全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

激・刺激 ガーリック!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

どうも職人です。
こんな身内ネタの多いブログにわざわざ来ていただき、感謝感謝です。
しかし最近忙しく、更新が滞りがちです。ゼミ室にいるだけでもネタは増えていくのに、放出が間に合わない状態です。
さらにストックには「秋の黒石紀行」があります。雪が降らないうちには紹介しないと、職人の記憶が持ちません。

               がんばります


さて、今日のイチオシですが、「ベビースターラーメン丸 激・刺激 ガーリックパンチ(激辛スパイス付)」です。
箱の「頑固オヤジ」らしき人物がポイントです。見るからに頑固そうで、まるで

俺が作ってるんだぞ。」

とでも言いたげです。これはそそられます


食べてみたところ、確かにニンニクがきいて美味いです(フォーマルな場ではおすすめできませんが)。単体でもニンニク自体の辛さがピリっときます。

しかしこの商品のポイントは、「激辛スパイス」です。別袋で入っています。


こいつは辛いですよ!!


人によっては、ひと舐めで ポックリ いってしまうかもしれません。
職人も並の舌なので、ちょっと振りかけるだけで十分です。

しかしここが 若さ の力です。職人はこれを山盛りにしました。
そして口へ運びます(撮影が夜中なので見苦しいですが)。







・・・・・










・・・多くは語りません。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

どうも職人です。
この話はどうしても画像を文の途中に持ってきかったので、分割して掲載します。
完全に続き物ですので、ぜひ「スープはるさめのこと1」から読んでください。
「スープはるさめのこと1」: http://blogs.yahoo.co.jp/kome2929/4617211.html



で、こうなりました。
色合いも悪くなく、いい感じです。
わりと香ばしい香りもしています。


そのまま放置すること5分、職人の勘が食べ頃を告げています。
では、カップに戻して・・・



いただきま〜す!



・・・ワオ。
結構おいしくできました。春雨が柔らかくなっています。味もおかしくありません。
問題は煎餅です。




えー、食べられない事はないですが・・・。


ふやかしかたが中途半端だとかなりよくない事になります。「ふるまい煎餅」も一部を除き不評でした。

しかし気付いたことは、きちんとふやかせば食べられるということです。
いや、むしろこれはいいかもしれません。お吸い物の「麩」の感覚です。


一度お試し、はお薦めできません。 玄人向きです。






ちなみに最後は、使い終わったコーヒーメーカーです。
少し匂いがつきましたが、一度コーヒーを落とせば問題なくなるでしょう。

イメージ 1

どうも職人です。
この話はどうしても画像を文の途中に持ってきかったので、分割して掲載します。
完全に続き物ですので、ぜひ「スープはるさめのこと1」から読んでください。
「スープはるさめのこと1」: http://blogs.yahoo.co.jp/kome2929/4617211.html




先生のステキな思いつき! それは、


その煎餅入れてみればいいんじゃない?


です。

さすがです先生!これは青森(八戸)名物「せんべい汁」をリスペクトしているとも言えます。

八戸せんべい汁研究所:http://www.senbei-jiru.com/

職人、せんべい汁は未食ですが、きっと美味いはずです。せんべい汁は独特の「南部煎餅」を用いますが、普通の煎餅でも問題ないでしょう。
煎餅の砕き方は幼き頃に祖母に習った、「袋に入れたまま叩く方式」で完璧です。



で、投入〜




続く

記事上の「次の記事へ」でどうぞ

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

どうも職人です。
この話はどうしても画像を文の途中に持ってきかったので、分割して掲載します。
ぜひ「スープはるさめのこと1」から読んでください。
「スープはるさめのこと1」: http://blogs.yahoo.co.jp/kome2929/4617211.html


先生のアイデアとは、

コーヒーメーカーであっためればいいじゃん

です。流石です先生!
と、いうわけで



いざ投入〜



・・・何というか、キタナイです。

第一印象はちょっと口には出せません。というか口から出ます

先生すらも、「夜の飲み屋街で見るアレみたい」と、遠まわしに言っていました。

コーヒーメーカーは沸騰しないので、気長に待ってみることにしました。





ちょうどゼミ室にあった煎餅を食べていると、先生がまたステキな事を思いつきました!




続く

記事上の「次の記事へ」でどうぞ

イメージ 1

どうも職人です。
この話はどうしても画像を文の途中に持ってきかったので、分割して掲載します。


大学のコンビニ(正式名称「スィリジェ」)で、エースコックの「スープはるさめ 担担麺」を買いました。
その場でお湯を入れて、ゼミ室まで持って行き、しばらく待ちました。
そろそろ食べ頃と思い箸でとると、何かいつもと違います。気のせいと思い口に入れると、



うわ!硬!キツ!



となりました。妙に硬い春雨、コリコリの芯、ボソボソの歯ごたえ、これらから考えられるのは・・・。
そう、 お湯がぬるかった のです。道理でカップが熱くないはずです。

職人がマズイ物を食べた時の慣例にならい、そのときゼミ室にいた人全員に「ふるまい春雨」を行ないました。だれ一人美味いとは言いませんでした。

どうすればよいか皆で考えていると、先生が入ってきました。
その先生はとんでもないアイデアを出してきました。
そのアイデアとは・・・







2に続く

記事上の「次の記事へ」でどうぞ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事