雇もれびの会のブログ(働く精神障がい者 自助会@名古屋)

名古屋市東生涯学習センター・精神障がい・発達障がい当事者が集まる会です。komorebi_no_kai@yahoo.co.jp

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全220ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【告知】語る会2019/6/8

2019年6月8日
土曜日は語る会です。
名古屋市西区コミュニティカフェかかぽで。
二時から四時。
参加費四百円。
精神障害者、発達障害者の働く事をテーマに当事者同士が語る場です。
求職、職場定着、退職、ハローワーク、などの話題を語り合う予定です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

雇もれびの会です。

今週末、西区コミュニティカフェかかぽにて
雇もれびの当事者との対話会を開催します。

コープあいちの助成事業です。

土曜日午後2から4時です。
日程は5/18です。

支援者さん、学生さん等のご都合がつくなら、予約不要で良いのでゲスト参加願います。
セミナー形式ではなくて当事者と支援者のフリートーク会にします。

当日は対話する中で専門家としてのご意見をいただけると助かります。
大きなテーマは障害者の就労ですが、詳しくは当日の対話の中で決めます。

今後ともよろしくお願いいたします。

5/18のゲストは亀井教授さんと本間さん。
亀井教授さん(名城大学薬学部)
本間さん(一般社団法人 しん 代表理事)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

雇もれびの会です。

今週末、西区コミュニティカフェかかぽにて
雇もれびの当事者との対話会を開催します。

コープあいちの助成事業です。

土曜日午後2から4時です。
日程は2/23です。

支援者さん、学生さん等のご都合がつくなら、予約不要で良いのでゲスト参加願います。
セミナー形式ではなくて当事者と支援者のフリートーク会にします。

当日は対話する中で専門家としてのご意見をいただけると助かります。
大きなテーマは障害者の就労ですが、詳しくは当日の対話の中で決めます。

今後ともよろしくお願いいたします

2/23のゲストは本間さん。

本間さん(一般社団法人 しん 代表理事)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2019年2月2日 対話会

本日2019年2月2日 対話会を開催しました。
10人弱の小規模な会で、
ざっくばらんに語り合えました。
前半がテーマトーク。今回は精神科の薬。
後半はフリートーク。主にリカバリー。

楽しかったという意見があって、良かったです。


雇もれびの会の歩み。2009年から10年以上の資料をまとめています。

その一部を、紹介します。

歩み (2019-02月現在)

援助金・助成金関係
平成21年 2009年
平成22年 2010年 福智クリニック 1万8千円 ジーフット社 3万円
平成23年 2011年 大和証券福祉財団の助成 金(30万円) 30万円 モリコロ基金 30万円
平成24年 2012年 モリコロ基金展開期 30万円
平成25年 2013年 個人寄付 8万円
平成26年 2014年 公益財団法人あいちコミュニティ財団 東海ろうきん傍楽ファンド 2014年度 助成事業 30万円 恒友・助け合い基金  2014年度 助成事業 10万円
平成27年 2015年 モリコロ基金展開期 53万円 コープあいち福祉助成金 10万円 恒友・助け合い基金  2015年度 助成事業
平成28年 2016年 モリコロ基金展開期 51万円 恒友・助け合い基金  2016年度 助成事業
平成29年 2017年 アステラス・スターライトパートナー患者会助成金 20万円
平成30年 2018年 コープあいち 10万円


出版関係

イメージ 1

 

こもれび便り
2009.11月 創刊号
雇もれびの会 は,就労する精神障害者・働く障害者を勇気づける会です。
@御器所、今池、名古屋

◆◆◆◆◆◆はじめに◆◆◆◆◆◆

雇もれびの会は精神障害者・当事者が主体となって行っています。
就労のためのピアサポート(仲間同士の助け合い)活動のひとつです。
就労する障害者、これから就労する人を勇気づけるための会です。
現在、名古屋の福智会のデイケアを中心に体験談を集めたり、就労について語る会、学ぶ会を開催しています。 


◆◆◆◆◆◆活動報告◆◆◆◆◆◆

これまでの活動をご紹介します。
2009・9 今池および御器所のデイケア内にて就労勉強会
2009・8 打ち合わせ 
2009・8 福智会デイケア納涼会に参加
2009・8 Yahoo!ブログ開設
2009・7 今池で就労語る会
2009・4 今池で就労体験談の会
2009・3 就労インタビュー開始
2009・3 発足


◆◆◆◆◆◆今後の予定◆◆◆◆◆◆

11月 御器所で、就労体験談について語る会

◆◆◆◆◆◆体験談募集◆◆◆◆◆◆

精神障害者、お薬を飲みながら働いている人の体験談を募集しています。


◆◆◆◆◆◆ホームページ◆◆◆◆◆◆



就労体験談のインタビュー例

今どんな仕事をしていますか
どうやって、なぜ今の仕事を選びましたか
病気になってから仕事を始めるまでどんなことをしましたか
最初に仕事に就いたのは、どんな仕事でしたか
仕事を探すきっかけはなに
デイケアに通ってましたか
どうやって仕事をさがしましたか
仕事で失敗したことやクビになったことはありますか
仕事がうまくいくようになったコツはありますか
人間関係はどうですか
支えになったものは何ですか
仕事をするようになってよくなったことは何ですか
仕事が続くコツはなんですか
今の仕事に満足していますか
これから先の目標はなんですか
就労を目指す人に一言。





2009年(平成21年)4月25日の体験談プログラム・アンケート結果
これまでの仕事
電話の仕事、事務、パソコンを使う仕事、データ入力、検査アルバイト、
パチンコ店、皿洗い、フロント、工場、自衛隊、警備、ビル管理、病院の朝食つくり、
大企業で設計・組み立ての仕事、清掃、寸心、プールの受付、

今の気持ち(就労に関して)
今の仕事を続けたい、ハローワークに行っても自分に合う仕事が見つからず不安、
耳が不自由で電話ができないのが困る、できるか心配、
デイケアに通いながら短時間働きたい、計算のない職場がいい、
前向きに思っている、そのうちしたい、

体験談プログラムの感想
働くのは大変そう、数をあたればなんとかなると思った、
休みをなくすように頑張ればいいと思った、
仕事を続けるコツが分かった、
少し変わった職業の体験談が聞きたい、



就労勉強会◆PSWの講師をお招きして 
2009/11/12(木) 午後 7:05雇もれび便り

「就労のための社会資源(サービスや施設)というテーマでお話を聞きました。
 ・ハローワーク … 名古屋に三箇所。仕事を紹介してくれます。障害枠での仕事を探す窓口や、仕事前の準備の相談なども扱っています。
 
 ・愛知障害者職業能力開発校 … 三河・豊川にあり、CADなどパソコン技術を一年間勉強します。

 ・なごや職業開拓校 … うどん屋さんの作業所で給料をもらいないがら実習。

 ・精神障害者社会適応訓練 … 保健所が窓口となっています。一般の勤務先で実習します。そのまま採用される場合もあります。

 ・愛知障害者職業センター … 名駅西口にあり、ジョブコーチを扱います。実習訓練もやっています。

 ・なごや障害者就業・生活支援センター … 就業と生活支援のどちらも扱います。

 ・精神保健福祉センター(ここらぼ)…名古屋の中村日赤のそば。名古屋市の精神科デイケアなどがあり、就労にむけた支援をしています。

 などを紹介してくれました。

 それを受けて、座談会では実際に社会資源を利用したことのあるメンバーの話を聞くことができました。
 また、9月18日の愛知県の障害者就職面接会の参加者の感想も聞きました。

2回の勉強会に合わせて15名ほどのメンバーが参加しました。お疲れ様でした。





1 精神障害者の状況

厚生労働省が実施した平成17 年の患者調査によれば、
精神障害者数(在宅者)は約267万5千人と推計されています。
前回(平成14 年)調査時の約223 万9千人に比べ約19.5%増加しました。
また、これを精神疾患の種類別にみると、
「気分(感情)障害(躁うつ病を含む)」が89 万6千人(全体の33.3%)と最も多く、
次いで「神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害」が58 万人(全体の21.5%)、
「統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害」が55 万8千人(全体の20.7%)、
「てんかん」が26 万6千人(全体の9.9%)となっています。



雇もれびの会◆アンケート結果

(平成21年4月)
体験談を聴く会で行ったアンケート
4月25日の体験談アンケート結果

◆ これまでの仕事
電話の仕事、事務、パソコンを使う仕事、データ入力、検査アルバイト、
パチンコ店、皿洗い、フロント、工場、自衛隊、警備、ビル管理、病院の朝食つくり、
大企業で設計・組み立ての仕事、清掃、寸心、プールの受付、

◆ 今の気持ち(就労に関して)
今の仕事を続けたい、ハローワークに行っても自分に合う仕事が見つからず不安、
耳が不自由で電話ができないのが困る、できるか心配、
デイケアに通いながら短時間働きたい、計算のない職場がいい、
前向きに思っている、そのうちしたい、

◆ 体験談プログラムの感想
働くのは大変そう、数をあたればなんとかなると思った、
休みをなくすように頑張ればいいと思った、
仕事を続けるコツが分かった、
少し変わった職業の体験談が聞きたい、

◆ 自由意見
まだ外で働けるようになるか心配、
なにをやればいいかわからない、
モチベーション(やる気)をあげたい、
資格はどんなものが要求されるか、運転免許を持ってないと不利ですか?
仕事を始めるきっかけを知りたい、
仕事の楽しみ方を知りたい.



★こもれびの会の誕生秘話

きっかけは
(2009年)3月くらいに障害者のサークルを作ろうとおもって

今池で世話人が熱心で

退院&デイケア10年で

デイケアに恩返しを

図は、改良

こもれび便りをパワーポイントで大きくして、冊子の紹介を。

福智タイムスで冊子やこもれび便りの紹介を。

デイケアに入った人に、自分と近い体験談があることを知らせるために

料理、俳句でも本を。


こもれび本 2010-03-20

精神科医師からのアドバイス

継続的に出版する雑誌にしてはどうか。
障害者雇用実績の会社から広告を集めてはどうか。
一ページに一人紹介して、イラスト、みんなからのコメントもつけて読みやすく楽しく。
勉強のために読むものではなく、読みものとして楽しく読めるものを目指す。
この手の雑誌はいくらでもあるから、独自性はなにかを考える。
聞いたことをまとめただけなら大学生やアルバイトでもできる。
取材ということなら仕事になる。
講義を本にとりあげるなら事前に許可がいる。
波の会の「nami」という雑誌を参考につくってみたらどうか。
「nami」は全国に4千部ほど出回っている。

雇もれびの会 会則 (平成22年9月)

1、会の目的 

 1)本会は名古屋市をはじめとした各市区町村に在住、在勤の精神障害当事者が自ら運営し、活動を通して自らをエンカレッジし、仲間を支援することを第一の目的とする。
 2)本会は名古屋市をはじめとした各市区町村に在住、在勤の、精神障害者の先駆的な自助グループとして、できる限り機能してゆく。
 3)本会は、障害を持った仲間が地域で連帯して行動できるよう、活動してゆく。
 4)本会は、就労しようとしている当事者を励まし、就労後も地域で孤立しないで生活してけるよう、精神的支援を行う。
 5)本会は、世間の精神障害者への偏見がなくなるよう努力し、当事者一人ひとりの生活が豊かになるよう活動していく。
6)本会は以下の事業を行う。
A)精神障害者の雇用確保に関する事業
B)精神障害者からの情報発信に関する事業
C)精神障害者同士の情報交換に関する事業






こもれび・
働く精神障害
2010年 創刊号
1
こもれび・働く精神障害者
目次
はじめに................................................................................................................................................3
1 精神障害当事者からみた就労....................................................................................................3
体験談..................................................................................................................................................4
1 当事者の生の声(スーパー).......................................................................................................4
2 当事者の生の声(パン工場、事務職).........................................................................................5
3 当事者の生の声(引越での清掃)...............................................................................................6
4 障害者合同面接会の体験談.......................................................................................................7
5 当事者の生の声(工場清掃)......................................................................................................8
こもれびの会の活動............................................................................................................................9
1 体験談プログラム・アンケート結果(4 月 25 日).........................................................................9
2 就労体験談のインタビュー例.....................................................................................................10
3 こもれび便り★ 2009.11 月 創刊号...........................................................................................11
4 就労のための社会資源についての勉強会...............................................................................13
資料編................................................................................................................................................14
1 厚生労働省が実施した平成 17 年の患者調査........................................................................14
2 公務部門における障害者の雇用・実習受入状況について(平成20年度)............................16
3 愛知労働局資料より..................................................................................................................17
謝辞....................................................................................................................................................19




こもれび・働く精神障害者
はじめに
1 精神障害当事者からみた就労
◆趣旨
仕事探しをする病気仲間を手伝うために、当
事者の生の声を集めてみようと思い立ちまし
た。私自身まだ社会人半人前ですが、病気の
気持ちは一人前にわかります。
 実は病気をもち、クスリをのみながら働く人
も大勢います。
 でも病気があると仕事探しを諦めてしまう
人が多いのも事実です。
 そうした仲間の手助けために、働く障害者
や仕事探ししてる仲間の声を集めて一冊の本
にしたいと思いました。
◆就労支援のために当事者ができること
 自分の症状、性格、病歴、特技、訓練したこ
となどから 同じような仲間が働いて成功し
た例を探せる本を作ることで勇気づけたいと
思います。そのために当事者の生の声をまと
め始めました。
・実際に仕事してる内容。
・仕事探ししているときの気持ち。
こうした生の声を通して、私たちには病気を抱
えても働いていけることを社会にアピールする
使命があると思います。病気をコントロールす
ることは、体調、メンタルを整えることにつなが
り、それは健常者にも必要なものです。
◆問題
 身体障害者は障害者枠がある。精神障害
者の採用枠がない。
◆当事者のこころ
 例)変だと思われる不安、副作用
 ひととしゃべりたくない、人間関係がいや、
 動いている方が好き、体力がない、疲れや
すい、休みたい
◆仕事を続ける工夫
 ・自分に合う薬を見つける努力
 ・気をつけること
 例)怒る、泣く、喧嘩するなどは自制する、
 例)仕事してない時間も仕事しているように
見せる、暇そうにしない、掃除する
◆職場に求めること
 職場で実際にしている仕事内容
 例)休みを取りやすく、朝遅く、夕方早く、
座ったり立ったりできる仕事。
 好きなものを仕事にしたい。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

雇もれび対話会2019

あけましておめでとうございます。雇もれびの会です。いつもお世話になっております。2月からの、対話会を企画しました。西区コミュニティカフェかかぽの予約をしました。土曜日午後2時から4時です。日程は、2/2 2/23 3/16 4/20 5/18です。

2/2 亀井教授(名城大学薬学部)、藤井さん(薬剤師)、徳田さん(家族会)、Mさん(精神保健福祉士)
2/23未定
3/16藤澤さん(愛知医大 看護学)、野口さん(社労士)、大林さん(就労支援じゃがいも)、梅田さん(精神保健福祉士)
4/20 Kさん(精神保健ボランティア一歩会)
5/18 未定

ご都合がつくなら、この5日のどこでも良いのでゲスト参加願います。セミナー形式ではなくて当事者と支援者のフリートーク会にします。今後ともよろしくお願いいたします。

https://blogs.yahoo.co.jp/komorebi_no_kai/39239097.html

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全220ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事