私の小引き出し

関心のある事象や趣味を小引き出しに入れたり出したりして楽しんでいます

つぶやき

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全55ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1
 
最近トラブル発生が続く。
半年前に買ったスマートフォンがメーカーにドック入りとなってやっと戻ってきた。
無事最初に買った頃と同じ状態で。パソコンで言えば初期化したのと同じである。
このスマフォは急に電池の減りが早くなった。ドック入り前は朝9時頃full状態であっても昼前には電池残量が1%になるのである。
そしてここに至るまでには時々本体がすごく熱くなっていた。
それで代理店に3度出かけて調べてもらってまず内蔵ソフトのアップデートが13個もありそれでスマフォがずっと作動していて電池の減りも早かった可能性があった。二度目に出かけた折には、すべてのアップデートがおわりということでまずは落着かと思ったが翌日はまた電池の減りが相変わらず早く本体もカバンの中で熱くなっていたりで再度見てもらって原因解らず結局はドック入りとなったのである。
 
メーカーからの修理報告書には同一条件での試験が困難なため症状が確認できませんでした。申告外ですが故障が確認でコネクターカバーを交換しました、と書いてあった。交換部品は基盤完成品(メイン) 他外部接続端子カバーなどである。
新品同様で戻ってきたので一安心である。
修理代は勿論無料である。
 
このように電池の減り方がなぜここ1ヶ月ほどで早くなったか、本体がこれも徐々に熱くなっていったかがなぞである。
今後のこともあり自分のつかい方を再度考えてみた。
バッテリーが問題か?まだ新しいのに? これは大丈夫のようだ。
ゲームはしたこともないしアプリも入れていない。
ほとんど自分でいれたアプリはない。
スカイプと今2億人が利用しているというラインを入れたぐらいである。ラインはしょっちゅう使うわけではないのにいつも作動していて電池を減らす一つの原因かも?スカイプは時々使っていたが、これは問題はないと思う。
 
今後は
電池の残量がぎりぎりになって充電すること。
充電中は使わないこと。これは時々充電中も使っていた。
PCメールが受信できるようにしているが以前はメインアドレスだけでなく他のアドレス2個も受信できるように設定していたがこれをメインアドレスのみにした。
受信音はオフに。
Bluetoothは今までいつもオンにしていたが必要なときにオンにすることにした。
私のスマフォに関する知識不足の頭で考えることはこれぐらいである。
 
私のスマフォのつかい方は電話,メールがほとんどでたまにナビや検索機能を使う、自動車の中での電話はBluetoothを使う、Wi-Fiテザリング機能をつかってパソコンのインターネットを繋げることぐらいであるが、これらは非常に重宝しているmyスマフォである。
 
このスマフォがドック入りする前に電話帳をミニSDカードにバックアップしてもらった。
この電話帳が我が家の電話帳替わりをしているのでもし消滅すると大変なのである。
新しく購入したSDカードに入れてもらってカードリーダーも買い、家のパソコンで
見ようと思ってカードの差し込み口にいれてみた。
さてこのミニSDカードの中身が見れるかと思いファイルの関連付けでライブメールのアドレス帳で開いてみたが勝手にアドレス帳が開いてなかなか止まらないのである。アドレスが多いからかしら?
このアドレス帳に書き加えられているのかも確認できなかった。
拡張子もスマフォの拡張子なので他では見れないのである。
簡単にバックアップが取れたといえどもこれではね。
さてこれからまたゆっくり策をねることにして・・・・なんて思い
このカードリーダーをパソコンから取り出そうと思うと今度はこれが取り出せなくなった。
結局はピンセットを使い何とか取り出せたがこのようなことも初めてである。このカードリーダーが他のに比べて薄かったのでこの差込口と対応してないのかも。
何ということ?
これではまた役にたたぬ。さてさてどうしたものか。
スマフォとの格闘はまだ続くのかと思うと頭が痛い。
 
でも要は便利に使っているスマフォについてもっと勉強しないといけないということでしょうね。
 
代理店でのこと。隣に座っているお客の困りごともスマフォが熱くなることのようで私と同じような対応を係りの社員はしていた。このような症状はよくあることだそうだが。でもどうして熱くなるの?
このちいさな器の中に多くの機能がありすぎなのか??
 
こんなに沢山のアプリは要らないわ。
まだまだ解らぬスマフォさんです。
 
修理中に借りたスマフォはアプリも必要最低限でとても使いやすいものでした(^_^)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

電話の声4

イメージ 1
                                                    ジアゼパム (セルシン主成分)
 
不安症 パニック障害という病と付き合っている友人との電話のやり取りはどれくらいしただろう。
7月に入ってからかなり電話での声が明るくなった。ご主人の体調が崩れて自分のことはさておき彼のことを心配するようになって却って彼女の症状が改善したのである。
頼っているご主人が自分のことばかり何度も話す彼女との付き合いに疲れたからだと彼女は言った。不眠、顔面、口のゆがみで涎が出て食事も摂るのが困難の様子だったという。
 
彼女と同じ病院での検査の結果は老化も関連していて脳内奥のある場所の小さな毛細血管が神経に触れることによる症状だとか。病名も聞かなかったそうである。
病院での治療方法の選択肢が結構難しくリスクを伴う手術以外は完全治癒ができないということで困っていた。不眠時に自分の持っていた薬セルシンを寝る前にご主人に飲ませるとぐっすり眠れて調子がいいということで、寝る前に飲んでいたら、口のゆがみ、不随意運動の瞼間の瞬きや涎も少なくなっていたという。
このことを医師にいうとこの病気は薬が効かない人が多いのにとびっくりしたそうだ。
それでセルシン2㎎を今は13回飲んで調子がいいという。8月に入り2度ほど彼女の家を訪れているが、ごく普通に見えるご主人の顔である。今のところ難は昼間にいつのまにかうつらうつらするそうである。
この薬に彼女もうつ症状とパニック障害が驚異的に改善されたことを以前に聞いていた。
我が家はセルシンが合っているみたいだという。
薬価はジェネリックで2㎎が5.6円薬代も安くて経済的で今はいうことなしの状態という。
彼女はやはり不安症は時々発作的に出るようだが、よく笑うようになり、私が知らないうちに圧迫骨折していたことを心配してくれて電話でアドバイスをしてくれるようになった。
先日に彼女の家に出かけての話題がまずは趣味についてとカラオケとご主人のことだった。
自分の病を分析して以前よりさらに前向きに自分の生活ぶりを考えるようになったことが嬉しい。病気のことばかり考えるのではなくて趣味を持ちたいということ、何をしたらいいかわからないという。
さて何にするかで、「カラオケどうかしら?」「いいね。」「でも相手がいないわ。」「主人がこの頃しゃべらなくなって・・・心配よ、しゃべらないし」「 カラオケ一緒に行ったら?」「それがいかないのよ、お宅のご主人とカラオケにいくといいのにね、一緒にお願いできるかしら?」最近わが主人もカラオケに行かなくなったが。
私たち女性の話題を両夫は聞いていて苦笑いでこのお願いをそのうち実行することになった。
それから私の腰痛や圧迫骨折については再度忠告してくれた。
 
圧迫骨折といえば疑うのは老化と関係のある骨粗鬆症。骨粗鬆症といえばストレスも関係すること。特に女性は閉経後ホルモンの関係で発症することも多い。
骨粗鬆症は彼女の悩める病気のひとつでよく勉強したようである。
いろいろ私の方が教えてもらうことになった。彼女の骨粗鬆症の発生の原因はうつと極度の栄養失調とストレスからだという。これらは相関関係があるようだ。
 
私が骨密度を数年前に測ってもらったら、骨粗鬆症の疑いがあるといわれていた。母たちの介護もあり自分のことは後回しになっていたが、ストレスが骨粗鬆症の大きな引き金にもなっていたことに今になって気が付いた。重いものを上半身で持つと圧迫骨折を起こしやすいということも友人が話してくれた。
慢性の腰痛があるので紛らわしいが、いずれにしてもこれからは重いものを担がないようにしようと決めた。
 
話は尽きぬ薬と病気の話題を次に繋げることにして帰途に就いた。
昨日また彼女から電話あり。声のはりはあったが、薬のこと教えてという。
不眠で新しく処方された薬を飲んでとても気分が悪いという。
  セルシン錠
不安や緊張などをしずめたり、筋痙攣の症状を改善するベンゾジアゼピン系の薬で通常、不安・緊張・抑うつなどの治療、筋痙攣、麻酔の前などに用いられる
 

法話

イメージ 1
 
お盆の中日に永代経をお願いしているお寺の盂蘭盆法要があったのでわが夫婦とお嫁さんと孫2人で我が家から比較的近いそのお寺に出かけました。
1時から約1時間半ほどの法要で、お経を唱え、全員が焼香をした後住職が法話を30分ほどされました。このお寺では3日間にわたって法要が午前午後合わせて6回営まれます。お参りする人は3000人以上だとか。
お寺は3階建てで各階も座敷のような部屋があり、多目的に使われているようで子供たちの遊び場にもなる部屋もあるなどで、全室お参りの人たちが本堂の住職の読経の声が聞こえるようになっています。
そう大きくない今風のお寺での住職の法話がこのお寺の特徴だといっても過言ではないでしょう。
すぐ聞いても忘れてしまいますが、毎回何か心に残る言葉をいただけます。
人生訓のようなものでしょうか。
今回の法話のなかでの記憶に残った言葉
 間違って聞いているかもしれませんが。
 
・今が本番 今日が本番 人生にリハーサルはなし
・一度自分の口から出た言葉は戻せない
(これは住職が自分の失敗談を交えて話された)
・亡くなった人を思うとき
その人の言葉の中に愛がある
その人の言葉の中にやさしさがある。
その人の言葉の中に温もりがある。
手を合わせるとその人は手の中にいる。
 
7月、主人の伯母の法事で住職が話された言葉
 
「おばあちゃんは困難な時代を生き抜いて家庭をしっかり守って
こられました。その家族への思いが次世代の皆さんのしあわせに繫がっています
皆さんの中におばあちゃんが生きています」
伯母は大正の生まれです。
ここの住職はよく伯母のことをご存じでした。早く母に死に別れた主人や妹にもよく心くばりをしてくれた伯母でした。
 
やはり法事やお盆、お彼岸は生かされているものが先祖や亡くなった人と対峙する時なのでしょう。
イメージ 2
もうお盆休みも終わってしまいました。
お盆休みにこそ日頃から引きずっている自分の宿題を一気に解消したかったのですが、これが出来なくてまたまた山積みになった宿題を「今日が本番、明日にリハーサルなしということで」一つずつこなしていくことになりますが、さて気力、持久力特に眠気がついていけますか・・・・・自信ないわ、でもスピードアップしてこなさないと・・・・
 
 

お盆休み1

 
イメージ 1
お盆休みになる前に病院めぐりをしておかなくてはと、やっとゆっくり自分の時間がとれて巷の病院が休みに入る前の日に眼科 整形外科に行くことを決めてまず9時過ぎに眼科に出かけたらなんと1時間半待ちという。
 
待ち時間が長いので受付に言っておいて近くのスーパーに買い物、診察時間に間に合うように戻ってそのあと診察をうけ、ずっと気になっていた目の腫れと充血症状を話すと結局は結膜炎とドライアイということだった。
診断結果としては細菌性の結膜炎というのではなかったしヤレヤレであった。
 
サンコバ点眼液とジクアス点眼液(ドライアイ用)2種の薬を貰い、再度検眼をしたが、以前とかわらずということで病院を後にした。
11時を過ぎていたが腰痛リハビリでもと思い、そのまま整形外科へと自動車を走らせた。
駐車場は満杯であったし待合室もソファー満席状態。家に帰りたい心境になったが、最近腰がだるいし背中も時間が経つと痛くなる。膝も痛い症状も頻繁になってきた。久し振りの来院ということもありここでも40分ほど待って診察をうけてレントゲンを撮ることになった。結果はなんと第一腰椎が圧迫骨折を起こしているということだった。
え??いつの間に?自分でもわからないうちに骨折を起こしていたのだ。はたまた昨年の後ろ向きに転倒したときに骨折していた影なのか
結局痛み止めロキソニンと湿布薬モーラステープを貰って帰ってきた。時間切れでリハビリのマッサージは出来ずじまい。病院を出たときは1時半を回っていた。
 
もう一つこの近くの内科で降圧剤を貰いたかったがとてもとても時間がなかったしすっかり待ち疲れてしまっていた。
家に戻って一息つく間もなく、ずっと気がかりだった友人に前日に電話をかけて伺うことにしていたのでまた出かけることになった。
 
友人と二人で話すうちに気分転換にドライブをしようということになって勝手知ったるわが縄張りを案内し夕食も一緒にして最後は地下鉄の駅まで送っていった。
二人のおしゃべりは彼女の病の進捗状況と気がかりなご主人の病状と私の健康のことで盛り上がり、最近元気をとりもどしつつある友人が何とか外出もできるようになったこと、にこやかに笑うようになったこと、私の健康を気遣ってくれるようになったこと、私の何とか頑張っている姿に関心を寄せてくれたこと、案内した料理店での食事もしっかり美味しいと平らげたことにすっかり安堵の気持ちが湧いて、彼女の快方振りを素直に喜べ、最後は快い疲れを感じた一日でもありました。

スイカ割りと花火

 スイカ割り〜〜〜
イメージ 3
 
 
先週、沢山スイカができたからスイカ割に使いませんかというボラ仲間からの電話です。
2本のつるから18個ものスイカができてその処理に困っているということでした。
一番成りといくつかは美味しかったそうですが、、残りのスイカは大きさもまちまちで、種が多くてきっと甘くないかもしれないからということでまずは我が家に2個貰ってきて、我が家に遊びにきていた孫たちのスイカ割りに使うことにしました。
小さめのスイカですが、叩いてみるといい響きです。すぐ割れそうなスイカを夕方に庭に持ち出して、それぞれがスイカ割りを始めました。
 
イメージ 1
ちび孫のK君は思いっきりひしゃくの柄でたたき、孫娘は恐る恐るデッキブラシの柄で叩きますと意外に早く割れ目ができて赤い中身が現れました。もっと赤色が薄いものと思っていましたが、これを少し舐めてみますと意外に食べれる甘さでした。孫たちもさっそく割ったスイカをかじり、このすいか割りは遊びと食べることの両方ができて大喜びです。
 
イメージ 2
花火〜〜 
夜は我が家での恒例の手持ち花火をして戻っていきました。
火の付いた花火を見て 手をたたいて喜ぶKくんの笑顔がとてもかわいくてついつい花火をお店屋さんでみつけると連れ合い共々買ってしまいます。
イメージ 4
イメージ 5
夜も更けてあわてて帰って行った様子がわかりますね〜Kにはちょっと大きすぎた
  我が家での庭用の靴ですが、お気に入りです。
 
次の日にまた電話がかかってきて11個のスイカがあるから誰でもどうぞ持っていってくださいということでしたが、あまり甘味のないもの故、試案??? ちょうど知人の団地で翌々日にお祭りを開催、すいか割りをするということを聞いたので、さっそく9個のスイカを持っていきました。このスイカ達もイベントに一役買ったようで大変喜ばれました。
 
残り二個はこれまた我が家の近くで催される日曜日のホットカフェに持っていくことにしました。
この日は子供たちの紙芝居があるということでしたので前夜から切って冷やしておき当日
水代わりにということで出しましたら、冷えていたおかげか甘味が出てこれまた喜ばれました。電話の向こうでスイカの心配をしていた生産者の知人に話しますとお役にたってよかったと喜んでいました。
廃棄されることなく口にも入り遊び道具としてもお役に立ったスイカさんでした。安易に捨てるのではなくて、ちょっとした工夫や手間で愛情もって作られたスイカがこのようにすべて使われたことがうれしい結果となりました。
でも来年はあまーいスイカも作ってくださいな。少数精鋭で。
でもやっぱりスイカ割り用も欲しいなぁ〜〜。
よくばりですね、私って。
スイカ割りと花火は時を経て自分の幼いころの夏の懐かしい思い出につながりますね。
子供たちに暑い夏の楽しい思い出を作ってあげたいものです。
 
イメージ 6
庭で暑さにめげずに咲いています。
 
 
 
 

全55ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事