駒大高校 柔道部 最新情報

〜旃檀林に雑樹なし鬱密深沈として獅子のみ住す〜

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全146ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

1月14日(日)

全国高校柔道選手権大会の第二支部予選会が国士舘にて行われました。

高校選手権は高校3大タイトルの一つで、新チームにとって最初の大きな大会です。

そして、男子団体戦は勝ち抜き戦のため、技術だけでなく持久力も勝敗に大きな要素となります。

1月11日より寒稽古も始まり、大会に向けて気力・体力・技術力の強化に取り組んでいます。

個人の目標はそれぞれに違いますが、チームとして都大会上位を目指し、稽古に励んでいるところです。

そして、夢はやはり全国大会出場。夢を実現するために、一試合一試合、全力で試合に臨んでまいりたいと思います。

さて、第二支部予選会には、

男子団体戦と男子個人戦に選手が出場。

男子団体戦では、ベスト8に入賞し都大会出場を決め、

男子個人戦では、3名が都大会に出場を決めました。

イメージ 1


男子団体戦では、ベスト4をかけて東海大高輪台と対戦しましたが、3人残しで敗退。

先鋒吉田選手、次鋒浅井選手、中堅山川選手が抜かれてしまい苦しい展開となりました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


副将竹内選手が返し技で一本を取り、一人抜き返しますが大将倉林選手が引き分けてしまい。3人残しで敗退が決まりました。

イメージ 5

イメージ 6


選手権大会の都予選は、

1月21日(日)個人戦、1月28日(日)団体戦が行われます。

第二支部予選会で得た反省を都大会に活かして良い結果を出せるように、

寒稽古や午後の稽古で精進してまいりたいと思います。

寒稽古は1月26日(金)まで行う予定です。

ご声援のほどよろしくお願いいたします。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

オーストラリアリポート NO.12
カバシャムワイルドパーク

1月2日(火)

オーストラリアといえば

コアラ🐨

今日は、そのコアラを見物するツアーに出かけました。

パースから4〜50分程度のところにあるカバシャムワイルドパークです。

イメージ 8


グループツアーのため、ワイルドパークのガイドさんが1時間のスケジュールで園内を案内してくれました。

イメージ 1


最初はやっぱりコアラ。コアラを手の甲で触ることができました。

コアラは夜行性のため、昼間は活動的ではありませんでしたが、部員たちの期待に応えて愛くるしい姿を見せてくれました。

イメージ 2


また、グループツアーということもあり特別にコアラをバックに集合写真を撮ることに成功。

カンガルーにフィーディングタイム。
眠たそうにしているカンガルーさんたちでしたが、餌を口元に運ぶと横たわったまま餌を食べ始めました。

イメージ 3


コアラやカンガルーに匹敵するオーストラリア特有の動物、ウォンバットと記念撮影。

イメージ 5


パイソンをみんなでひとかじり?!

イメージ 6


さいごは、ワイルドパークのメインイベントでもあるファームショー!

イメージ 7


シープドックの働きや羊の毛を刈るパフォーマンスを見ることができ感動。リアルな農場の仕事を感じることができました。

イメージ 4


また、鞭の使い方を体験するショータイムでは陸が手を挙げ見事に指名されました。

使い方を教えられ3回チャンスを与えられましたが成功しませんでした。しかし、陸の独特な動きで会場からは温かい笑いを取ることができました。良き思い出となったことと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

オーストラリアリポート フリーマントル編

1月1日(月)元旦

フリーマントルに日帰りトリップ!

フリーマントルは、囚人を一時的に収容した監獄あったり、

古き開拓時代をしのばせる建物が並ぶ港町です。

イメージ 1


この収容所は、オーストラリア初の政府の建物だそうです。

イメージ 2


フリーマントルマーケットを中心にショッピングが楽しめる場所でもあります。

イメージ 3


そして、フリーマントルは港町なので、昼食は伝統食のフィッシュ&チップスを堪能。

イメージ 4


昼食後はショッピングを楽しみ、ジェット船《海のジェットコースター版》でスリルを味わいました。

また、フリーマントルまでは電車に乗って行くことができたので良い経験となりました。

イメージ 5

写真はクレアモント駅。

クレアモント駅からフリーマントル駅までは電車で20分程度。

イメージ 6

写真はフリーマントル駅

パースには電車は5本だけしかなく、一緒に同行してくれたピーター・スワン先生も初めて電車に乗ったほど、現地の人はあまり使用しないとのことでした。パースは車社会であることを改めて痛感しました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

オーストラリアリポート 農場編

12月29日(金)〜31日(日)

ストックリー・デイビス先生の所有するファームは、パースから車で途中休憩をとりながら4時間ほどのところにあるブリッジタウンにあります。

ファームといっても牛などの世話をするわけではありません。

周囲にはビルなどの近代的な建物はなく、スマホの電波もWi-Fiも届かない、大自然。

この大自然の中で様々な体験をしました。

ブッシュウォーク体験

イメージ 1

イメージ 2

ファームの周囲を散策。腰まで伸びるブッシュに悪戦苦闘しながら歩きました。

カヌー体験

イメージ 3

川にはクロコダイルがいるとか?!カヌーはバランスをとるのが普通のボートより難しく、ひっくり返る部員も。

シューティング体験

イメージ 4

写真は太一。オーストラリアンアーミー出身で、現役で軍隊のシューティングトレーナーをしているグラントさんより直接ご指導いただきました。

イメージ 5

ファームにはプラムツリーがあり、自由に食べることができ、イヴもプラムを頬張りました。

二泊三日の短い時間でしたが、とにかく貴重な体験ができました。

最初はファームステイに対してネガティブな印象を受けていましたが、ストックリーさんの懐深い温かさと様々な体験に部員一同目一杯楽しむことができました。ありがとうございました。

イメージ 6

24年前と変わらないロッジ。ロッジからの風景も変わらないことに感慨もひとしおでした。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

オーストラリアリポート

12月27日(水)

交流稽古は午後6時に開始。

イメージ 1


柔道インターナショナルやサウスウェスト柔道アカデミーなどの柔道選手が多数稽古に参加してくださいました。

イメージ 2


部員たちはオーストラリアに来て6日が経ち、コミュニケーションがとても上手になってきています。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


柔道を通してできる信頼関係はやはり特別なものがあるのではないかと思います。

イメージ 7

写真は今年よりシェントン高校との交流が始まり9月に3年I組に留学生として来たニプニさんとホストファミリーとして受け入れた芽衣。

UWAだけでなく、現地の高校生との交流機会も増え、国際交流が拡がりずつあります。今後の展開にも要注目です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全146ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事