火山の独り言

時ならめ 風に挑みて 鯉のぼり

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

「<恋心>――クラシックをライブで楽しもう」。上野の東京文化会館のモーニング・コンサートだ。歌い文句がいい。ピアノを見てカブリツキの<A列22番>を選んだ。
70分も早く並んだ。今日の演奏者やいかに…。長身ですらりとした女性が二人現れた。メゾ・ソプラノは白のレース。ピアノは漆黒のドレス。<白黒>コンビだ。

竹久夢二が<作詞>したという「宵待草」。お馴染みの前奏で始まったが、第一声を聴いて震えが来た。凄い。びっくりしたのが宵待草は夢二の造語で<月見草>のことだという。
歌い終わって、メゾ・ソプラノがマイクを握った。
「一年半前、文化会館主催の第一回<東京音楽コンクール>で入賞したのがご縁で今日ステージを踏ませていただきました」。謙虚に言っているが、声楽部門<優勝>。2月に新国立劇場「ルル」出演。4月バッハコレギアム出演。6月に都響と<第九>を歌う。

日本の歌曲で始めアイルランド民謡「庭の千草」まで。「洋の東西はあっても同じ島国。<恋心>は通じ合うものがある」というあたり、憎い。野上彰作詞の「落葉松」が圧巻。
第二部はお得意のオペラ。「フィガロの結婚」から「恋とはどんなものかしら」。「カルメン」から2曲。有名な「ハバネラ」は客席を回って熱唱した。なかなかやる。

最後がサンサーンスの「サムソンとデリラ」。火山の大好きな「君の御声にわが心ひらく」。パレスティナのガザが舞台。ヘブライの民は異教徒のペリシテ人に征服されている。だが古今無双の力持ちサムソンが現れ、ガザを救う。だが絶世の美女・デリラがヘブライ人のサムソンを誘惑する。ペリシテ人の陰謀だ。

メゾ・ソプラノが言った。「女性の皆さんはお分かりでしょう。女性は下心があると一段と魅力が増す」――酷い。だが2度までもデリラの誘惑を退けたサムソン。ついに陥落する。デリラが歌うのが<妖艶>な<君の御声…>だ。
半音階に下がってくる歌いだし。最後の<Je t’aime.Samson>というところが凄い。<I love you,Samson><Ich liebe dich,Samson>だ。が、こればかりはフランス語が一番。

東京文化会館も館長が前ソニー会長・大賀典雄になって宣伝が上手になった。<クラシックをライブで楽しもう><山下牧子><日本の恋、世界の恋を歌う><今から聴けます><500円>――。大好きな小ホール。名曲名演に客席から嘆声とブラボーが聞こえました。

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

「燃料棒、深刻な損傷の恐れ。福島第1・2号炉、建屋外にも汚染水」と今朝29日の「日経」1面。「2号機のタービン建屋地下にたまった高濃度の放射性物質を含む水は、溶け出した燃料棒の一部とみられる。汚染水はタービン建屋の外にある坑道(トレンチ)内でも見つかり、毎時1000ミリシーベルト以上を計測した。被爆の危険があるため冷却装置の復旧作業が一層難しくなるほか、周辺環境への影響が出ている」と記事は続く。

「原発の最悪事態も想定し万全の対策を」とは3月17日の「日経」社説。だが13日経過してもラチが明かないどころか、事態は深刻。東電も原子力保安院も御用学者も<曖昧>を続ける。チェルノブイリ事故は1986年4月26日に発生、5月6日に収束。被害は甚大だが、処理は10日間で一応終わった。それに比べ、東電あるいは日本政府の対応はお粗末。「原発情報、海外の不信解け」と「日経」社説は3月22日にも提言したが、全然ダメ。

「福島第1原発、今後のシナリオ」は「日経」3月24日の記事。「[箋儺’修回復し冷温停止。∀Э澗蚕するが危機は回避。M憧鑁紡擦琶射性物質放出」と3つのシナリオ。
「日経」社説が指摘する<最悪>の事態は、もちろん「M憧鑁紡擦琶射性物質放出」だ。
「社説」は「原子炉が壊れて多数の人が被爆(被爆)する惨事の恐れは、なお拭いきれない」と書く。「子どもが強い放射線に被爆すると、甲状腺がんなどを発症しやすい。子どもや妊婦を優先的に避難させる方法も準備が必要だ」(「日経」社説・17日)――。

「国民が知りたいのは客観的に見て事故がどれほど重大で、政府がその克服にどんな基本作戦を練り、国民がどう行動すべきか。安全・安心を担う原子力安全委員会や経済産業省原子力安全・保安院は首相官邸や東電の追認に終始、監督機関の使命を果たしていない。外部専門家を交え事故認識や対応方針を分かりやすく表明、国民の不安を取り除く必要がある」(社説)。同感!そこで火山、自分でこのシナリオ作りに<挑戦>したい。ウーン!

「私は『原子力村』と呼んでいます。電力会社、メーカー、官僚、原子力学会というグループで、原子力に寄りかかることで自分たちの利益を守ってきた。村に入ると、お互いに批判ができない。批判への充分な議論もできないのです」(「週刊文春」3月31日号・24頁)。これは京都大学の原子炉実験所の小出裕章助教の言葉。この「闇の<隠蔽>」に挑みたい。

「最悪の事態」とは1986年に起きたチェルノブイリ原発事故。燃料棒の中の核分裂が制御不能になり、もの凄い高熱で炉心近くの水が<水蒸気爆発>を起こし、炉心(制御棒)の放射性物質が上空に巻き上げられ、それが風に乗って欧州に飛散した。

だが福島第一では<核分裂>は「制御棒」のお蔭で一応停止。「現在の熱の程度では、水をかけても水蒸気爆発はしない。でももっと熱を帯びてしまうと、燃料棒が溶けて落ち圧力容器の底が抜け、格納容器の底も抜ける。メルトダウンだ。(核燃料)プールでも熱で底が抜け、溶けた燃料棒が下に落ちてしまうと、水蒸気爆発を起す可能性がある」(「週刊文春」134頁)。「学べるニュース」(テレビ朝日)でお馴染みの<池上彰>の解説――。

「福島第一でチェルノブイリの再現はない」池上彰は指摘。「核分裂は停止」と考えるから。「スリーマイルでは燃料棒の半分近くが溶け落ちたものの、(冷却用の)給水が回復して圧力容器の底が抜けるのは何とか防げた。今、福島でもこれを避けるために賢明の努力が続けられています」(「週刊文春」134頁)。火山も、この見方には賛成。

「2号機タービン建屋のたまり水から、炉心内の通常の水に比較すると、濃度1千万倍のヨウ素134が検出された――。東電が17日午前発表した分析結果に専門家の間に緊張が走った」(「日経」3月28日夕刊)。「汚染水、なぜ、どこから」と見出し。これには重大な意味がある。「もし大量のヨウ素134が汚染水に含まれていると、燃料棒の損傷が著しく、炉心内で今も核分裂反応が起きていることを裏付けることになる」からだ。だったら一大事。

「原子力安全委員会などの指摘で分析をやり直した結果、東電は、ヨウ素134ではなく、高濃度の放射性物質はセシウム134だったと訂正した。セシウム134の半減期(半分に減るまでの期間)は2年だ。炉心や使用済み核燃料プールにある燃料棒から出たと見られる放射性物質はこれまで10種類以上が確認された。どんな種類が検出されるかで、原子炉や燃料棒の状態を知る手掛かりになっている」(「日経」28日夕刊)。ハッキリ言おう。東電も原子力安全委員会も致命的ミスは認めたくない。だから「核分裂」は絶対に認めたくない。

「地震後、2号機は圧力容器内の水がなくなって、一時、燃料棒がむき出しになったとされる。格納容器につながる圧力抑制室が壊れた疑いもある。配管ではなく原子炉そのものが損傷し、タービン建屋に汚染水が出てきた可能性も否定できない」――。原子炉の損傷。放射性物質の流出は大きくなる。「京都大原子炉実験所の宇根崎博信教授は『2号機では空焚き状態もあったので、燃料棒の被覆材が壊れて内部が溶け出たのだろう』と説明する。

ただ、圧力や温度の急激な変化は見当たらず、中性子線が検出されていないことなどから、『核分裂反応が再び起きているとは考えられない』(宇根崎教授)との見方が多い」――。
「汚染水の原因究明には時間がかかりそうだが、真水注入による原子炉を冷やす作業は継続しなければならない。『水の漏洩を恐れて冷却作業を中断すれば、崩壊熱で燃料棒の破損が進み、更に放射性物質が出る危険が高まる』(奈良林直・北海道大教授)からだ」(日経)。東電と原子力安全委が隠さず正直に真相を明らかにするか。これで万事が決まる。重大だ。
(平成23年3月29日)

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事