全体表示

[ リスト ]

持つべき人間性

「 持つべき人間性 」
韓国の海難事故に対し、様々な分野から非難と驚きの声が上がっている。確かにこの事故は稀代まれなる人災のように感じるが、これに限らず見渡せば各所に
沢山の人間性に欠ける物事が起こっている。
セウォル号を韓国に売る前まで、日本で所有していた運行会社でも、同様の事故は起こっていた。しかし日本では、同じような事故でありながら「死者ゼロ」であり、船長と一等航海士らは最後まで船に留まり、救命ボートで救助された。
法令に従い訓練され、事故が起これば乗客を救助して最後まで残る。日本においては当たり前の事に思っていたが、韓国では今回の会社に限らず、事故に対しての訓練が行われていない事が、あらわになってきた。
日本でも、教師が自分の子供の入学式に出席するために、担任となる学校の入学式を欠席したり、消防署が住所を間違えて消火活動が遅れたり、バス会社の社長がバスを逆走させたり、人間性に欠ける行動は目立つ。
どうすればこの様な不祥事が減るのかと悩むが、何より元にあるのは、自分以外の人に対しての思いやりではないか。迷惑を掛けないように行動するのは当然であるが、心の中に相手を思う心が無いと責任ある行動は伴わない。
つまり、船長にしても「お尻が痛いので甲板に出たら、助けられた」などと言っているが、大きな事故でさらに過失である事はすぐに分かったと思うのだ。
人間性に欠けていたので、まず自分の安全を考えた。そして責任を取るのが怖くなり逃げてしまったのだろう。船舶において最高責任者である意識がなかった。
高校教師の場合も、担任を任されたらそれなりの責任は伴って当たり前である。
子供が小学生ならそれも仕方無いと思えるが、同じ高校生であるなら、親の職業も理解出来るであろう。理由を告げれば理解するはずである。
私の両親も、入学式には来られなかった。工場で納期がある仕事ゆえ、無理だった。子供としては家業優先と理解し、一人でも平気だった。
要は育て方や親の意識である。もしかしたら、子供の入学式に参列したかったのは、子供ではなく、親だったのかもしれないのだ。
そうした未熟な親に育てられた子供は不幸である。ハウスにも時々いるが、子供を大切にし過ぎて何もさせないで育ててしまった。洗濯機を使った事がなかったり
食器を洗った事のない子供が出来てしまう。
ところがそれに親子共に気付かず「なかなかお嫁に行ってくれない」とこぼす。未熟なままお嫁に出したら、行った方も貰った方も不幸であろう。
多少の未熟は可愛いし、だんだん上手になっていく様子はほほえましいが、明らかに過熟ミスの場合は、修正が難しい。頭でっかちで理屈は一人前、でも行動が
全く伴わない。不満は言うが努力はしないのだ。
どんな場合でも、自分と相手の立場を考え、人として恥ずかしくない行動を取りたいものである。暖かい心をもった人間でありたい。2014・4・22  

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事