全体表示

[ リスト ]

気温と乾燥に注意!

「気温と乾燥に注意!」
空気が乾燥する毎日となった。この季節は皮膚にまつわるトラブルが起こりやすいので、注意が必要である。
カサついたり痒みが出たり、気温差による症状が出やすい。筆者自身も、毎年この季節は皮膚科にお世話になる。
皮膚科医の受け売りではあるが、注意点を幾つか書いておきたい。まず多いのが冷気による「寒冷蕁麻疹」である。
ジンマシンと聞くと、食品や薬によるアレルギーを想定しがちであるが、「寒冷蕁麻疹」は誰にでも起こる症状だといわれる。
皮膚の表面は角質に覆われ、その下に表皮・真皮と呼ばれるものがあって、外からの刺激物などの侵入を防いでいるが、真皮の部分にある細胞(肥満細胞)が刺激されると症状が出る。
予防は冷たい風や水に触れないようにする事。外出時はマスクや手袋・マフラーなどで防寒をして、冷気にさらさない注意が必要である。乾燥する季節は特に用心する。
患部を温めると痒みは少し軽減するが、かきむしってしまうと、患部が広がってしまう場合があるので、かかない様に我慢する。
屋内外の気温差が大きいと「汗詰まり」という症状にもなり易い。本来は季節の変わり目に多い症状だそうだが、手のひらや足の裏に小さな水ぶくれが出来て痒い。
急に冷え込んだ翌日、暖かくなるなど気象条件により症状が出る。これは汗の調節がうまくいかなくなるためだ。
初期段階なら市販の「痒み止め」で押さえ、しばらくして皮がむけ始めたら、次は尿素入りのクリームを塗るといい。
いずれにしても、ひどくならないうちに、皮膚科医の診察は受けた方が安心である。
暖房の温度を低めに設定したり、乾燥対策をして保湿に心がけることと、水仕事の後は忘れずにクリームで保護する習慣は身に着けたいことである。
コタツの入り過ぎも、肌の乾燥を深める原因であるという。毎日の積み重ねが大切なのかもしれない。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事