全体表示

[ リスト ]


質問&回答ページ(新しい順) (古い順

tio********(tionallrights)さん
2019/6/1215:38:01
元号のイニシャルをなぜ同じにならないようにしなければいけないのですか?MでもTでもとくに問題起きないではないか?

補足
元号というのは事務的利便性のために設けるのではなく国家の導きとなるべく必然性がある称号をかかげるものであるあるならば、Hであってもこれからの日本にふさわしい名称なら構わないではないか。そもそも、元号制度黎明期はイニシャルなんか気にもしていなかった。しかもよりによってアルファベットに変換してダブらないようにするなんぞ、どこまで堕ちたものなんだ


2019/6/18 18:38:42
2019/6/18 18:46:02(書き直し)

昭和50年をS50年と書くような、ローマ字のイニシャルによる表記をやめればいいわけで、表記法の問題です。

江戸時代には文化の次に文政でBが重複、弘化の次に嘉永でKか重複してました。
大正は、やはりTで始まった天保時代の終了から67年後に始まりました。
昭和は光文の予定が直前に報道されたので変更された結果だという説があります。
もし光文だとKで始まるので、慶応時代から昭和初期まで60年弱。
イニシャルの重複を避けるためには光文でなく昭和になってよかったですね。

昭和はSで始まりますが、その前にSで始まった元号は正徳でしょう。
正徳6年→享保元年(1716年)から昭和元年(1926年)まで210年です。


2019/6/19
11:16:33

西郷菊次郎は万延2年に生まれて明治・大正・昭和まで行きました。
「万延」の「万」は呉音で読まれるようなので、Mで始まります。

徳川慶喜は天保時代に生まれて大正時代まで行きました。どちらもTで始まる元号です。
明治天皇は嘉永時代に生まれて慶応年間に即位して明治の時代を生きました。嘉永は弘化の後の元号で、慶応と同様、Kで始まります。

日本では、元号をローマ字で表し、その頭文字だけ書く習慣が、昭和の戦後にひろまったのでしょう。今は明治生まれが存命なので、令和改元ではMTSHが候補から外れたのでしょう。
慶応生まれはもう生きていないのでKで始まる元号は使ってよかったのですが、今回は日本語では珍しいRで始まる令和でした。

昭和改元のとき「光文」がボツになったそうですが、
当時は慶応年間から60年くらいでこれがギリギリだったでしょう。

今年の令和公表前にマスコミが一般市民を対象に行った新元号予想アンケートで、「平和」を挙げた人が多かったようで、「平成」の次に「平和」が来たら1文字で表す場合、ローマ字のHでも漢字の「平」でも重複するので、こんなのを予想する人は強要がないですね。
民主主義社会とはいえ、やはり一般大衆に元号を決めさせてはダメです。政府が決めるのが妥当です。

もっとも200年前の「文政」は「文化」の後でした。この2つの元号の「文」は漢音で読まれるようなので、Bで始まっています。文化・文政時代は元号の最初の漢字まで重複しても、それでよかったんでしょうね。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事