全体表示

[ リスト ]

電力事情

沖縄電力を除く電力9社による今冬の電力
予備率(最大需要に対する供給余力)が、確保される見通しとなった。
これは、国内で稼働する原発が、ゼロの状態で冬を迎える公算が大きい
という事になるが、代替の電源が火力発電の稼働増や電力会社間の融通などにより最低限の余力を確保出来たという事でもある。
関西では、大飯原発の3・4号機が今月中旬に稼働停止し、自社電源のみではマイナスになる可能性があった。しかし、他の電力会社からの融通などで供給量を積み増し、電力供給の多い来年2月でも3%を上回る率を
確保出来たという。
国全体の節電思考と努力・協力に加え、各電力会社間の協力があって
計画停電も起こらずに過ごせる事はありがたいが、東電の力の無さには
いささかガッカリしている。国の対策の効果が早く見たい。
無駄に使うことは、震災以降無いと思うが、安心して医療や老人介護に
電力が利用されるとうれしい。
介護施設を見ると、極力省灯している。歳をとると暗いと見えにくいものだが、大丈夫なのだろうか。もう少し明るくして上げたいと思ってしまう。
やたらと値上げされてしまう物価や光熱費が、早く安定してくれる日を待ちたい。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事