私の小引き出し

関心のある事象や趣味を小引き出しに入れたり出したりして楽しんでいます

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

小鹿田焼の里


4月後半に友人たちと佐賀県の呼子、伊万里焼、伊予灘物語の下灘の夕陽、しまなみ海道と巡った旅行で予定に入っていなかった小鹿田焼きの里を友人の強い勧めで訪れることになりました。旅の途中の急遽変更でこの里で過ごす時間は1時間程度でしたが、素朴な唐うすと水の音が聞こえ、そして鶯の声が歌声のように響く素晴らしい里とそこで作られる小鹿田焼きにすっかり魅せられました。

イメージ 1


イメージ 2

豊富な水の力を利用して唐臼で土をこねる
イメージ 3


イメージ 4


動画でご覧ください


残したい日本の音風景百選 認定
文化庁の重要文化的景観に選定
 

小鹿田焼の開窯は江戸時代中期で10軒の窯元が300年に渡って窯を守り続けていて、窯元では、開窯当時そのままの作業場で、今もなお、一子相伝で技法と作風が伝承されています。

小鹿田焼」は、民衆の暮らしのための日用雑器“民陶”です。

華麗さや繊細さはありませんが、質実で柔らか、素朴で温かみがあります。

「飛び鉋(かんな)」や「刷毛」「櫛」などの道具を用いて付けられた幾何学的な紋様や、「打ち掛け」「流し掛け」された釉薬が生み出す柔らかみや温もりは、素朴ながらも時代に負けない堅牢さがあります。


記念に買ったコップとお皿、今一番のお気に入りの器です。
素朴でありながらおしゃれ、どの素材もなじむ小鹿田焼きです。

イメージ 5

 

イメージ 6



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

5月14日に日進市主催、愛知池友の会企画の愛知池をウオーキングして花壇つくりのイベントが開催されました。
 
当日はお天気も晴れ、広報で申し込んだ家族たちを乗せた日進市のバスが日進市役所を9時半に出発、愛知池には9時45分に到着、愛知池堤防の上で集合し愛知池友の会の会員の愛知池についての概略を聞いてからウオーキングが始まりました。コースはボート漕艇場から右回りでバタフライガーデンまでの約2キロの行程です。新緑の木々やデンソーの名残のツツジが池に映り、愛知池ならではのレガッタの練習風景を見ながら歩きました。

イメージ 1

このイベントには12人が参加で、約2キロをゆっくりとタンポポやカラスノエンドウを手に取って笛を作り、口で吹き鳴らし、笹の葉で笹舟をつくったりしながら歩きました。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ガーデンでは到着後休憩をはさんで、秋にバタフライガーデンに飛来するアサギマダラの説明を聞いて、事前に用意した秋に花を咲かせるフジバカマの苗植えをし、その他にもコスモス、キバナコスモスなどの種を撒きました。
そしてそれぞれが名札書いて植えた場所に挿しました。秋に自分の植えた花に蝶が来ますようにと願って。気温が27℃と雲一つない真夏を思わせる日和でしたが、時々愛知池から吹くさわやかな風も追い風に皆さんがとても楽しそうに参加されたことがとても印象に残っています。

コスモスの種を蒔きフジバカマの苗を植えました
イメージ 5

苗を植えた後それぞれが名札を付けました
イメージ 6

木陰で一休み
イメージ 7

動画でご覧ください


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

4月の1日がオープン早々の4日にレゴランドに孫たちと行ってきました。
家から自動車で名古屋港金城埠頭にあるレゴランドには約40分で到着です。
来日してこれまた早々のイギリス人のアイコも一緒です。嫁がネットでチケットを予約購入していてくれたので、混雑を予想していた入場も1時間もかからずに会場に入ることができました。
孫たちは行きたいところをピックアップしてあったようで、要領よくどの場所も30分ほど並ぶだけで入館、や乗り物に乗ることができました。デイズニーランドのような混雑を予想していましたが、さほどではなく子供たちも
夕方6時頃まで思う存分レゴランドを楽しんでいました。私は一人で会場を見て回ったり、嫁と一緒にゆっくりのんびりのお茶タイムで過ごしていました。

オブザベーションタワーに登ってまずはレゴランド一望です。展望タワーは50mの高さです。
次にはサブマリンアドベンチャーで海底に沈むレゴや本物の泳いでいる魚を見て、そのあとレゴブロックで作品を作ってみたり、早めにレストランでハンバーガー、ポテトチップス、ジュースでお腹を満たして孫たちは乗り物めぐりです。
ジェットコースターのザ・ドラゴンがお気に入りで何度か乗ったようです。

私はミニランドがお気に入りでゆっくりと見て回りました。このエリアは日本の名所をレゴブロックで作ってあります。 名古屋城は何と22万個のレゴブロックで作ってあるとか。
なかなかこのような目新しい場所にいくことも少なくなった私には少々人ごみに疲れながらも、レゴブロックの醍醐味を味わうことができたことに感謝しました。

イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

私と孫たちの連休

新緑が目にまぶしく映る連休もあっという間に終わってしまいました。
日頃は静かな我が家も4月初めからこの連休まで孫たちと一緒に過ごすことが多く賑やかで私にとっては何とも忙しい毎日でした。4月中旬まではイギリスからやってきた少女アイコも一緒ですからさらに子供たちとどのように接する時間を過ごすかに苦心もありました。

イメージ 1


         イメージ 2      イメージ 3  

何とか子供たちが幼いながらも良い経験をしたように思ったこの1ヶ月です。勿論私も良い楽しい経験をしました。ボラ活動も連休中はお休みとはいえ私の宿題は山積みで孫たちがわが家に宿泊中も真夜中にごそごそと自分の仕事です。
日中は孫たちとお付き合い、これもババならのお仕事と思ってババ風の価値観で料理をつくり遊ばせる時間もつくりました。
連休中日の4日は孫の一人の誕生日。毎年我が家で祝います。これも私にとっても嬉しいことです。夕食は彼女のリクエストの料理で手巻き寿司と鶏肉料理、いつも野菜や魚も食べさせたいといろんな食材を使ってみます。そして嫁が買ってきたケーキでお祝いです。

イメージ 4  イメージ 5  イメージ 6 

孫はチョコレートが大好き、チョコレートで作られたバースデーケーキと子どもの日用のロールケーキ、ハッピーバースデーの歌も歌って、妹や弟もお相伴でお祝い、楽しい嬉しいひと時を過ごしました。
5歳と3歳の孫たちを愛知池下の畑に連れていきウサギのアイちゃんにエサやりと今の旬の新玉ねぎ取り、メダカ捕りにも挑戦、それぞれが真夏日に近い日中、暑い、暑いといいながらも小さな身近な自然との触れ合いを楽しんでいました。
新玉ねぎ採りはよほど面白いのか欲張って「よいしょ、よいしょ!」と言いながら沢山採っていました。

イメージ 7  イメージ 8  イメージ 9

また他に日には知り合いの喫茶店で一休み、ここには子供のおもちゃもあり、ゆっくりと過ごさせてもらい、ママさんが歌も歌ってくれてこれまた孫たちにもババからのプレゼントができたかなと思います。
この大型連休での嬉し、忙しは私にとってもいい思い出、いい悲鳴かな?
孫たちにもこれがどこか記憶に残ってくれれば上々でしょうね。
 
 
 
 
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

愛知池のサクラ風景2017

新緑が水面に映える愛知池です。愛知池を散歩する人、ジョギングする人、ボートの練習をする人たちでにぎわう今年の連休です。
4月のサクラの風景をアップするのが遅れてしまいました。今年の愛知池のサクラも満開が遅れて4月の半ばまで美しく咲いていました。何年振りでしょうか?日頃はボランテイア作業に追われてゆっくり味わうことができない風景を、散歩兼ねて仲間たちと写真を撮りながら桜風景を満喫することができました。


水資源機構愛知用水管理事務所の駐車場近くのヤマサクラ
イメージ 1


百年の森近くのサクラ 花壇にも近い
イメージ 2


アジサイ園中のサクラ
イメージ 3



東郷ボート小屋近くのサクラ
イメージ 4


マメナシ植栽場所からの風景
イメージ 5


グランドからヘリポートへの周回路のさくらのトンネル
イメージ 6

名古屋東山ロータリークラブ植栽のサクラ並木
イメージ 7

デンソー前のサクラ デコウオークで植樹したさくら並木
イメージ 8

動画でもご覧ください

愛知池の歩くマップに桜のスポットを表示しました(^^♪

イメージ 9


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事