雇もれびの会のブログ(働く精神障がい者 自助会@名古屋)

名古屋市東生涯学習センター・精神障がい・発達障がい当事者が集まる会です。komorebi_no_kai@yahoo.co.jp

全体表示

[ リスト ]

ワードプレス講習会 inコミュニティカフェかかぽ2018317日土曜日
 
ワードプレス講習会を開きました。講師は長井さん。受講生は3名。雇もれびの会がひらくワードプレス会なので、統合失調症、発達障害、うつ病の団体のホームページ管理者、難病の団体のホームページ(ワードプレスで作成済)の管理者が集まってくださいました。
1時から5時まで。休憩をはさみながらもみっちり4時間の講習。
 
◆まず、ワードプレスとは?
ホームページの作り方には、
1)HTML,CSS等のコードを書く

2)ホームページサービス(jimdoなど)を使う。

3)アメーバブログ(アメブロ)をはじめとするブログサービスを使う

4)ワードプレスを使う

という作り方が、あります。1)メモ帳やテキストエディタでも編集はできます。本格的に作るなら、ホームページビルダーなどのソフトがあると便利です。2)は最初からソフトに当たる部分がウェブサービスとしてインターネット上のサーバーに組み込まれています。
3)は有名なブログサービスで、アメブロを編集することでホームページと似たような画面構成にすることもできます。4)ワードプレスはアメブロと同じく、ブログサービスから始まった機能です。特長はサーバー(レンタルのサーバー)にワードプレスをインストールして使うタイプのブログサービスの一種です。非常に拡張性やデザイン性が優れています。ホームぺージで一般的なページで出来ていることの99%はワードプレスを使うと実現できるほど、拡張性があります。また、PCからだけでなくタブレット、スマホからのアクセスのあるホームぺージを作るときも、自動的にタブレット、スマホ用の表示に変換してくれます。
 
◆ワードプレスの導入部
ワードプレスはログイン部が表示されている場合はそこをクリック。表示されてなければ、通常のURLの末尾に/wp-adminと入れることでログイン画面に入れます。
ログイン画面からIDとパスワードを入力してダッシュボードと呼ばれる編集画面に入ります。
 
ワードプレスはサーバーに入れただけの状態では、ブログ機能だけのシンプルな状態です
そこに「テーマ」と呼ぶ全体のデザインを決める機能を追加します。ここで注意したいのは、一般的なワードプレスの中のテーマには英語の表記が多くて、使い方が分かりにくいテーマもあるということです。長井さんのオススメはBizVektorというテーマ。
BizVektorテーマは無償でダウンロードしてご利用いただけます。それを活用して商用サイトにご利用いただいてもかまいません。使い方は利用者の自由です。
という非常に使い勝手が良くて、初心者にも中上級者にも使いやすい設計がされています。
 
このテーマを公式ページからダウンロードして、自分のワードプレスにテーマを追加するという作業があります。
 
 
◆ワードプレスでホームページのメニューを作る
ホームページの一般的なものは、表示メニューが上に並んでいて、左右のどちらかにもメニューやカレンダー、オススメ記事、最新記事等が並んでいます。メニューはワードプレスでは固定ページと呼ばれています。一般的な固定ページの例では、アクセスマップ、お問合せ、団体概要などでしょう。
固定ページをそれらの名前(マップ、お問合せ、概要)を付けていくつか追加しておきます。そしてダッシュボードの中の外観の部分でメニューの編集を選らんで固定メニューを追加します。そのメニューが画面の上か、横か、左上か、右上か、なども調整できます。
 
◆ワードプレスのホームページの中の投稿
固定ページは中長期にわたって表示させる内容を変えずに同じ位置で表示したいものですが、投稿ページでは、日々更新する内容。あるいは、大量の投稿内容をカテゴリ別に分けて分類して投稿する事ができます。こうした日々の更新や大量で分類された投稿というのが読者の要望に応えやすく、また検索結果でも上位に表示されるという事に繋がります。
記事の投稿は、ビジュアルとテキストとありますが、初心者はビジュアルを選んでください。ワープロ感覚で字を書いて投稿できます。また画像は「メディア」のアップロードをして追加します。
 
◆ワードプレスのプラグイン
文字のフォントや大きさなどを細かく設定した人にはプラグインという機能追加を使います。様々なプラグインが用意されています。文字の編集等でオススメはTinyMCEというプラグインです。初心者向けの解説も多く公開されています。その他、地図、カレンダーの表示、お問合せフォームなどもプラグインで実現できます。
 
◆ワードプレスによるホームページの位置づけ
団体にとってホームページはどんな位置づけでしょうか?カタログ的に詳しい情報を掲載するためのもの?最新のイベント情報を告知するもの?読者・お客様の知りたい情報を提供するもの?お客様と一対一のコンタクトを取って相談に応じるもの?
さまざまニーズがあります。
 
◆団体にとってホームページの狙い
団体がホームページをつくる狙いを考えることも重要です。寄付金が集めたいなら、どうやった見せ方をするか?赤ちゃんの心臓移植に億単位の寄付が集まるのは有名な話です。どうしてその寄付はあつまるのでしょうか?赤ちゃんだから?寄付を集めやすい仕組みがあったから?
名古屋城の天守閣の再建にも寄付が集められています。どうして寄付が集まるのでしょうか?河村市長の強いアピール力があるからでしょうか?寄付を集めるというのは患者団体にとっては大きな狙いの一つでもあります。そのアプローチを考えておく必要があります。
 
◆団体の性格とホームページ
患者団体は患者の個人と繋がるという必要があるので、患者一人一人のニーズに応えるページ作りが大事です。一方、広域患者団体連合では、県域などの広い範囲の行政情報、団体情報を集めて一覧、カテゴリ別に表示させて見やすいページにする必要があります。
行政の障害者向けのページでも最近は見やすくなっています。
ウェルネットなごや、という非常に見やすくまとまったページがあります。
 
SNSとホームページ
最近のSNS人気は非常に大きく、フェイスブックやツイッターを目にしている人は非常に多いです。そうしたSNSは匿名・実名の違いはあっても個人と団体がつながる道具になる側面があります。ホームページへの誘導する入り口としてSNSは有効です。また、ホームページを見た読者と一対一のコミュニケーションをとる際にもSNSは有効です。
 
 
RSS機能
RSSはブログの最新機能を書き出すプログラムです。ほとんどのブログに付いています。それを使う事でホームページに最近記事のリンクを簡単に貼る事ができます。自分のブログのリンクを自分のホームページに貼るのは問題ないのと同じで、RSSを使うことは自由です。しかし他人のブログのリンクは、勝手にはリンクを貼れないこともあります。それと同じで他人のブログのRSSを利用するには、原則、許可が必要だと考えた方がいいです。
 
◆最後に
 
ホームページ、ワードプレス講習会ですが、団体の目的に合わせて設計することが大事です。患者団体は、資金力のないところが多いので、資金が行政・医者・富裕層へのアプローチとともに資金のない一般患者へのアプローチも必要です。そのかじ取りが団体ホームページ設計のカギとなります。
ありがとうございました。
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事