駒大高校 柔道部 最新情報

〜旃檀林に雑樹なし鬱密深沈として獅子のみ住す〜

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全138ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

4月30日(日)

関東大会東京予選

男女個人戦

出場選手は

男子 新井選手

女子 登坂選手、大内選手、スタンボー選手

その中で、大内選手が二回戦、見事な内またで一本勝ちを決め、5位に入賞しました!

イメージ 1


組手、タイミング、形、どれを取っても美しい一本でした!

大内選手、入賞おめでとうございます!

その他、登坂選手は一回戦、得意の背負いで一本勝ちしました。左右の背負いが試合でできたことは本人にとっても自信につながる良い試合でした。(二回戦敗退)

男女団体戦は5月4日、東京武道館で行われます。

イメージ 2


ご声援よろしくお願いいたします。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

4月23日(日)

関東大会の支部予選が行われました。

男子団体戦 3位

イメージ 1


(ただし、順位決定戦では日本学園に敗れて4位)

準決勝で東海大高輪台と対戦し、1対4で完敗しました。

イメージ 2


しかし、主将の新井選手が意地を見せ、勝利しました。

女子団体戦 3位

駒場に1対2で敗れたものの大将の大内選手が一本勝ちし、成長した姿を見せてくれました。

3位決定戦では文教大附に勝利し、3位入賞。女子団体としては初の賞状を獲得しました。

個人 戦では、軽量級の新井選手が善戦し、無差別個人で第5位入賞。

女子は大内選手とスタンボー選手が2位に入賞しました。

イメージ 3

女子決勝戦 大内選手

イメージ 4

女子決勝戦 スタンボー選手

女子選手の頑張りが目立つ支部大会でした。

都大会は個人戦が4月30日(日)、団体戦が5月4日(木)にあります。

関東をかけた熱い戦いをしてくれると信じています。

ご声援よろしくお願いいたします。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

4月13日(木)

新年度、授業開始とともに毎年恒例の朝稽古が始まりました。

関東予選に向けて気合い十分!

皆様のご声援をよろしくお願いいたします!

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

3月31日(金) 二部練
4月1日(土) 二部練
4月2日(日) 観光
4月3日(月) 午前練

宮城県立石巻工業高校柔道部とは、毎年この時期に交流稽古を行っています。

今年もはるばる石巻より総勢16名の部員が本校へ来てくれました。

イメージ 1


宿泊は昨年より日体大の寮をお借りさせていただいています。関係各位に感謝申し上げます。

さて、交流稽古には日本学園と法政ニ、久喜高校が参加し、盛大に行われました。

法政ニと久喜高校は4月1日(土)の午前のみでしたが、ご参加いただきありがとうございました。

また、日本学園の万田先生には技術講習をしていただき勉強になりました。

イメージ 2


3月末をもってご退職される万田先生ですが、40年以上にわたって培ったノウハウを我々若手の教員はいつも間近で勉強させていただき心より感謝しております。ありがとうございます。そして、ご退職に際し心より敬意を表するしだいです。長年にわたりお疲れ様でした。

さて、石巻工業には100kgを超える選手が3名以上いて、かつ県代表を争う選手が多数います。

今年こそ悲願の全国大会出場を果たそうと稽古にも力が入りました。

石巻工業の大内監督は本校のOBです!

石巻工業高校との春の交流稽古も今年で6年目となりました。

大内監督の前任校時代より続く駒大高校での春合宿。前任校時代からだと10年ほどになります。

年々部員も増え、チーム力も格段にパワーアップしています。

本校柔道部にとっても、レベルの高い選手、高い意識をもつ選手との交流は願っても無いチャンスです!

大内監督の母校である駒大高校柔道部も石巻工業のように素晴らしいチームができるように頑張りたいと思います。

観光は、アクアラインの海ほたるを見学し、お台場のアクアシティやデックスを訪問しました。

イメージ 3


ショッピングモールやたこ焼きミュージアムなど見どころ満載のお台場を満喫することができました。

夕食は昨年同様に二子玉川高島屋にある柿安三尺三寸箸のブッフェ。

イメージ 4


食べ盛りの高校生たちは心ゆくまで食事を楽しむことができました。

交流稽古には、坪井先生と小野瀬会長(獅子吼会会長)が激励に来てくださいました。ご多用の中にお立ち寄りいただきありがとうございました。

イメージ 5

イメージ 6


我々柔道部にとっても、石巻工業の皆様にとっても、有意義な4泊5日の合宿であったことと思います。

イメージ 7

写真は新入生の陸選手のポーズを皆でとりました!

兄弟子の活躍は我々にとっても励みになります。

石巻工業高校柔道部の益々のご活躍を祈念しています。

イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

3月27日(月)・28日(火)

新井主将が、西日本錬成高校柔道大会で柔道部史上初の全勝記録を達成しました。

17戦して無傷の17勝をあげることができました。

Bリーグにエントリーしているものの、県代表である数々の強豪校相手に引けをとらず、

全試合相手に柔道をさせない巧みな組み手と最後まで諦めずに取りきろうとする姿勢が、

全勝に繋がったものと思います。

全国高校選手権東京都予選の個人戦でも3位に入賞した新井選手は着実に力をつけきていると、

実感させてくれました。

団体戦の試合結果は二日間で5勝4敗2分。

新井選手と本木選手の活躍もあり勝ちこしましたが、その他の選手に大きな課題が残りました。

組み手争いで、不用意に奥襟をとられたり、

相手の技に対する耐久性の脆さ、

自分の技に入るためのタイミング、

3分間を闘いきる粘り強さ、

メンタルだけでなくフィジカルの弱さなど

様々な課題が露呈しました。

しかし、この錬成大会で各自の課題発掘が収穫であり、

関東への布石となったことと思います。

これらの課題を解決することは容易いことではありませんが、

4月より一つでも課題を克服するために努力してまいりたいと思います。

広島遠征の最後になりますが、学校関係各位ならびに柔道部父母会、柔道部獅子吼会におかれましては多大なるご支援を賜りまして、ありがとうございました。

この広島遠征は生徒にとって、柔道の技術力の向上だけでなく、広島の歴史や文化を学習する良き機会(宮島・厳島神社)となりました。

また、原爆ドームや平和記念資料館で平和学習を行い、命の尊さや今を一生懸命に生きることの大切さを学ぶことができたことと思います。

生徒部員は、かけがえのない体験をさせていただきました。誠にありがとうございました。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全138ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事