全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

どうも職人です。
黒石紀行は小休止です。



みなさん、疲れてくると精神的に不安定になりませんか?
職人は、絵が不安定になります。

今回はこのようになりました。

いかがでしょうか。

黒石紀行2

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

どうも職人です。
申し訳ありません。停滞気味です。
黒石紀行です。



黒石の「もみじ山」と中野神社です。
こんな滝もある素敵な場所です。

この中野神社、なぜか狛犬が2組あります。
それだけでなく、なぜか狛鳥がありました。

手水の前には、ステキな看板がありました。
「ちょうず」ではなく、「てみず」の使い方になっていました。
こうも読むんですね。しりませんでした。

と、普通に終わろうかと思いましたがそうはいきません

かわいらしい少女で説明しているのは構いません。ただ、
この子はなぜ、このようなステキな格好なのでしょうか。

職人は、すくなくとも神社では、間違いなくなど見たことありません。
よく見ると、靴下やリボンまでピンクで統一しています。また、手水の使い方に熟練しているようです。また、物腰も落ち着いているようです。一体どこのお嬢様でしょうか。


今日職人が最も言いたいのは、

「きっとこの看板を作った人は、近い将来の『オタクブーム』を予想していたに違いない」

ということです。






つづく

イメージ 1

イメージ 2

どうも職人です。
今日は以前行った、青森県黒石市の事です。


だいぶ前になりますが、卒業論文を書き始める前に、遊び納めということで、ゼミ室の4人で日帰り小旅行をしました。
場所は青森県黒石市、ふるさと創生資金で一億円の金のこけし 」を作ったステキな町です。駅までは電車で、そこからは黒石在住のゼミ生の車で移動しました。


さて、黒石駅に着きました。車のお迎えが来るまで駅で待っていると、一人が駅のすぐ前で 妙な 事に気づきました。それが↑の場所です。

お分かりいただけますでしょうか。
確かに駅では、しばしば中心地(駅周辺)の地図が見られます。
しかし、いくらなんでも 9枚多すぎ です。しかも、全部がほぼ同じ地域の地図です。

黒石は何がしたいのでしょうか?





地図をよく見ると、スナック「たい夢」など、ステキな名前の飲み屋が各所に見られます。

飲み屋

さすが黒石です。

謎の分別

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

どうも職人です。
ここのところ更新が滞っております。
わざわざ見に来ていただいた方、すみません。
そして、訪問ありがとうございます。


きょうは大学で見つけた「不思議なゴミ箱」を紹介します。
一見普通のゴミ箱なのですが、なんと


「燃やせるごみ」「燃えるごみ」の2種類があります。


ちなみに、紙コップとティーバックは「燃やせるごみ」だそうです(「ティーバック」で興奮しないこと。)
ここから分かるのは、少なくとも飲み物関係のごみは「燃やせるごみ」だということです。ゼミ室でよく出るコーヒーの出し殻やお茶っ葉もこれに当たると考えられます。

また、「 コップ」というところから、紙製品も「燃やせるごみ」だと分かります。紙の原料である木製品(割り箸など)も、「燃やせるごみ」だと推測できます。

つまり、「燃やせるごみ」とは、火をつけて燃やすことのできるゴミを指すと言えるでしょう。







では、「燃えるごみ」とは何なのでしょうか。

答えは簡単です。「 燃える ごみ」ということは、



わりと積極的に炎を発するごみ



に決まっています。
パ■マの湯沸かし器、デーブの車などがそれにあたると考えられます。


「デーブ・スペクター氏の車が燃える」 nikkansports.comより

 東京・千代田区のビル駐車場で10日午後1時ごろ、放送プロデューサー、デーブ・スペクター氏の車が燃える騒ぎがあった。東京消防庁によると、スペクター氏が車に乗ろうとエンジンをかけたところ、突然エンジン部分から火が出た。通報を受け駆け付けたところまだ燃えていたが、すぐに鎮火。焼けたのはエンジン部分だけで、スペクター氏にけがはなかった。



また、広くとらえれば、リンも「燃えるごみ」に含むことができると思われます。

↓「リン wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3

職人はさらに油、アルコールなども「 燃えるごみ」としてもよいと考えます。




これらは 絶対に 「燃やせるごみ」に捨てないでください。 非常に危険 です。








・・・今日は勉強になりましたか?

素敵看板4

イメージ 1

イメージ 2

どうも職人です。
明日から学祭です。
メシには困りません。


今日は久しぶりに素敵看板です。正確には看板ではないですが。

大学で見つけたのですが、この案内、かなり意味不明です。
紙が貼ってある場所からの眺めは2枚目の通りです。まっすぐ行って右に曲がったら、壁にめり込んで終わりです。2階も小教室があるだけです。どこに向かわせたいのでしょうか?


矢印と「階段上る」の関係性も不明です。
案内から一番近い階段は、画像に写っていませんが、手前左にあります。
「階段上る」の字を「階段(上るためのもの)」の意、つまり上から見た場合の階段の位置をあらわすと解釈して、階段の左側から回りこんでみました。(↓の■部が階段、上から見下ろした図)

                ↑■■■■
                ↑←←←



もちろん何もありませんでした。

さんざん議論した結果、これは「2枚目の画像の位置から画面奥に向かって進み、扉の向こうの階段を上る」ということだと解読できました。ならこんな分かりにくい書き方をしなくても、


左つきあたりの階段上る


で十分じゃないでしょうか。まったく・・・



「貨幣資源研究会」の内容については触れません。大学はこういう「専門家以外には一見何のことだかさっぱり」な事ばかりしている所です。






・・・今日は分かりにくかったですか?


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事