ハム日記

佐賀から関西に戻った日本ハムファンが送る日々雑記です

全体表示

[ リスト ]

木元、お帰りなさい

 前回は今季初先発にして華麗な完封劇をやってのけた木下が先発。とはいえ、世の中そんなに
甘くはない。
 初回先頭青木にヒット、真中ゲッツーもラミレスヒット、ガイエル四球、いきなりピンチ。しかし
ここは見や出を打ちとり0−0。
 3回表、ヒットの真中を置いてガイエルツーラン、2−0。
 3回裏、一軍復帰の木元が内野安打。まあ、形はどうあれヒットはヒット。お帰り、待ってたよ。
金子会長が送った後、ヒチョリ、賢介、稲葉3連打、セギ2打席連続の死球を挟んで小谷野ヒットで
逆転、2−4。とられたら取り返す、しかも倍返し。完全に強いチームの戦い方だな。
 4回表、1アウト1,2塁の場面で木下から押本に継投。木下、被安打6うち1HR、2四球、まあ、
味方が点をとってくれたおかげで負けがつかないだけラッキーか。代わった押本が城石、青木を連続
三振。
 5回表、1アウト後、押本がヒット、四球、四球で満塁、宮本にタイムリで3−4。ここで押本に
代えてチェブラーシカ江尻。渡会に犠牲フライを上げられ4−4。
 7回表、同点ながら2人ランナーを出したところで久投入。ここはしのいで4−4。
 同点で迎えた7回裏、ヒチョリ四球、賢介、稲葉、セギ3連打で1点、4−5。代打小田の打球を
相手がエラーして4−6。
 8回表、点をもらった後、特に終盤は落ち着いていきたいところ、久が四球とツーベースで2アウト
ながらピンチを招き、MICHEA投入。ラミレスを打ちとりこの回は守りきる。
 9回表、死球1を含む4者凡退でゲームセット。

 先発が早々に降板、リリーフ陣が登板したイニングはいいが次の回にグダグダという苦しい展開も
何とかかんとかしのぐことに成功。西武が負けて3位浮上。交流戦首位だったりもする。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(15)


.


みんなの更新記事