天体壮年 kola29Blog

冬眠から覚めて目下リハビリ中!

全体表示

[ リスト ]

早くも2018年最後の日になってしまいました。
天文ファンの皆様におかれましては年末の慌しい大晦日、いかがお過ごしでしょうか?

今年は遠征の機会も少なく、又たまに出かけても、忘れた頃に出かけるので機材の設定なども上手くいかず、惑星以外はほんの数点の天体写真しか撮ることが出来なくて少し残念な一年でした。
ただ、少し離れていたこの趣味にも無事復活することができ、天友たちとの遠征もとても楽しむことができました。ただ私としてはもう少し写真を沢山撮りたかった。

そこで最近ご愛用の方々をブログ内でも散見するナローバンドHα・Oⅲ・Sⅱフィルターを使った光害地での撮影を横浜のド真ん中、超光害地の我が家屋上でもどの程度の写真を撮ることができるのか試してみました。以前から我が家屋上では惑星などの動画を撮っていましたが、DSOは明るいM42くらいしか撮影したことがなく、その他は試し撮りで、明るいバックグラウンドに埋もれた薄ぼんやりとしたものしか撮れないと諦めていました。
また、長時間露光をしようとしてもそもそも横浜は風が強く、さらに我が家隣の107mの高層マンションがビル風を巻き込みガイドグラフは大きく波打つばかりです。
そこで、屋上に風除けのためサイクルハウス(2.5台分)で望遠鏡の周りを囲ってみました。
我が家から北側は、東京・川崎方面。さらに駅前の我が家隣にはこれまたTIMESの大きな立体駐車場があり一晩中煌々と。

イメージ 1

近年照明が蛍光灯からLEDに替わり北極星の眼視もおぼつかなくなってしまいました。
北側は完全に諦め、南側だけ屋根をくり貫き撮影小屋にしてみました。

イメージ 2

イメージ 3イメージ 4











イメージ 7


サイクルハウス自体は一万円もしない安価なものでしたが、シートもくり貫いてしまいましたので、5,000円ほどのシートのみもう一枚購入。さらに風に吹き飛ばされないよう固定する様々な工夫で総額2万円弱は出費してしまいました(^^;;;
ここ数日、風は2〜5m程度のまあまあの風速でしたが、常に北寄りの風だったためか風除けチャリハウスの効果は抜群で、長焦点シュミカセ(EdgeHD800+0.7倍レデューサー)にも拘らず、そのガイドは思いの他安定。
同時に試したOAGでもほぼ安定の2秒角、星像は丸くOAGの効果かミラーシフトによる周辺星像の流れもなく撮影の目処がつきました。
さて、超のつく光害地でのナローバンドHα・Oⅲ・Sⅱフィルター、効果はどうなのでしょう!

欲張って強調しすぎていますが、フィラメントもしっかり写って感激!

イメージ 5

M1(かに星雲)AOO合成
EdgeHD800+0.7倍レデューサー/ASI1600MM-COOL SharpCapture Gain300 Hα(7nm)600s×9枚/Oⅲ(7nm)600s×9枚
オフアキシスガイドASI174MMmini PHD2ガイディング
ダーク各50枚、フラットダークなし、フラット各30枚/ステライメージ7で下処理とコンポジットAOO合成、PSCCで強調レベル補正

バラ星雲の中心部も結構写ってるぢゃない!

イメージ 6


EdgeHD800+0.7倍レデューサー/ASI1600MM-COOL SharpCapture Gain300 Hα(7nm)600s×15枚/Oⅲ(7nm)600s×18枚/Sⅱ(7nm)600s×16枚
オフアキシスガイドASI174MMmini PHD2ガイディング
ダーク各50枚、フラットダークなし、フラット各30枚/ステライメージ7で下処理とコンポジットSAO合成、PSCCで強調レベル補正

こちらも強調しすぎて輝星の周りに豪勢なフリンジが出てしまいましたが、この明るい空の下でもこんなに撮れるのかぁ!と驚き。
半値幅7nmの安価な??ナローバンドフィルターですが、F7鏡筒でGain300の10分露出でもバックグラウンドは十分暗く、明るめの散光星雲などなら十分楽しめそうだと思いました。

閉じる コメント(41)

顔アイコン

> MrJDISさん、こんばんは。
そうです!素晴らしくリーズナブルな観測所なのですw
自宅撮影のお気楽さ、身に染みちゃってます!
昨夜なども屋上では気温0.2℃。結構寒かったですが、撮影枚数を設定したら、後は南中まで家の中でいつも通り食事して、お風呂入って残った仕事を終わらせ、溜まりに溜まったテレビドラマを片付け。
これでリモートにでもしたことには、もう!!
来年も、宜しくお願い致します(^^)/

2018/12/31(月) 午後 10:10 [ kola29 ] 返信する

顔アイコン

> テンちゃんさん、こんばんは。
コメント有難うございます。
今年も沢山のナイス!ありがとうございました(^^)
来年も、宜しくお願い致します!

2018/12/31(月) 午後 10:14 [ kola29 ] 返信する

顔アイコン

> やまぎりさん、こんばんは。
最近のやまぎりさんのベランダ観測所常設化計画にすっかり影響されちゃいましたよ(^^;;
ぬくぬく撮影は癖になりそうですが、やはり撮れるものが限られてしまいます。
OAGも上手く運用が出来そうですし、遠征にはそれ自体が楽しい!
来年も一緒に行きましょう(^^)/

2018/12/31(月) 午後 10:34 [ kola29 ] 返信する

顔アイコン

あけましておめでとうございます。年明けのコメントになってしまいました。
それにしても、大都会ど真ん中ですね!!
我が家はこれに比べればまだまだのどかなものです。
サイクルハウスで囲って環境光を遮断するのはナイスアイデアですね。でも、風に弱そう・・・・とか、大きなお世話ですね(;^_^A
HD800+0.7Redでのかに星雲は見事ですね。ここまで星が丸く写ってくれれば万々歳でしょう。ASI174Miniを使ったオフアキですね。自分は同じセンサーを使ったQHY5III-174をHD800オフアキ用に購入しました。真似っ子でかにさん撮ってみようかなぁ。

2019/1/1(火) 午後 4:56 マルさん 返信する

こんばんは!
まーちゃるです。
あけましておめでとうございます(^-^)
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

これはなかなか劣悪な環境ですね…
にもかかわらず、出てきた作例を見るにナローなら撮れるようですね!
ナロー恐るべし…
屋上はいいですね〜✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。
羨ましいです(^-^)
僕も家建て替えて屋上作っちゃおうかな(笑)

2019/1/1(火) 午後 9:29 [ まーちゃる ] 返信する

顔アイコン

これは素晴らしいアイディアですね!!
今のところ庭に赤道儀常設するところまではやったのですが、このスタイルならばさらに稼働率を上げられますね。マネしたいです♪

2019/1/1(火) 午後 11:48 [ あぷらなーと ] 返信する

顔アイコン

> まーちゃるさん、おはようございます。
今年も宜しくお願い致します!

そうなんです。空のポテンシャルもぴんたんさんが以前作られた全国光害マップVer1.01によると212と結構辛い空で、千葉県で言うところの松戸・市川・船橋市辺りと同等ではないでしょうか!?
ナローはやはり凄いです。一つの写真に対して時間は掛かってしまいますが、対象によってはこの趣味を始めた頃、遠くの観望地で撮った天体写真の出来を凌駕してしまうものが撮れてビックリです!

建て替えしたら是非天文台も一緒に作ってください。お祝いに駆けつけますから(^^)

2019/1/2(水) 午前 8:01 [ kola29 ] 返信する

顔アイコン

> マルさんさん、おはようございます。
本年も宜しくお願い致します!

柏市・流山市周辺なら私の撮っては羨ましい環境ですw
サイクルハウスはそもそも安物なので、最悪壊れてもよいか!と言う感覚ですが、フレームは一応スチールなので、風に飛ばされ落下して近隣にご迷惑にならないよう工夫しました。
屋上は防水加工してますので、杭打ち等はできません。ハウスの内側にフィットするすのこを木工し、内側には20リットルのポリタンクに水を入れコーナーに4個、80kgで押えています。また、外側2方向は屋上の手すりに固定しました。ただ、台風の時は全て撤収だなぁと考えています。
QHY5L鬚任呂覆なか上手くいかなかったOAGも174miniに替えたらあっさり運用できるようになり安心しました。

2019/1/2(水) 午前 8:15 [ kola29 ] 返信する

顔アイコン

> あぷらなーとさん、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。
ASI1600のことで分からないことがあるとあぷらなーとさんのブログをよく覗きにいくのですが、高度な解説が多く、私の稚拙な知識では何らコメントを入れることができず、ただ覗くだけでごめんなさい(^^;;
ただ囲ってるだけですがイイですよ〜。稼働率は圧倒的に上がりますよ、きっと。
風除けにもしたいのならば注意はサイクルハウスの大きさと、常設運用したい鏡筒の大きさを考えて選ぶことでしょうね。私の購入した2.5台分は奥行き175cm、幅120cm、高さ160cmなのでシュミカセか690mmの屈折望遠鏡位しか取り回せない感じです。BKP200/800は多分無理です。雨除けで撮影時撤去してしまうのであればその限りではありませんが、風除けの効果は見逃せないと思いますよ(^^)

2019/1/2(水) 午前 8:36 [ kola29 ] 返信する

顔アイコン

私のつたないブログにお越しいただき、さらにナイスいただきありがとうございました。
光害地のニワトリということで似た環境でありとても参考になります。いつかは自宅で観測場所を作りたいのですがなかなか家族の同意が得られず苦戦しています。
すごく参考になり、これからもお邪魔させていただければと思います^^;

2019/1/2(水) 午後 5:50 [ まーしゃ ] 返信する

顔アイコン

初めまして、明けましておめでとうございます。
1枚目の画像で、タイトル通りの超光害地なのが分かります。
カニもバラもとっても良く撮れていて、超光害地での作品とは思えません。
これから比べれば、我が家の光害が無い様な物です。
屋上のチャリンコハウス観測所も良いですね。

2019/1/2(水) 午後 8:31 [ マネリン ] 返信する

顔アイコン

> まーしゃさん、こんばんは。
はじめまして。コメント有難うございます。
まーしゃさん宅もなかなかの光害地のようですね。
観測所もご家族の理解をいただかないと難しそうですですから大変ですよね。少しづつ既成事実を積み重ねて気がついたら観測所になっていた!なんて上手くいきませんものね〜
今回はナローバンドフィルター特にHαは都会の空とは思えないほどの星雲の構造を炙りだしてくれました。楽しかったですよ!
同様の光害地撮影・観測を行う同好の士として情報交換、よろしくお願いします(^^)/

2019/1/2(水) 午後 10:54 [ kola29 ] 返信する

顔アイコン

> マネリンさん、明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます!
我が家は横浜駅から10分ほどの私鉄沿線駅前で、電車の振動、駅前から出発する深夜バスなどで25時まで喧騒の時間が続き、条件としては劣悪と言ってよいのでしょうね(^^;;;
マネリンさんもベランダに常設赤道儀を設置されたんですよね。極軸のとり直しなども不要だし稼働率が抜群に上がっているのではありませんか!?
美しいバラ星雲を拝見させていただきました。今後とも情報交換宜しくお願い致します。

2019/1/2(水) 午後 11:08 [ kola29 ] 返信する

顔アイコン

はじめましてkola29様
私も神奈川の横浜近くに住んでいまして光害の影響のある所でベランダで撮影をしており以前よりとても参考にさせて頂いております。私の機材とkola29様の鏡筒と赤道儀など同じ物を使用していまして共感いたしております。そこでお伺いさせて頂来たいことがあります。
赤道儀ioptron45proでポーラマスターにて極軸合わせ後、星を導入しますとガイドスコープ内でやや右下方向にずれてしまっていますアライメントがうまくいきませんそれでも何とか駆使して10分くらいはm-genのお陰でずれずに撮影していますが星や星雲等を探すのに何時も苦労しています。
導入の制度をあげたいのですがkola29様は如何でしょうか?

2019/1/28(月) 午後 5:00 [ hiro ] 返信する

顔アイコン

> hiroさん、こんばんは。
はじめまして。コメントありがとうございます。
そうですか!お近くですね(^^)/
私はこの赤道儀を使う前はEQ5というもう一回り小さなものをつかってましたので、国産のビクセンやタカハシのそれを使ったことがなく比較ができませんが、EQ5に比べると導入制度は多少良いと感じています。コントローラーを最近使っていないので分かりませんが、2または3star aligmentではBKP800、800mm程度なら目的の星が視野内にはいります。でも、センターぴったりに入るわけではありません。その程度の精度ではないでしょうか。
あと、バックラッシュもあり、20秒ほど待つとセンター近くにやって来るときもあります。

2019/1/28(月) 午後 10:32 [ kola29 ] 返信する

顔アイコン

> hiroさんへ#02
私は導入にステラナビゲーターを使っているので、目的星雲の近くの1・2等星をまず導入しピントを合わせながら微調整しセンターに入れ同期させ、さらに目標近くの星を導入しセンターにもって行き同期。これを3回ほど繰り返し少しづつ目的星雲に近づきます。これでほぼセンターに導入できています。ステラショットならば目的天体を導入補正で真ん中にもってきてくれます。最近はPlateSolveを使って導入補正していますので、ファインダーも使わなくなってしまいました。hiroさんの周辺機材が分かりませんが、大方は同様の方法ではないでしょうか。

2019/1/28(月) 午後 10:33 [ kola29 ] 返信する

顔アイコン

> kola29さんこんにちは。
早速の返信ありがとうございます。
お近くですね!よろしくお願い致します。
私は以前ビクセンの赤道儀を使用していました。しかし作動音が大きくベランダでの夜遅くでの操作には向かない為、ioptronの赤道儀にしました。とても静かで気に入っていますが導入に疑問を感じていましたものでお話を伺い納得しましたやはり明るい星から徐々に近づけて行くのが良かったと納得しました。ありがとうございます。
導入補正について書かれていますPlateSolveとは最近よく聞聞かれてますZWOのasi airのことでしょうか?今、気になっている機材です。
これからもよろしくお願い致します。 削除

2019/1/29(火) 午後 2:25 [ hiro ] 返信する

顔アイコン

ここ3週間、EdgeHD800+RDで、過去、四隅の星が星4個分位に伸びるので、購入したショップさんの手取り足取りで、色々やってきましたが、どうしても四隅まで丸くならないので、昨日、3度目の諦めとなりました。
光軸調整もショップさん手馴れているので、12月にもお願いしたので、RD無しだと四隅の星も綺麗です。
RDのレンズ後面〜105mm〜カメラセンサー
なので、色々筒を買いこんで数ミリ置きにプラスマイナス30mm程動かしましたが、結果はペケ。
写真を拝見すると、冷却カメラまで全く同じで、105mm部分の延長筒だけが、違うかもですね。
何か、参考な事、コメントいただけるとありがたいです。
FS60CBとか、BORG71FLのようにシムリング0.1mmを数枚付けたり外したり、あの時の星の変化が全然無いと言うか、もしかしたら、鏡筒の個体差なのかと、思うようになりました。(笑)

2019/2/1(金) 午前 7:25 [ オヤジ ] 返信する

顔アイコン

オヤジさん、こんばんは。
うむ〜。何故でしょう!?
ショップさんにも見て頂いてるんですよね?
強いて言うのであれば、オヤジさんが仰っているバックフォーカス105mmではなく、私はフランジバック105mmで組み上げています。
せいぜい1mm程度の差ですから、そう大差無いように感じますが、、

2019/2/2(土) 午後 10:55 [ kola29 ] 返信する

顔アイコン

> kola29さん
お忙しいのに、コメントありがとうございます。
以前から、EdgeHD800+RDを使われていることは知ってましたが、この画像拝見して愕然としました。四隅も綺麗な星ですね。(涎)
ショップから色々、教えて貰っているのですが、自分としては、個体差と思ってあきらめることにしました。(寒空で何回も風邪っ匹になりました)
USでも、RD使って、何故かトリミングで真ん中だけ使っている方の星画像を良く拝見します。
あれだけ、光路長を変えても駄目でしたので。(笑)
やっぱ、個体差があるのかもです。
RD使わなければ、オヤジと同じでお利巧さんなんですけどね。(笑)
ありがとうございました。

2019/2/2(土) 午後 11:08 [ オヤジ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事