全体表示

[ リスト ]

2014.9 コモンハウス町屋1の路地をはさんで1軒斜隣に
当社所有の改装予定の旧ハウスがある。
2014.7.17.深夜、何者かが侵入し、2階の押入れに火を放ち
逃走。
無人の家が煙に充満し、たまたまお隣さんのご主人が気付き
119番、まわり近所には幸い延焼なく、30分程度のボヤでおさまった。
 
延焼部分は1,2階50平米だが、消防による消化活動により
残り火がないようにと、
全ての部屋は天井や壁が放水の水圧で崩れ落ち、家具類はすべて
水浸し、窓ガラスや扉は消火活動のため破壊された。
 
今までの人生経験のなかで、初めての火災だが、
その被害の大きさに驚いている。
火災保険は建物に加入、動産には以前は入っていたが
保険代理店が変わった時、それ以降入ってなかった。
 
火災になって初めて分かったことは、上から下まで
どっぷりと水害であること。
 
危険負担経費として考慮がたりなかった。
他にも建物があるので、ただちに動産保険の手続きを
おこなった。
 
一般論での家財の金額は約300万円だそうです。
シェアハウスでの個人の持ち物ではどのくらいかはわかりませんが、
オーデオ製品と衣服がおもでしょう、すべて火災水害にあえばゼロ。
 
今後は住人さんの動産保険への加入をお願いしたい。
ただし契約単位が100万円単位で、保険料は地震も含め2年で
約8000円程度です、入居時に危険負担として加入を
お願いしたいと願っております。
 
2年未満での退室時は、残期間の保険料はもどります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事