全体表示

[ リスト ]

火事場の後かたずけ

2014.10.21.サクラハウス町屋のボヤの後始末が大変。
建物には、火災保険に入ってたが、家財に対しては不加入、入居者さんの財産
には契約ができないということで。
ところが、シェアハウスに於いては、家具家電ほぼすべてが営業機器ということで
 
保険対象となる。
今回は部屋の家財と言うことで不加入であった。
以前の保険会社との契約では加入していた。過去代理店の変更があった時
削除してしまった。
火事にあって、初めて判ったのは、火災による損害より、消火による損害が
大きい、家丸ごと水浸し、放水の強力な水圧で、壁、天井等が壊滅的破壊
床一面にガレキと化した残骸累々、費用も出ず後かたずけが難航する。
 
また、放火の疑いがあるので、火災発生現場の保存ということで手がつけられず
他の場所を、少しづつかたずけている。
 
全て火災保険の契約を見直し、足らない部分をおぎなった。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事