私の小引き出し

関心のある事象や趣味を小引き出しに入れたり出したりして楽しんでいます

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

カラスウリの花

もう夏休みもおわりに近づきました。
暑さも朝夕少しはしのぎやすくなってきたように思います。
先日通りがかりで見つけたカラスウリの軍団
愛知池の近くで車道の側面を覆うようにして生えていました。
夏休みの夜にカラスウリの花を見るツアーと称して2回出かけました。1回は午後7時半ごろ、2回目は夜9時過ぎです。
昼にみる蕾のからすうりとは全く違って真っ白のレースのお花が一面に咲いていました。最初のツアーではお花の花弁の先がパーマをかけたみたいにちぢれた感じでしたが2回目のツアーでは花弁の先が伸びていてレースのようなお花で妖艶な姿です。開花の数は200個はあったでしょう。夜見ると合歓の花のような感じにも思えます。

出かけた仲間はこの花の姿をみて歓声をあげ写真をぱちぱち。もちろん私も。
夜の宴で咲き競うカラスウリのお花は美しくそしてどこか不気味でもあります。髪を振り乱した鬼女のようでもあり。
また夜に活動する虫たちも偶然カメラに収まっていました。

イメージ 1

カラスウリのお花とヘクソカズラが絡み合っていました。萎んだお花はサーモン色、右下にバッタの姿が・・・・・
イメージ 2


イメージ 3

咲ききったお花はまっすぐのお髭?
イメージ 4

雨の翌日で7時半ごろのお花の様子。少し縮れています
イメージ 5

偶然カマキリが映っていました カメラのレンズがちょうどお花の場所で曇っていて(^_^;)
イメージ 6

星のようにきらめくカラスウリのお花 ほのかにいい香りがしました。
イメージ 7
カラスウリは雌雄異株、虫媒花。
実がなる頃にまた訪れてみましょう。どれほどの実がなっているでしょうね。

9月になると実をつけ始めます。昨年撮った写真です
イメージ 8

7月の終わりに夏休みを利用してイギリスから日本に来ている旧友から電話が入り馬篭、妻籠に行きたいので名古屋にホテルで1泊するということでした。

2年前にイギリスのこの友人宅に泊まらせてもらったことでもあるし、こちらに来るなら1泊しては?と私の提案で85日に我が家に友人とその娘マリコが泊まることになりました。
馬篭、妻籠の情報がほとんどないままこちらに来たので、今年7月に私もちょうど妻籠、馬篭に出かけたのでその情報とネットで検索した交通情報で結局は1泊のはずが、2泊することになりました。

台風が接近中でお天気が心配でしたが、馬篭、妻籠では丁度雨も止んで交通も馬篭から妻籠に行くバスもあり、帰りの特急しなの号にも一電車早くに帰って来れたと喜んでいました

連泊で名古屋名物のひつまぶしを食べたこと、我が家の手料理、手巻き寿司にとっても喜んでくれたこと、ゆっくりとおしゃべりができたこと、私のボラ活動のテリトリーを案内し、短い名古屋での時間でそれぞれの場所を気に入ってくれたことが何よりでした。

関西の弟さん宅に戻る早朝は愛知牧場に出かけ、ひまわり畑やキバナコスモスに感動していました。
ひまわりは畑はイギリスでは見られないしキバナコスモスは初めてみるということでした。
イメージ 1   イメージ 2
イメージ 3   イメージ 4

また私のお気にいりの喫茶店でブランチを食べて台風を気にしながら新幹線で一路関西へ。

イメージ 5


3日ほど経ってマリコの要望で鍵善のくずきりや鱧料理を食べに行ったという彼女からメッセージカードが届きました。
イメージ 6  イメージ 7 

私からのメッセージです。


メッセージカードを有難う!


DearHaruko


我が家に初めて来てくださって私も本当に楽しいひと時を過ごすことができました。却って外での食事に気を使ってもらって申し訳けない気持ちです。二日間だけでしたが滞在中はリラックスしてくださったでしょうか?今の私の生活ぶりを解って安心してくれましたね。でも体の心配もしてくれてありがとう!


お付き合いもう半世紀過ぎました。学生時代に共に四十日間リュックを背負って夜行列車に乗って日本一周した懐かしい思い出を共有出来る友を持って幸せです。学生時代は跳ね返り娘だったと思われていた(今では普通の女の子)あなたもイギリスでの苦労やいろんな経験をして今は幸せな生活、マリコはとても笑顔が素敵ですね。いつもニコニコしていて人に気づかいする繊細なマリコと二人で旅行ができる幸せなあなたです。私も貴女の今のご主人、クリスさんとの幸せな生活ぶりが2年前に泊まらせてもらって良くわかりましたよ。

お互いどこか頑張る精神を持っていますね。学生時代からかな?

まあ体もそこそこ元気で何かをすることがあるのは幸せね。最近「きょういく」「きょうよう」がはやり言葉であります。
「今日、行くところがある」「今日、用がある」私たちの年代には大事な事かもね。

それではまた日本に来たときはお知らせくださいね。マリコにもよろしく。 

マリコがわたしのこと面白い人と言ったそうです。

私はfunny person? interesting person ?


 





イメージ 1
 5月に小屋を新しく作ってもらって走り回るアイちゃん

イメージ 2
会員の手で首をさすって貰って気持ちよさそうに じっとしていました。


愛知池友の会のペットとして飼っていたウサギのアイちゃんが死にました。


今年2月16日にあいち池の側溝に落ちていたアイちゃんを拾い上げ飼い主を待っていましたが現れずに愛知池友の会で愛知池下の畑にハウスを作って飼っていました。が、アイちゃんのハウスに新しい開き戸を朝から2,3人で作り、出来上がってアイちゃんをハウスに戻してから様子がおかしくなったそうです。
私がたまたま畑に行った時に小屋の中のアイちゃんを見ますとクズの葉っぱにうずくまるようにして横たわっていました。おかしいなと咄嗟に思いました。まずは食べ物の中で寝ることは考えられないことでした。


暑い日でもあったので暑さで葉っぱに潜ったのかもしれませんが、自分の小屋を動かされたりトンカチでいじられたりして神経質になっていたのでしょう。聞いた話によると心臓があぶつような興奮した状態が続いたようです。体を冷やしてやり横たわった状態のときに私はみたのです。目つきも以前のように光がない、目の動きもありません。体を起こして抱いて貰いましたが、日頃はよく動かす前足も動かない状態でした。なんだか体が小さくなったようにも思え、イヤな予感がして「様子がおかしいよ」といつも世話をしている友人に言いました。


獣医さんに電話しましたが日曜日で通じず様子をみることになりました。夜になって再度友人がハウスを見に行きますともう硬くなっていたそうです。
この暑さです。その夜すぐに穴を掘って友人は埋めました。


居心地良くするつもりで小屋の修理をしたことと暑さも影響したでしょうか、アイちゃんにストレスを起こしてしまったのかもしれませんし、もともと持病の斜頸があり体が弱ってきていたのも死を早めたのでしょうか。
アイちゃんの死を電話で聞いて
畑では「アイちゃん!」と声をかけると首をかしげリンゴ箱から外に出てきてエサをたべたりくるくるリンゴ箱の周りを走ってまわり、人参やクズがお気に入り、いろんなエサを食べて元気だった、会のマスコットだったアイちゃんの愛くるしい姿が目に浮かびとても悲しいせつない気持ちで一杯になりました。

小さな姿のアイちゃんが会の大きな絆であったことは間違いないと信じています。私たちの預かった小さな命は5ヶ月半で露と消えました。

今から思えば友人がアイちゃんを抱き上げたときにはもう仮死状態だったのではないだろうか、きっとずっと世話をしてくれた友人に抱かれて安心して逝ったのでは。


以前飼っていたペット犬のロンが私が家に戻るのを待っていて抱き上げた私の腕の中で鼓動が止まった時のように・・・・・・
アイちゃんと同じように飼い主から見放されて我が家に来てから死ぬまで障害を抱えたロンでした。

畑の隅に眠っているアイちゃんのお墓を畑を訪れる度にお詣りしています。

 
イメージ 3
日よけをして風通しの良い涼しいハウスに主はいない

愛知池の唄

愛知池界隈でボランティア活動をしている愛知池友の会が愛知池の唄を作りました。
作詞、作曲、歌手、録音、楽譜作成、伴奏などすべて愛知池に何らかの関わりのあるボランテイアの人たちで出来上がった愛知池の唄です。
愛知池友の会が愛知池のことを全国の皆さんに知ってもらいたいという思いと会の創始者で愛知用水建設に関わった現在のただ一人の生き字引である山田光敏氏へのプレゼントにしたいという思いで出来上がった唄です。
いろんな方の手が差し伸べられて作られた唄。愛知池を知る人たちが作った唄を愛知池を散歩する人を夢みています。

イメージ 1

バーコードで歌を聞いてみてくださいね

こちらからも聞けます。CD用に作った唄です。カラオケ用もあります。

梅雨の最中というのに名古屋地方は約2週間のお天気続きです。やっと天気予報では明日から雨模様のようです。
愛知池のアジサイの園(水資源機構愛知用水管理事務所の横駐車場より東池沿いの愛知池周回路沿い)のアジサイは愛知池友の会の会員が作業で、時々水をやる程度では、朝からの日照りでなかなか元気を回復してくれません。

けれど友の会のスタッフの草刈り、草とり、養生などの頑張りでそれでも丈夫なアジサイがけなげに花を咲かせています。さくらの木陰で咲くアジサイは綺麗です。
アジサイの季節、今週来週中が盛りかも。
今年は小ぶりで気になる株も多いです。早咲きのアジサイはこの暑さもありますが、水不足のせいでしょうか、すっかり弱っています。
何らかの対策が必要でしょう。けれどほかの花たちが補うように咲いています。

是非暑さ対策しながら愛知池のアジサイを散歩を兼ねて鑑賞にお出かけください。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

       隅田の花火が4株咲きました。              花蜂がお気に入りのアジサイ?
    イメージ 7    イメージ 8  

種から蒔いた矢車草がきれい。
         イメージ 9

早咲きのアジサイ 少し弱っています
イメージ 10

晴天続きで愛知池の水位が下がった?
イメージ 11





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事