全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

どうも職人です。
画像がないと真面目になりがちです。
履歴にあったメタキンさんのブログを見て、以前から思っていた事を書こうと思いました。

○国旗・国歌問題について

職人は、裁判よりも先に気になることがあります。それは、当事者が「教員」だということです。これが 「都職員」 などなら、職人も違和感を感じなかったかもしれません。


さて、↓の一文に、職人が「教員が絶対にしてはいけない」と思う行為が含まれています。

「国旗掲揚の際、起立の指示に従わない。」

分かりますか?
理由はどうあれ、生徒の見本でなければならない教員が、生徒の前で一方的に「指示に従わない」のは非常に問題があると思います。
生徒の前などで考えを示すのはいいです。裁判など公の場で、自分の意見を表明するのも良い事だと思います。
ただ、式が始まって、指示されてまで反抗するのでは、

「直してこいと言われたのに次の日も金髪で登校する」

のと結果的に一緒ではないでしょうか。
確かに起立の指示に従わないのは、信仰の自由の問題など、きちんとした理由があるからでしょう。しかし金髪にするのも、本人にとっては きちんとした理由があるのだと思います。「好きだから」でも、十分きちんとした理由です。

「何を屁理屈を」と思うかもしれません。確かに、どっちが筋が通っているかは一目瞭然です。職人もそれは分かっています。
しかし、なぜ屁理屈なのか、金髪の生徒も納得させられるように、理論的に 説明できるでしょうか?両方とも「指示を受ける→拒否する」の流れは一緒です。校則に「高校生らしい髪型」とはあっても「金髪は禁止」などと明文化されている所も少ないでしょう。校則違反は通用しません。




職人が言いたいのは、「意見は後で言わせてあげるから、とりあえず指示されたら起立しなさい」ということです。




弘前に戻ったら、元の「アホと食べ物」のブログに戻ると思います。

服について

どうも職人です。
そろそろ青森に戻ります。


今まで携帯からパソコンに画像を送るのにメールを使っていました。しかし画像が複数あると、かなり時間がかかります。面倒くさくてしょうがない!

その話をしたら、高校の友人に「miniSD がいいよ」と薦められました。確か携帯にそんなものを差す穴があいていますが、まさか自分が使うことになるとは・・・。職人としては珍しく、薦められるままに見てみることにしました。
パソコン屋に行くと、確かにあります。256MB、2980円。・・・高! 
職人の服より高いです。こんなにちっちゃいのに・・・。
ネットで安売りを探してみようと思います。


さて、そんなこんなで今日は服の話です。

職人の服は、ほとんどが1000円前後です。「仕事人」などの素敵Tシャツは全部同じシリーズなので、1枚千円です。冬服はオシャレさんからもらったりしています。
職人のおすすめは「ホームセンター」です。店舗によるかもしれませんが、うちの近くの「サンデー」では、作業着や長靴に紛れてTシャツなどもあります。ほとんどが千円以下です。中には三千円ぐらいに見える、780円のオシャレシャツもありました。今までで一番素敵だったのは400円のノースリーブで、その場で先輩に報告して、次の日また買いに行きました。

そんな職人の服の中で、最も高価なのが柔道部ジャージです。他の服の十倍以上する、16,000円でした。他の部活との差別化を図るため、明るい緑と白でできています。背中にはもちろん、「弘前大学柔道部」の文字が浮かんでいます。ただ歩いているだけで、100メートル先から分かります。
せっかく作ったのに、あまり試合には着てきません。日常でも着ている部員は少ないようです。
せっかく作ったのに・・・。
生活を切りつめてまでジャージ代出したのに・・・。
悲しいので、職人は春頃、毎日柔道部ジャージで通学していました。
そしたらある日、友人に言われました。


それで大学来てるの?


・・・ええ来てますとも!!


青森は暑い季節も過ぎたので、後輩達にも存分にジャージを堪能してほしい職人でした。
どうも職人です



以下AKIさんのブログ「NUMBER12」より転載。
「福島県須賀川市立第一中学 柔道部リンチ事件」


03年10月18日に起きた『須賀川市立第一中学 柔道部リンチ事件』が、
今、NET上で盛んに議論されてる(←というか2ch^^;)。

こういう話題は、当ブログではあつかわない方針(←いちおサッカーブログのつもりだからさ)
だったけど、マスも殆ど取り上げないし、状況がかなり理不尽なので取り上げてみる。


ということで以下に、この事件について書かれた新聞記事、資料を紹介していきたい。
まず事件の概要ね。


『福島県須賀川市の市立第一中学で2003年、当時1年生の女子生徒(15)が柔道部の練習中に頭を打って意識不明の重体となった事故で、学校側が安全配慮義務を怠ったなどとして、女子生徒と両親が、県と市、けがを負わせた元男子部員(16)とその母親(48)を相手取り、31日、今後約60年にわたる介護費用と慰謝料など約2億3000万円の損害賠償を求める訴訟を福島地裁郡山支部に起こす。

訴えによると、03年10月、顧問の教諭らが不在の練習中に女子生徒が足を痛めたため休憩を取ったところ、部長の男子部員が怒り、女子生徒を投げたり、けったりしたうえ、数回にわたって道場の畳に頭から落とした。
女子生徒は間もなく意識を失い病院に運ばれたが、急性硬膜下血腫(けっしゅ)と診断され、
現在も意識が戻っていない。

24時間介護が必要で、04年11月にホームヘルパー2級の資格を取った母親(43)と外部のヘルパーの介護を受けている。女子生徒は中学入学後に柔道を始めた初心者だった。

原告側は、県と市に対し「顧問らが練習に立ち会うなどの安全配慮を怠った」、男子部員に対しては「女子生徒の技量や身体状況に全く配慮することなく、暴行を加えた」としている。

事故を巡っては、須賀川署が05年9月、監督を怠ったなどとして、当時の顧問教諭(42)と副顧問の講師(31)を業務上過失傷害の疑いで福島地検郡山支部に書類送検している。』(by読売新聞、ソースが期限切れのためURL提示できず)


事件詳細
http://www.jca.apc.org/praca/takeda/number3/031018.htm

関連記事
朝日新聞>http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000000609180001

関連ブログ記事
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/781844.html
http://news4vip.livedoor.biz/archives/50792272.html
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/800308.html

以下は略させてもらいます。
続きは本家(トラックバック先)でご覧ください。


さて、この記事を読めば、学校側の対応が問題なのは明らかです。職人は、部長の行為について考えるところを書きたいと思います。


このような言い方をすると誤解を招く可能性はありますが、職人はこの部長の行動を「子供だからしかたない」と思います(決して「許される」という意味ではありません)。


柔道部ではあまりにサボっている、やる気のない部員を、強い人が乱取(試合形式の練習)でメタメタにすることがあります。これを「まわす」といいます。基本的には、年長の者が下級生に対して行います。
縦社会の悪習だと思われるかもしれません。しかし年長者というのは、多くは経験が長く、加減が分かっていることも意味します。越えてはいけない一線は十分分かっているのです。
また「まわされた」方は、自分がなぜそうなったかを考え、今までの練習に対する態度、考え方を改めるきっかけになったりします。
何も考えなかったとしても、まわされるのは嫌なので、きちんと練習はするようになります。

部長は知ってか知らずか、これを真似したのではないでしょうか。
ただ、精神的に未熟な段階で、柔道で痛めつけるのと暴力の区別がつかず、また加減が分からなかったのだと思います。考え方を変えるのと暴力で支配するのは全く違いますが、結果的に(うわべだけでも)部員が言うことを聞くようになったので、それが正しいと勘違いしたのだと思います。

柔道においても人生においても、この少年はよい指導者にめぐりあえなかったのでしょう。サボりたいのか本当に出来ないのかは、見る人が見ればすぐに分かります。少年の部長としての行動を見て、「それは違うんじゃない?」と言える大人が、近くにいなかったのでしょう。それでは、少年は「自分が正しい」と思ってしまうのも仕方ない事です。

ちゃんとした指導者さえいれば、間違いなく初心者にこのような態度はとりません。受身がとれないのは分かっているんですから。この少年がよい師に出会えなかったことを、非常に残念に思います。

続 体育祭

さて、高校に入りました。

面識のない先生に怪しい目で見られましたが、この格好じゃ仕方ないでしょう。

グラウンドに出ると、早速担当したクラスの数名と出会いました。
幸い、憶えていてくれました。まずは一安心。
心配でしたよ。忘れられてたらどうしようって。実際には「忘れたくても無理」とか言われましたが(^^


先生に挨拶して回ったら、あとは観戦です。テントの陰でのんびり見られました。
途中生徒が
「あれ?」という顔 →「 先生!」と近づいてくる
が何度かありました。気づいてもらえれば嬉しいもんです。

近くから「ほら、教育実習の人」という会話が何度も聞こえてきました。みんな結構憶えているもんですね。


残念ながらこの後約束があったので最後まで見ずに帰りましたが、楽しかったです。来てよかったと思いました。

どうせなら最後まで見たかったですが・・・

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事