私の小引き出し

関心のある事象や趣味を小引き出しに入れたり出したりして楽しんでいます

つぶやき

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

お見舞い

イメージ 1
 今年になって初めて介護施設に入っている友人を見舞いました。
彼女は昨年は我が家に近い病院に入院していたのですが、今は「栄」に近い町の中の施設に移ったのでずっと気になりながらもなかなか思うように行けませんでした。今回は約8か月振りとなりました。
24時間痰を除去する装置を付かなければならない状態になったので寝たきりになった状態時に借りていた介護施設は受け入れができなくなっって現在の施設に入ったそうです。
友人がアルツハイマー症状が出てもう5年、その間いろんな病気を発症して2年前の自宅介護から今の形に収まったという経過です。
この施設は有料の介護施設できれいな病院の入院施設ようにも思いました。
けれどこの施設は在宅介護の形を採っているそうでご主人からそのシステムを聞いてびっくりしました。
これが在宅介護? どうして?
なんでもマンションの一室をかりて近くのこれまた少し離れた場所にあるマンションに滞在する医師、介護士、療法士、給食係りなどとそこで住むためにそれぞれと契約を結ぶのだそうです。
何枚契約書を書くのやらと愚痴をこぼしていたご主人でした。
先日介護サービス運営に関わっている人に、このサービス業から撤退する介護施設が増えているということを聞いたばかりでした。 あーあ何ということだ!!
医療に携わる息子に聞くと病院が経営する在宅介護システムも以前からあるけれど運営は決して良いとは限らないそうです。
さて久しぶりに見るベッドの友人の姿は以前とは変わらずのように思えました。
一緒に出かけた友人と声をかけると暫くはじっと目を細めてみていましたが、すーっと一滴の涙がほほに伝わりました。「あ、わかってくれたんだ!」おもわず感極まった私たちです。

声が出せない彼女に昔のことを話しかけているうちに唇も少し動かすように思えましたし、ご主人と話しているうちに顔が明るくなって目を見開き上を向いたまま笑顔が少し出て唇も動きしゃべっているようにも思えて一緒に来た友人と見舞ってよかった!とお互いが思った次第です。

それにしてもご主人のこの施設に日参されるすがたとベッドから動けない友人の姿、在宅介護施設の在り方を思うと複雑な気持ちになりながらの帰宅となりました。
もう40年以上の付き合いの友人の今の姿を想像だにしなかった私ですが、これからも自分が元気なうちは見舞いたいと切に思いました。





お弁当つくりと孫たち

もう朝夕は秋の涼しさ、クーラー要らずは嬉しい季節。
秋といえば行楽弁当ですが、今年の夏休みに塾弁当を作ることになりました。
この塾弁当とは私の勝手な名付けです。一番上の孫娘が夏休み中朝から夜まで塾で勉強するというので嫁は1日に2個のお弁当を作ることになり、弁当作りに忙しいということを孫から聞いたので私も都合のつくときだけ夕方用のお弁当を作ることにしました。お盆を挟んで7回のお弁当作りです。
孫の好物のおかずにしました。若いお母さんのようなおしゃれなお弁当は作れませんが、気持ちだけはババの愛情をこめて・・・・・
お弁当といえばいろんな思い出があります。子育てでの弁当つくり、つれあいの弁当つくり、祖母と祖父が作ってくれた中学生時代のお弁当、義妹に作ったお弁当、 家族のために作るお弁当です。
孫娘の思い出に残るお弁当ならいいのですが・・・・・・

このお弁当おかずは我が家の夕食にもなるのです。日頃はシンプルな料理しか作らないのですが、お弁当作り日だけは少しリッチになります。特別メニューみたい(^_^)

始めの3回はうっかり写真を撮るのを忘れていました。やっと同じおかずにならないようにと気が付いて写真を撮ることにしました。
1回目は確かちらし寿司とおいなりさん、2回目はハンバーグ弁当。3回目はメインはオムレツのお弁当だったかなあ。
4回目はメカジキのフライ ササゲの肉巻き、きんぴらごぼう ,野菜のピクルス, タルタルソース他
5回目はシャケ 春巻き 卵巻き ピーマン、シメジ、牛肉の炒め物 野菜他

イメージ 1  イメージ 2
6回目はちらしずし いろんな食材を使って       
7回目はみとり豆おこわと手羽中の甘辛煮 肉、こんにゃく ピーマンの野菜炒め 里いもほかの煮物 ウインナソーセ
最後のお弁当にはババからのメッセージお手紙を入れておきましたら孫からまた嬉しいメッセージが返ってきました。
イメージ 3  イメージ 4

下のランチは夏休み最後に我が家にきて食べたランチ?
孫達が大好きなクレープとフルーツ、手造りジャム、サラダなど クレープはそのままプレーンで食べるのが好きであっという間になくなってしまいました。缶詰みかんをお皿に入れて置いてあったら真ん中の孫娘がひとりで全部クレープに包んで食べてしまいました。
イメージ 5

塾通いの孫娘は毎回夜塾から家に戻るとラインで美味しかったよ!というメッセージをくれました。
我が家に来るのが少なくなった分このお弁当を通してCメールやラインでコミュニケーションでした。

他の孫たちは夏休み最終日に一泊二日の滞在でしたので、孫たちを誕生日用のおもちゃを買いに出掛け、またレトロ電車館、ボランテイアの畑にも帰りに寄ってウサギのアイちゃんのお墓におまいり、メダカを捕まえてひと遊びして我が家に戻ってきました。 早速おもちゃで遊んでいましたが、私がすっかり疲れてひと眠りしていますと孫二人が何とソファーの掛け布を体にそっと掛けてくれました。誰からも言われずに自然と出た幼い子供たちの行動にとても嬉しくなりました。

きっと親が子供たちの寝姿に上掛けをしているのを見ているからでしょう。

イメージ 6  イメージ 7
また我が家から戻った夜に息子にそれぞれが楽しかった話をしていたことをラインで嫁が書いてきてくれてこれまた嬉しく思いました。よかったバンザーイ!!


無料通話のアプリ利用

私の使っている情報手段のアプリ

もう8月最後の1日となりました。今年の巷で言う夏休みは、旅行するわけでなく遠出するでもなしで終わってしまいました。ボランテイア活動で7月に2つのイベントに参加、定例PC教室、次の10月のイベントのための準備作業と夏休みの自由研究プロジェクトのお手伝いなどに追われた夏休みです。夏休み後半には孫のお弁当作りもありました。
これらをこなしていくのには欠かせないのがメールアプリや通話アプリです。パソコンのメール、電話はもちろんのことですが。それぞれ相手に応じての通信です。
イメージ 1
特にラインは相手を考えて有効に使っています。
ボラ仲間との交信や旅行仲間との交信はとても便利、グループを作ってあるので旅行の日程もすべてラインに書かれてありそれを見るとすぐわかります。ボランテイアでも予定や情報がすぐに伝えることができます。
既読は便利な目安です。でもこれにとらわれないことも必要でしょう。
イメージ 4
WhatsApp(ウオッツアップ)もこの春休み、夏休みによく利用しました。春はイギリスからきたアイコと両親との交信、夏休みは
イギリスからサマーホリデイーを楽しんでいる家族の写真がたくさん送られてきています。孫や嫁は時々写真を送っていましたが、私はたまにしか送らず仕舞いで、やっとまとめて数枚の写真とメッセージを送ったばかりです。何といっても言葉がネック。すぐに返信が苦手、いろいろ書きたいけれどね・・・・写真を見てイギリスの生活を楽しませてもらっています。

孫娘や嫁とはグループラインとCメールでのやり取りです。ラインのできない人にはCメールを使って。
また多くの連絡をする場合はやはりパソコンからのメールです。
スカイプ(Skype)は日頃から常時使っています。これもわからないことなどあれば画面共有で勉強ができます。またビデオで久しぶりの声と姿をみて無沙汰だった会話も弾みます。海外の一家とも年に数回時間を決めて通話をしています。
イメージ 2
スカイプも、家から出れなくなっても外とのやり取りができて必要かもしれませんね。
イメージ 3FaceTime
Ipadを利用してフェースタイムでもイギリスとの交信をしました。ちょっと画面が見にくかったです。

スマフォやアイフォンの普及で固定電話の利用が滅法少なくなりました。これも時代の流れでしょうか。
イメージ 5

無料アプリを上手に使えばいろんな情報を入手と発信ができますが、やっぱりパソコンのメールアプリを使うのが常とう手段ですね、意思疎通にはこれが一番かな、私には。







7月の終わりに夏休みを利用してイギリスから日本に来ている旧友から電話が入り馬篭、妻籠に行きたいので名古屋にホテルで1泊するということでした。

2年前にイギリスのこの友人宅に泊まらせてもらったことでもあるし、こちらに来るなら1泊しては?と私の提案で85日に我が家に友人とその娘マリコが泊まることになりました。
馬篭、妻籠の情報がほとんどないままこちらに来たので、今年7月に私もちょうど妻籠、馬篭に出かけたのでその情報とネットで検索した交通情報で結局は1泊のはずが、2泊することになりました。

台風が接近中でお天気が心配でしたが、馬篭、妻籠では丁度雨も止んで交通も馬篭から妻籠に行くバスもあり、帰りの特急しなの号にも一電車早くに帰って来れたと喜んでいました

連泊で名古屋名物のひつまぶしを食べたこと、我が家の手料理、手巻き寿司にとっても喜んでくれたこと、ゆっくりとおしゃべりができたこと、私のボラ活動のテリトリーを案内し、短い名古屋での時間でそれぞれの場所を気に入ってくれたことが何よりでした。

関西の弟さん宅に戻る早朝は愛知牧場に出かけ、ひまわり畑やキバナコスモスに感動していました。
ひまわりは畑はイギリスでは見られないしキバナコスモスは初めてみるということでした。
イメージ 1   イメージ 2
イメージ 3   イメージ 4

また私のお気にいりの喫茶店でブランチを食べて台風を気にしながら新幹線で一路関西へ。

イメージ 5


3日ほど経ってマリコの要望で鍵善のくずきりや鱧料理を食べに行ったという彼女からメッセージカードが届きました。
イメージ 6  イメージ 7 

私からのメッセージです。


メッセージカードを有難う!


DearHaruko


我が家に初めて来てくださって私も本当に楽しいひと時を過ごすことができました。却って外での食事に気を使ってもらって申し訳けない気持ちです。二日間だけでしたが滞在中はリラックスしてくださったでしょうか?今の私の生活ぶりを解って安心してくれましたね。でも体の心配もしてくれてありがとう!


お付き合いもう半世紀過ぎました。学生時代に共に四十日間リュックを背負って夜行列車に乗って日本一周した懐かしい思い出を共有出来る友を持って幸せです。学生時代は跳ね返り娘だったと思われていた(今では普通の女の子)あなたもイギリスでの苦労やいろんな経験をして今は幸せな生活、マリコはとても笑顔が素敵ですね。いつもニコニコしていて人に気づかいする繊細なマリコと二人で旅行ができる幸せなあなたです。私も貴女の今のご主人、クリスさんとの幸せな生活ぶりが2年前に泊まらせてもらって良くわかりましたよ。

お互いどこか頑張る精神を持っていますね。学生時代からかな?

まあ体もそこそこ元気で何かをすることがあるのは幸せね。最近「きょういく」「きょうよう」がはやり言葉であります。
「今日、行くところがある」「今日、用がある」私たちの年代には大事な事かもね。

それではまた日本に来たときはお知らせくださいね。マリコにもよろしく。 

マリコがわたしのこと面白い人と言ったそうです。

私はfunny person? interesting person ?


 




私と孫たちの連休

新緑が目にまぶしく映る連休もあっという間に終わってしまいました。
日頃は静かな我が家も4月初めからこの連休まで孫たちと一緒に過ごすことが多く賑やかで私にとっては何とも忙しい毎日でした。4月中旬まではイギリスからやってきた少女アイコも一緒ですからさらに子供たちとどのように接する時間を過ごすかに苦心もありました。

イメージ 1


         イメージ 2      イメージ 3  

何とか子供たちが幼いながらも良い経験をしたように思ったこの1ヶ月です。勿論私も良い楽しい経験をしました。ボラ活動も連休中はお休みとはいえ私の宿題は山積みで孫たちがわが家に宿泊中も真夜中にごそごそと自分の仕事です。
日中は孫たちとお付き合い、これもババならのお仕事と思ってババ風の価値観で料理をつくり遊ばせる時間もつくりました。
連休中日の4日は孫の一人の誕生日。毎年我が家で祝います。これも私にとっても嬉しいことです。夕食は彼女のリクエストの料理で手巻き寿司と鶏肉料理、いつも野菜や魚も食べさせたいといろんな食材を使ってみます。そして嫁が買ってきたケーキでお祝いです。

イメージ 4  イメージ 5  イメージ 6 

孫はチョコレートが大好き、チョコレートで作られたバースデーケーキと子どもの日用のロールケーキ、ハッピーバースデーの歌も歌って、妹や弟もお相伴でお祝い、楽しい嬉しいひと時を過ごしました。
5歳と3歳の孫たちを愛知池下の畑に連れていきウサギのアイちゃんにエサやりと今の旬の新玉ねぎ取り、メダカ捕りにも挑戦、それぞれが真夏日に近い日中、暑い、暑いといいながらも小さな身近な自然との触れ合いを楽しんでいました。
新玉ねぎ採りはよほど面白いのか欲張って「よいしょ、よいしょ!」と言いながら沢山採っていました。

イメージ 7  イメージ 8  イメージ 9

また他に日には知り合いの喫茶店で一休み、ここには子供のおもちゃもあり、ゆっくりと過ごさせてもらい、ママさんが歌も歌ってくれてこれまた孫たちにもババからのプレゼントができたかなと思います。
この大型連休での嬉し、忙しは私にとってもいい思い出、いい悲鳴かな?
孫たちにもこれがどこか記憶に残ってくれれば上々でしょうね。
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事