小隊記録

すべて表示

ないをにぎりしめて

しんどいには理由がある。
まず自分がコントロールできることとできないことの区別がついていない。
たとえば明日遠足で晴れて欲しくても
できることは祈ることぐらいだ。
だがそれが他人の気持ちになると
途端にわからなくなる。

他人の気持ちのほうがもっとコントロールできないのに。

そして
コントロールできることでしんどいひとの特徴は「〜ない」を連発する。
いいことですら否定系で話す。
たとえばうれしいときに
嫌じゃない、とか。

ほんとに微妙な感じで
嫌ではないけど、で使うならわかるが
本人は至ってうれしいようだ。

肯定は否定より強い。
肯定するひとにはひとは集まる

ないをにぎりしめて
きみはどこへいくの?

ブログリンク

更新

かけ出し裁判官Nonの裁判取説

ミニミニ美術館図録

訴訟は 時間がかかる 本当に権利があるのか 本当に義務を負うのか 国家権力で確定する以上 じっくりと審理する必要がある でも これを逆手...

絶望迷路

君はあのとき

哀れだとなじってくれてよかったんだ 嘘吐きだと罵倒してくれてよかったんだ こんな僕のことを、 永遠に許さないでいてほしかったんだ ...

未登録です


.


みんなの更新記事