視選考)
第19条 警視昇任選考は、別表第13に定める基準により行うものとする。
別表第13
選考資格 警部として6年以上の勤務実績を有する者
選考方法 勤務経歴及び平素の勤務成績を総合的に勘案して行う。ただし、必要がある場合は、筆記考査及び面接試問を併せて行う。

徳田(西郷輝彦)は二階級特進だと、警部経験がゼロだから、警視の「選考資格=警部として6年以上の勤務実績」を満たしていない。

ただ、注意して欲しいのは、上記で引用したのは「警視庁訓令」だから、警察庁で警視になるには、他の道があるかも知れない。

いわゆるキャリア官僚は、警察庁に入庁した途端に、巡査、巡査部長をすっ飛ばして警部補から始める。
7年目には、一斉に警視に昇格だ。
だから、警視庁とは違ったルール(法律や規則、訓令など)があるはずだ。しかし、見付けられなかった(当社の限界)。


今までは、警察官の階級について見てきたが、階級の他に役職というものがある。

一般の株式会社には
社長・専務・常務・平取締役
部長・課長・係長・主任・平社員
のような役職があるだろうが、それとは別に階級があることは、殆ど(というか、まったく)聞いたことがない。

他方、公務員の世界では、階級と役職がある。

警視総監は、階級が警視総監で、役職も警視総監である。同じ「警視総監」でも、片方は階級で、片方が役職だから、意味が違う。

先に紹介した警察庁のナンバー2は、役職が「警察庁次長」であるが、慣例として「警視監」の階級を持つ人が就任する。
このように、それぞれの役職には、それに相応しい階級があり、その階級に昇進しないと、その役職に就くことができない。
これが、役人の世界の出世構造である。

平泉成は課長だったので、警視監または警視長であろう。もの凄く偉い。

徳田左近は、警察庁の警視である。
その階級に相応しい役職は、課長補佐である。
しかし、徳田左近は係長である。
(刑事局捜査第一課特別処理係係長)
係長は、本来、警部の役職である。
二階級特進の「インチキ」警視だから、相応しい役職を貰えなかったのだろうか。

これは、あくまでも警察庁という上級官庁での役職。
警視は、警視庁に行けば管理官または課長であり、
大規模の警察署であれば副署長
小規模の警察署に行けば署長になれる階級である。

ところで、下から2番目の階級に巡査部長があったね(警察法62条)
この部長は階級としての名称に過ぎないから、役職の部長とはなんの関係もない。巡査部長になったから、刑事部長になって部下を何人も持てる。なんてことはないのである。
ちなみに、太陽にほえろのボスこと石原裕次郎の役職は、七曲がり署刑事1係の係長だから、階級としては巡査部長だ。警部補ですらない。意外と偉くない。

★追記
太陽にほえろのボスの階級が巡査部長だ。と書いたのは、七曲がり署程度の警察署の1係の係長に相応しい階級が巡査部長だからだ。
一つ下の巡査(巡査長)では、係長になれないし、一つ上の警部補では、係長にしては偉すぎる。
巡査部長が丁度良いのだ。だから巡査部長と想定した。

ところが、太陽にほえろの再放送を見ていたら、ボスの階級が判明した。
驚いたことに、ボスは警部だった。
想定した巡査部長とは2階級も違った。誤差とは言い逃れできない間違いだ。誠に申し訳ない。
ドラマの世界に常識を持ち込んではならない。という教訓を学んだ。
ということで、以下の記述は、間違えた前提で書かれていることになる。反省の意味を込めて、敢えて消さずに残すことにする。


太陽にほえろでは、部下の刑事達が「〇〇をしょっぴきっましょう」というと、ボスが「いや、まだ早い」とか「よし、逮捕だ。逮捕状を取ろう」などと言っているが、ボスは巡査部長だから、刑訴法上、逮捕状を請求する権限がない。
刑事訴訟法
第百九十九条 (略)
2 裁判官は、被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があると認めるときは、検察官又は司法警察員(警察官たる司法警察員については、国家公安委員会又は都道府県公安委員会が指定する警部以上の者に限る。以下本条において同じ。)の請求により、前項の逮捕状を発する。(以下略)
部下には偉そうに「逮捕状を取る」とか言っていながら、ボスは部屋を出てから上司である警部のところに言って、お願いします。逮捕状を請求して下さい。と頭を下げているのだろう。ドラマでは省略されているが。

太陽にほえろの後半で、ボスが病気をしたため、渡哲也が代理で、1係の係長に赴任してきた。
愛称も、階級も「警部」だった。
ボスは、巡査部長だったと思われるから、代役も巡査部長が普通だろう。百歩譲っても、警部補だ。
警部殿のような偉い人が代役に来るはずがない。
七曲がり署のような警察署では、次長や課長が、階級に見合った役職だ。
警察庁のようなデカい組織に行けば、警部は係長に対応することになる。

さらに、ボスと渡哲也では、2階級も格差があり、上下関係がハッキリしている。
しかし、ボスの方が偉そうにしているのは、ダメだろう。

ちなみに、刑事という階級も役職もない。
え?そうなの?・・・・そうなのよ。
私服で捜査する警察官の俗称なの。

だから、桜木健一が、走って帰ってきて、玄関を開けるやいなや「母さん。俺、刑事になったよ!」と嬉しそうに報告するのは、ちょっと違和感がある(ドラマ「刑事くん」のオープニング)。
ここでは、制服を着る交番勤務から、私服の捜査官に異動になった。ということと理解することにしておこう。


さてさて、ストーリーに入ろうか。
2時間ドラマなのに、ここまでの解説が、頭の部分2分40秒に過ぎないことに気がついた。
ストーリーは、別記事に、新しくアップすることにしよう。




確定アップ。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

前置きが長えよ!

2019/4/12(金) 午後 3:27 [ 赤いブログ ] 返信する

顔アイコン

じぶんツッコミ?
へえ、刑事さんて私服のこととはしらなかった
スケバン刑事は学校の制服だったね…

2019/4/12(金) 午後 5:31 [ s_d*te1*17 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事