HAND AND HAND

私のイラストで誰かがよろこんでくれるのがうれしい♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全110ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

能登を元気に(≧▽≦)
を合言葉に・・・去年の夏から始めた「HAND AND HANDキャラバン」

HAND展に集まる作家を中心にチームを組んで、能登に楽しいクラフト
イベントを持ち込んでいます。

金沢のほうでは結構こういうイベントがあるのですが、能登にはあまり
なく、それなら持ち込もう・・・と。
私も能登の出身なのでね、遅い恩返しみたいなもんです。
みんなも快くノッてくれて、大型ショッピングモールやホームセンターの
バックアップもいただいて、順調な滑り出しでした。
今年も春から始まっています。イメージ 1
イメージ 2

こんなにぎやかなメンバーで。作家同士も楽しみにしています。
イメージ 3

たくさんの人が来てくれて、お友達もできました(^^)/
笑顔絵も描かせてもらいましたよ。
イメージ 4
中学生の姉妹と、お友達にもプレゼントだって(≧▽≦)
イメージ 7
卒業する三人娘から先生へ。
イメージ 8
仲良し親子。
かわいい笑顔に、描いた私もつられて笑顔になる。
だから、似顔絵じゃなくて「笑顔絵」って言ってます。

そして、塗り絵は・・・・・
今年奮発して、A4サイズの石川の伝統工芸「二俣和紙」でつくりました。
イメージ 5
手漉き和紙です。塗り心地がいい〜(≧▽≦)
笑顔絵は、二俣手漉き和紙のはがきに描いていたので、その塗り心地
でぬりえを作りたかった。

桜の季節に先立ち、三月から「ぬりえ会」も開催しています。
イメージ 9
3/12地元のお食事処「さんまる」さんで(≧▽≦)
イメージ 10
たくさんの桜が咲きましたよ。

イメージ 6

3/24 ブティック「SPOON」さんでも。

チームでも個人でも、いろんなところでイベント企画して、休みの日もじっと
していない私(笑)
イメージ 11

ちょっといい作品を仕上げて、大切に飾ってもらう。
今年の私のチャレンジかな。
夏向けに、違うイラストを描いてぬりえにしちゃいます。

あ、もう一つ投資したものがあるんだった。
山中塗りのオリジナルデザインの重箱。
無理言って・・・シルバーのを作ってもらいました。
イメージ 13
斬新です。斬新すぎます(笑)
ピンク10個、ブルー10個。限定です(≧▽≦)

さ、次は来週。
イメージ 12

アルコールマーカーのメンテナンスも必要です。
大活躍していますよ。
イメージ 14


今後の予定

4/15  志賀町「ロッキー」さん
5/14  湯涌温泉「青葉の湯涌お楽しみ市」
5/28  野々市 ホットヨガ「VELLA」さん
6/10  別所岳SA 「HAND AND HANDキャラバンMINI」
6/17,18 産業展示館「ペーパーショウ」 

この記事に

開く コメント(0)

時間が経ちすぎて・・・忘れてしまいました(笑)しかし、ここまできたら最後まで書かないと(*'ω'*)
確か・・・ワークショップとステージ・・・宴会・・・まだ書くことあったはず。
一週間の期間の間、祝日があって、その日はがっつりワークショップDAYにしましたよ。イメージ 1

今年は、フロアの窓側をワークショップコーナーにしました。
明るくてにぎやか。お休みの日にゆっくりものづくり。たくさんの人が作品を作ってくれました(≧▽≦)

イメージ 2

祝日と土日の三日間。こんなもの作れますよ〜と、見本を置いておきました。(初日からね)

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

まあ、どこもここも賑やかです。

イメージ 6

ほらね。HAND展はとにかく楽しい。ずっと笑顔。笑いっぱなしです。

イメージ 7

 展示を見てよし、ワークショップを楽しむもよし、こんなもので遊べるし、お弁当係もいるし(≧▽≦)

イメージ 8

 私は一日だけ「笑顔絵」描きました。最後の土日は忙しいからね、祝日だけ。
 二俣手すき和紙は、石川の伝統工芸。かすれ具合が好きで、ものすごく描きやすい。

イメージ 9
 
 はい、あら、また遊んでる^^親子でも楽しめる〜 子供も女優になれる(≧▽≦)
 毎日楽しいHAND展。


 
 土曜日は15時でワークショップ終了。

 ステージタイムです。まずはたまちゃん率いる「プアメリア」のステージ(^◇^)

イメージ 10

 美しい。華やか♪かわいい〜♪色っぽい♪愛がいっぱいのステージ(≧▽≦)

イメージ 11
みんな、練習したんだろうな〜 
作品展ばかりじゃなく、「動く展示」を始めて何年たっただろう。
ダンスや歌のステージも、HAND展の定番になっている。

イメージ 12
 見ごたえのあるステージ。ありがとうございました。

 続いて、個室に移動して「お筝とオカリナと歌」のステージです。
イメージ 13

     お筝とオカリナ、かれんのソロ。いい感じです。個室は個室で音が響いてきれい。

    イメージ 14
 
     オカリナとパンフルートはやまだむつこさん。お琴は川守さくらさん。
    

     さて、私も登場。ムーンライトラクーン。イメージ 15

  「海と渚の博物館」は船のカタチをした建物です。で、漁具や船小屋の展示があるのがこの船底の部分。
  こうやって甲板からのぞくことができるので、踊ったり歌ったりするのにいい感じなんです。
  でも、本来は「博物館」・・・たまに・・・ここ目当てのお客さんが来ることもあるので、ここを借りるのに
  すったもんだしました。でも、30分フラ、30分は上の個室でお筝とオカリナと歌、そして、また下に降りて
  30分のステージ。館と打ち合わせも何度もしました。ここで歌うと、こんな風にみなさんに見てもらえる♪

イメージ 16

今年のドレスコードは「赤と黒」

イメージ 17

お筝での「ハナミズキ」 たまちゃんの踊りもコラボ♪

イメージ 18

イメージ 20

ダンスユニット「A&BLACKs」がダンスでコラボ参戦(≧▽≦)ありがとう♪

イメージ 21


イメージ 19
  
今年も楽しかった(≧▽≦)

あああ・・・もう一回続きます・・・




この記事に

開く コメント(0)

HAND AND HANDコラボ展2016
イメージ 12

去年は「ユメノクニ」というテーマで、たくさんのゲストが出展してくれました。
今年は予定があわなかったり、新しい活動を始めていたり、去年すべてを出しきってしまったり〜と(笑)
今年は15人も減ったんです(/・ω・)/逆に去年はモリモリすぎたんですけどね(/・ω・)/まさにユメノクニでした。

でも、ゆったり展示できたかな^^ STORYみつけることができたかな。

HAND展は、必要な時に必要な人が出展してくれる展示会だな〜と思っています。
基本的には、私が一応主宰させてもらっているので、私が見染めた作家さんにオファーしています。
その時だけの、普段関わりがない人とは一緒にできない。作家さん本人、作品・・・魅力を感じないと。
私が相手のことをよく知らないと、サポートに力が入らないから。これ本音です(/・ω・)/
内輪の楽しみと言われればそうかもしれない。でも、友達と一緒にやりたくて始めたんだからね。
求めるのは一体感。そして、みんなで楽しむ!!こと。
テーマを決め、それぞれ切磋琢磨して、競い合って、裏のかぎあいして(笑)そうきたか〜というゲームにも似て。最後は展示会全体が盛り上がればいい。作品を作る人、スタッフで活躍してくれる人、見てくれる人、宣伝して
くれる人・・・みんなでコラボするから「コラボ展」。それが楽しめる人たちが好き。

今年出れなかった人の中でも、来年は絶対出るから!!という人もいれば、ここが手狭になって新しく展示会を
立ち上げる人もいます。それでいいと思う(^◇^)!!必要なときにまたチャレンジしてください(*'ω'*)
人数に限りがあるし、全体のレベルは下げたくないので、誰でもいいとは思っていません。
募集の条件を聞かれることがありますが、同じ作風が重ならないこと、にわか作家ではないこと、
年間通じて作家活動をしてる人・・・魅力的な作品!!かな。いずれにしても「広く募集」はしない展示会です^^;



さて、個性の強いゲストの紹介は続きます。

ジュエル・スコープ&サンキャッチャーの 川田睦美さん。普段はピアノ講師。
宴会で大活躍するムードメーカーです。

イメージ 11

和傘大賞決定です(笑)そう、こうして使ってもらうことを想定したデザインです♪

イメージ 1

イラスト・切り絵で出展 白(しろ)さん 粘土細工(樹脂粘土) ねんどのまりちゃん
二人とも細かくて緻密です。

イメージ 2

今年の夏から始まった「HAND AND HANDキャラバン」
能登方面に、あまりクラフトイベントがない・・・という話から、私の出身地も含め、5回ワークショップイベントを
開催しました。そこで世話役をしてくれたのが粘土のまりちゃん。今年はかなり親密に打ち合わせしました♪

イメージ 3

来年も、まだ行っていない土地に行くことになるかもね♪

グルーアートデコ 古畑優子ちゃん。細かいキラキラビーズをせっせせっせとくっつけて作る作品。きれいです。

イメージ 4

あ、高岩陽子がいつも私に「貸してあげようか」と言う毛皮発見(笑)

イラスト出展のATSUKOさん。優しくロマンチックなイラストたち。
写真もセンスいいのです。今年は「笑顔写真」でいのうえさんのサポートをしてくれました。心強い♪

イメージ 5

イメージ 6

あっちゃんに撮ってもらった一枚。やさしい♪

イメージ 7

パステル画で出展の二口恵子さん。普段はオーラソーマの先生。ムーンライトラクーンのメンバーでもあります。

イメージ 8

 そして、水引アート「波華」。井波佳奈ちゃんが率いるチーム展示は圧巻でした。
 「無垢」・・・・真っ白です。教室の生徒さんとテーマについて語り合い、たくさんの水引作品を作りました。
 友情出演のジャイアントフラワーの中にキラキラしているのがすべて水引細工です。

イメージ 9

教室の生徒さんで、初めてブース出展した「feelふらわぁ」。下出智子先生のフラワーアレンジ教室。
私も、今年塗り絵教室をたくさんしたので、作品を借りました。にわか「ぬりえ作家」としてデビューした人も。
にわか作家・・・冒頭にも出てきましたが、このぬりえの展示に関しては、feelふらわぁの壁面を飾るための
ものです。塗り師たちは、ぬりえにハマってぬりえ大好き♪というメンバー。
こんな風に作品を誰かに見てもらう機会を作ります。
ゆきこ、えりぴょん、まおたん、美和ちゃんありがと〜(≧▽≦)またぬりえしようね〜(≧▽≦)

イメージ 10

華やかになりました。鮮やか〜(≧▽≦)
ああああ・・・まだ続きます。

ゲスト出展■順不同...

●金沢和傘 山田ひろみ(明兎)●着物と帯結び 西村和子着物教室 ●趣味もろもろ 文術白秋 ●.水引art 波華 井波佳奈●クレイクチュール他 クラフトマリス●布花デコレーション 野尻 祐紀子●宙を奏でる点描曼荼羅画他 正水 瞳 三宅 優貴●イラスト・切り絵 白(しろ)●粘土細工(樹脂粘土) ねんどのまりちゃん●羊毛フェルト人形 siesta(張田令子)●イラスト atsuko ●グルーアートデコ 古畑優子●ジュエル・スコープ&サンキャッチャー 川田睦美●紙デコ 竹内朋子●パステル画 ふたくちけいこ♪ ●ニットソーイング 中野 桂子●布・毛糸・刺繍手芸 西村 実千代●オリジナル和紙あかり 堀下 幸恵 ●フラワーアレンジ feelふらわぁ

HAND AND  HANDのfacebookページはこちら
写真は、HAND展の公式ページに投稿いただいたものをお借りしました。

この記事に

開く コメント(0)

「海と渚の博物館」
この場所で「HAND展」を開催するようになり8回目を迎えました。
光がやわらかくて、大好きな場所です。ここでたくさんのHISTORYが生まれました。

「STORY」

このテーマを発表したときに、常連作家さんみんな「難しい」と悩みました。
年頭に発表して、じっくり考えてもらうのですが、「なかなか浮かばない」と・・・(笑)
でも、作品一つ一つにSTORYはあり、HISTORYがあります。
作っているときは夢中だけど、必ずSTORYがあるんです。でも自分でさえそれを忘れてしまう。
作品が出来上がってそれで満足。そんな人の集まりがHAND展かもしれない。似たものが集まる。
でも、もっと実感させてあげたい。
自分を表現できる幸せプラス、人にも本当に伝わったんだ・・・と、まずは作家さんにです。
主宰として、全体をコーディネートさせてもらう私の役割だと思いました。
イメージ 1

イラストレーターとしての参加もあるんですけどね。こんな写真があるとイラストレーターっぽいでしょ。

■チームHAND■
●写真 いのうえゆり● 書 木滑芳恵 ●グラスアート 吉本律子●フラワーアレンジメント 下出智子 
●手編み 高崎 綾 ●ビーズアクセサリー他 西山 真美 ●レザークラフト 高岩 陽子
● 筆遊び 舩本るり子 ●ナプキンデコパージュ他 おかだ ひろみ ● クレイクラフト たかいえりみ
●イラスト こむらまゆ
さて、引き続きゲストブースへ・・・

20日の「笑顔写真撮影会」で、着付けをしてくれる西村教室の皆さんの作品。完璧(≧▽≦)

イメージ 7
 
「クラフトマリス」の店長さん。 東京にも大阪にも先生として出かけて行きます。クラフト作品はさすが(≧▽≦)

イメージ 2

女性ばかりの中に男性一人。あ、和傘の師匠もいたか・・・二人です(笑)
まいどおなじみのぶんさん。何でもできる器用な人。石やガラスも削ったりできます^^

イメージ 3

 布から花を作る野尻さん。羊毛フェルトの張田さん。ホント、クオリティ高い。

イメージ 4

ペーパーデコレーション 工房とめさん。全部紙です。どれもこれもこだわりが感じられる作品。
彼女の配色が好き。写真も得意です。
イメージ 11

糸かけ曼荼羅、点描曼荼羅 正水さんと三宅さん。アートやね。住宅展示会なんかに似合いそう。

イメージ 5

イメージ 8

和紙灯りの堀下さんも初参加です。
チームHANDのメンバーもコラボしてます。
イメージ 6

私も紙風船を作ってみましたよ。中に灯りをいれるところまではできなかったけど。
障子紙にアルコールマーガで描きました。

イメージ 10

初参加と言えば、西村さんと中野さん。
二人ともfacebookで美しい作品をアップしてらっしゃる先輩で、作るものも半端ない本物です。
こんな田舎の展示会にどうかな・・・と思いながらも声をかけさせてもらいました。
喜んで参加いただけて、また輪が広がりました。

イメージ 9

イメージ 12

ほらね、まだ書ききれないので続きます。(笑)

HAND AND  HANDのfacebookページはこちら

写真は、HAND展の公式ページに投稿いただいたものをお借りしました。

ゲストのみなさま
●金沢和傘 山田ひろみ(明兎)●着物と帯結び 西村和子着物教室 ●趣味もろもろ 文術白秋 ●.水引art 波華 井波佳奈●クレイクチュール他 クラフトマリス●布花デコレーション 野尻 祐紀子●宙を奏でる点描曼荼羅画他 正水 瞳 三宅 優貴●イラスト・切り絵 白(しろ)●粘土細工(樹脂粘土) ねんどのまりちゃん●羊毛フェルト人形 siesta(張田令子)●イラスト atsuko ●グルーアートデコ 古畑優子●ジュエル・スコープ&サンキャッチャー 川田睦美●紙デコ 竹内朋子●パステル画 ふたくちけいこ♪ ●ニットソーイング 中野 桂子●布・毛糸・刺繍手芸 西村 実千代●オリジナル和紙あかり 堀下 幸恵 ●フラワーアレンジ feelふらわぁ

この記事に

開く コメント(1)

大変遅くなりました。
「HAND AND HANDコラボ展2016」無事終了しました。
盛りだくさんで、全部書こうと思うと、なかなか時間が取れず・・・

足を運んでくださった皆様、応援してくださった皆様、スタッフとして手伝ってくれた皆様、
そして、素敵な作品を展示してくれた皆様、本当にありかとうございました。

今年のテーマは「STORY」でした。

イメージ 13

まずは、お客様をお迎えするメインボードをたくさんのSTORYで飾りました。

チームHAND 11名が、一人一人の技をみせる「刺繍枠」を使ったまるい作品を。
本来なら、ここでコラボ作品を出すところですが、誰と誰とのコラボなのかボケてしまう・・・
 それぞれがSTORYをテーマに取り組んだことを、わかりやすいようにスッキリとさせました。

イメージ 14

そもそも、たくさんの作品が・・・それも異種作家のいろんな作品が集まる展示会です。
見てくれる方はおなか一杯になってしまう。「なんかすごかったね」と終わってしまう。
そこがいつも「もったいないな」と思っていたところです。
作るのは得意だけど、あともう少し、伝える工夫をしたい。わかりにくいことを避けたい。

イメージ 1

続けて、一人ずつの作品。帯をキャンパスにしたアレンジです。
テッコツイーゼル大活躍(^◇^)

イメージ 15

グラスアートは吉本律子の作品。

イメージ 2
レザーの高岩陽子の作品。ギリギリに完成。
帯の柄に合わせて作ったバッグは帯の柄とお揃い。
黒いコサージュもレザーです。一人一人のクオリティが高いねっ!!

私はぬりえの中から、和のテイストのものを三点貼り付けました。

続いては、写真家いのうえゆりの写真コーナーへ。

イメージ 8

展示会前にメンバーが集まって「プロフィール写真」を撮ってもらいました。
(集まったついでにケーブルテレビで告知番組も収録するという手際の良さっ)

イメージ 9

いのうえさんは二胡の演奏もします。最近は写真より二胡の演奏活動が忙しいくらい。
でも、HAND展での「笑顔写真撮影会」は大人気です。ここは写真作品もがんばってもらわないと。
「何の作家かわかるようなプロフィール写真」を作品として展示し、笑顔写真のPRも兼ねる作戦。

イメージ 10

イラストレータって感じする?(笑)

その後もコラボ制作ではなく、一人一人の作品コーナーが続きます。
そこでこだわったのが「背景」になった英字新聞です。
「日々、いろんなニュースがあるけど、いつも私は私らしくものづくりをしている」
・・・というSTORYです。
イメージ 3

そのままでは文字がじゃまなのでちょうどよい布がありました(^◇^)
(ぶんさんの家にたくさんある・・・いや、そんな仕事をしているんですけどね)

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

私の作品の紹介になります。今年はたくさん塗り絵をしました。
 自分の描いた絵に、アルコールマーカーで色を着けることを楽しみました。
そんなカラフルな作品と「色を引き算した作品」です。色の代わりに花びら。

楕円のシールが見えますね^^中には作品のこと、STORYなどを書きました。

イメージ 7

チームHANDを締めくくるのは、ふなもとるりこのだるまと遊び文字。
愛らしいキャラクターが人気でだるまファンも多いです。
下出智子の帯アレンジといのうえゆりの写真。和のコラボが美しい。

イメージ 11

その後ろには「金沢和傘」の実演と展示コーナー。

イメージ 16

和傘と水引のオーナメントが美しい。

初日の笑顔写真撮影会は、着物で和傘を持って写真を撮る人でにぎわいました。

そして、毎年私のイラストとコラボで和傘を作ってくれます。
田中師匠、山田ひろみさん、いつもありがとうございます。

イメージ 12

外国人にウケるかな〜と思いましたが、みんな写真撮ってました。
(かほく市の油野市長さんも快く写真におさまってくれましたよ。)

まだまだ描き切れないので、第二部に続きます。

HAND AND  HANDのfacebookページはこちら
写真は、HAND展の公式ページに投稿いただいたものをお借りしました。

この記事に

開く コメント(2)

全110ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事