火山の独り言

時ならめ 風に挑みて 鯉のぼり

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

「明日への話題」――「日経」夕刊のコラムに出た脳科学者・茂木健一郎氏の記事。<英語上達>といわれては火山、見逃せない。切り抜いて大事にとってある。2005年8月8日の記事だった。

「脳の記憶のメカニズムから見た英語上達法ははっきりしている。当たり前のようだが、英語のシャワーを浴びるしかない」――と。そういえば火山、定年<直前>2年、定年<直後>3年、合計<5年>必死に「ヒヤリング・マラソン」に取り組んだ。
アルク社の<看板>通信教育だ。年間<1000時間><浴びる>ように聴く。正直いうと火山、定年後は毎年<1700時間>ずつ聴いた。5年で<7500時間>を超えると思う。その結果が<TOEIC><860点>突破。<至難>とされる<壁>を超えた。

だが脳科学者に言わせると<当たり前>という。オイオイ。<ヒヤリング・マラソン1000時間>というが、毎日<3時間>です。皆さん、想像してください。火山は毎日<4時間30分><5年>も続けた。<気違い>沙汰!!!――です。
でも<上達>したか。――<しない>。そうとしか言いようがない。なぜか。だってヘタクソだもの。<頭が弱い>から。<脳に欠陥>があるから…。そうとしか言えない。チクショー。

今、英文雑誌「ナショナル・ジオグラフィック」9月号を読んでいる。凄い記事がある。
今年は英国の<ネルソン提督>が<トラファルガー沖海戦>で<ナポレオン海軍>を<壊滅>させて<200年>という。この歴史的勝利の<日>は<10月21日>だった。
<Admiral Lord Nelson’s FATAL VICTORY>という見出しだ。血沸き肉躍る、壮絶な海戦の記録。火山、<一気>に読んだ、と言いたいが、違う。例によって辞書と首っ引き。でもいくら読んでもイメージが沸かない。一向に<血>も<肉>も沸かない。
――でも頑張る。近日中に<投稿>します。<読書百遍、意、自ずから通ず>です。

脳科学者・茂木健一郎は「英語に接する『エピソード』をどれくらい脳の側頭葉の記憶のアーカイブ(保管場所)に蓄積できるかで、<英語力>の厚みは決まってくる」という。
「日本語をどのように記憶したか、思い出してほしい。単語を辞書で調べることなどむしろ例外である。言葉は開かれたシステムであり、どんな単語が飛び込んでくるか判らない。それでも過去の<エピソード記憶>からその<意味>を<類推>してしまうのが、本当の<語学力>なのである」――。

「あたたかい」という言葉も何回か聞くうちに、自然にその意味がわかってくる。一つ一つの<意味記憶>を多くの<エピソード記憶>が支えている」――。解説は不要でしょう。要は<血沸き肉躍る>体験が大切、その感激が<語学力>も高める。
今まで「ナショナル・グラフィックス」のお陰で、アインシュタイン、ツタンカーメン、アッチラ大王、明の艦隊司令長官<鄭和>の物語などを読んだ。<好奇心>を刺激され、<感動>を重ねてきた。これを<エピソード記憶>――というはず。

「今からでも遅くない。英語のシャワーを浴びて、脳に沢山の英語を蓄積しようではないか」と茂木健一郎。あっさり言ってくれる。

でも皆さん。<Admiral Lord Nelson’s FATAL VICTORY>――たったこれだけの<見出し>ですが、何と<翻訳>するか。皆さんも考えてください。火山、頭を抱えています。
<Admiral>は<艦隊司令長官>…。では<Lord>は…。<卿、閣下、長官…>。<FATAL>は<致命的な、破滅的な、運命の…>。<VICTORY>は<勝利>――。これをつないで何という<日本語>に置き換えるか。さあ、困った。あと何日必要か。記事はイラスト付とはいえ<16頁>もあるのです。げっ…。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事