私の小引き出し

関心のある事象や趣味を小引き出しに入れたり出したりして楽しんでいます

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

白内障手術

イメージ 1
病院に通院の癌治療中に以前から白内障をどうするか迷っていた主人は眼科医の勧めで積極的に手術をすることを決め4泊5日の入院で両目を手術してもらいました。
その結果は視野が明るくなって新聞がメガネなしで見えると喜んでいます。
まだ毎日3種類を4回点眼をしています。ところで入院してわかったことですが、ちょうど最初の手術日に主治医の診察日でもあり血液検査で赤血球の値が異常に低いということで、すぐに輸血することになり、それも400cc。眼科医とすい臓の担当医との間でも話し合いがされ、目の手術を一週間延ばしてはどうかとの提言でしたが、主人の意志で白内障の手術をすることになり輸血をしながらの手術となりました。
イメージ 2

この日は手術の件数が20数件とかで手術が終わったのが午後7時半を過ぎていました。
この手術の無事を確認して家に戻ったのが9時を過ぎていました。それにしても入院をしての白内障手術にしてよかったと思うのが、この入院で思いもしなかった輸血することができたことと安心して手術のケアをして貰えることでした。
顔の血色も少しよくなりもう一方の目の手術も無事結果も良くて戻ってもう一週間が経ちました。
昨日から痰の絡んだような咳が朝から出ていて抗がん剤の副作用で間質肺炎や貧血について気になっていたので午後救急で診てもらいました。レントゲン結果では肺炎の兆しはまだないとのことで安心したのですが、やはり貧血がひどいということで再度輸血をすることになりました。白内障についてはほぼ安心となりましたが、またまた次の心配事が出てきます。足のふらつき、体がだるい、食欲不振、いろんな訴えに癌という病魔の仕業かと体調の変動にも以前にも増して気になるこの頃です。



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事