古村一雄の雑記帳

本音の議論をしない議会はいりません

全体表示

[ リスト ]

20日開会の9月定例会の一般質問でなにを取り上げるか、まだ迷っている。
きょう18日から担当部署から聞き取り・問題提起して、質問のカワ(質問通告要旨)をまとめていく作業に入りたいと考えているのだが、りんご・つがるの着色が遅れが気になって集中することができない。
これではいけないと思い、思いつくままにブログに書きなぐって腹をくくることにした。

1.「安全なくして原子力あり」の三村流原子力政策が背負った重い責任

(1)民主党政府の「原発ゼロ」政策は「脱原発ゼロ」政策

   脱原発の国民世論をごまかすために政府は「原発ゼロ」を持ち出したのに、「原発ゼロ」に踊らせられて核燃サイクル政策維持で一躍「世界的トップランナー」に仕立て上げて、フクシマの事故どこ吹く風の態でなりふり構わず走り回った三村知事の顔を立てる形で大間も東通も六ヶ所も、すべて満額回答で決着した。

   が、裏を返せば国の責任を青森県に転嫁することに成功したのではないのか。知事は、最終処分を含めた「青森県内でのサイクル事業完結のワナにはまった」のではないのか。
となれば、知事の責任は重い。

(2)マダラから放射能が検出されたが、他の魚種はどうなのか。
   再処理が本格稼動すれば、太平洋沿岸の放射能汚染はフクシマ+ロッカショ=となり、垂れ流しの放射能は希釈されずにホットスポットを多くするだけの汚染の当たりくじを増やすだけとなるのではないか。
   それも蓄積され続けて、影響はとどまることのない長年月の被害となって、人体にも影響を与え続ける恐れがあるのでは。

(3)最終処分場が五里霧中のなかでの「中間貯蔵施設」とは「宙ぶらりん施設」、すなわち「暫定処分=最終処分」となっていく心配はないのだろうか。

(4)知事は、再処理事業を中止するのならば受入れ貯蔵中の使用済み燃料の返還を主張してきたが、六ヶ所で製造された高レベル廃液やガラス固化体は誰の所有物で、どこが引きとるのか。

2.国の特例公債法案不成立に伴う影響について
  国による普通交付税の執行抑制が、県の資金繰りや一時借入れにどのような影響を与えるのか。銀行からの借入れ利息を国は負担するのか。

3.青森県農林振興公社の分収造林事業に係る民事再生法の適用について
(1)分収造林に係る公社経営の悪化を知事が知ったのはいつなのか。
(2)第3セクター等改革推進債の発行が、健全化判断比率へ与える影響。

4.公社等の経営の健全化について
(1)県が一定以上の出資等をしている公社について、これまで以上に経営の健全化が必要とされる公社はどの程度あるのだろうか。
(2)公社の資産は簿価評価ではなく、時価評価とすべきではないかと考えるが。

5.「まるごとあおもり情報発信チーム」とは何を仕事にしているか
(1)チームのこれまでの取組の成果と今後の方向性。
(2)東京事務所へ配置している職員の業務内容。
(3)昨年度から今年度にかけて本庁職員を増員している理由。

6.農商工連携による産業づくりについて
(1)7月30日に農政審議会が開催されたが、農商工連携による産業づくりをさらに発展させるための課題と今後の取組み方針。
(2)食産業のさらなる充実のためには販売戦略だけではなく、生産振興や生産基盤の充実が基本中の基本と考えるのだが。

7.企業誘致の取り組みについて
(1)三村知事のこれまでの企業誘致の取り組みによる実績と雇用への効果、今後の取り組みについて。
(2)青森中核工業団地について、平成25年度末までの分譲完売は非現実的であることから、県のリスク・県民負担を最小限に抑える早期の対策が必要なのではないのか。

8.青森県労働委員会の労働者側委員の選任について
  2年任期の労働委員の推薦要綱が青森県報に登載された。
  月額報酬10万円ほどと見込まれる労働者側委員の定数5人は、そろいもそろってなぜ5人全員を「アズマシイ連合青森」からの推薦名簿から知事は選らばなければならないのか。
  今期もまた同じ連合青森からばかりの委員で埋めるのか。
  核燃サイクル推進で逸している知事を選挙で推薦している恩賞か。
  労働委員会が「労働ムラ」となりっさがって形ばかりになって、久しく機能していない元凶が、この偏った選任に起因していることは間違いのないこと。
 これでは労働紛争を抱えている非正規労働者は浮かばれないのではないのか。

9.閉鎖的・ムラ的な県教育行政の体質について
(1)高校の統廃合問題
(2)県教育委員会における教職員の採用のあり方
(3)県立学校、指定管理者施設における維持管理・電気設備の保安手法
(4)障害を抱える生徒の高校教育の保障と障害者雇用

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

本県の原子力政策への強硬姿勢が国際問題化しそうで情勢が変わったんでしょうね。
棟方志功さんの評価じゃないですけど、日本人は外圧に弱い。
核拡散で国際提訴でもされないと原発ゼロは実現しないんでしょうか?
それにしても経済界首脳って、能天気ですね。もう一度原子力事故を国内で起こしたら、経済はふっとぶと思うんですが。
光熱費の問題ではないと思うんですがね。 削除

2012/9/18(火) 午後 6:45 [ あ〜すけ ] 返信する

顔アイコン

あの苦虫をつぶしたような“おっさん”の顔を見るのもイヤになります。
きょう夜のテレビでも、原発ゼロに文句を垂れて、尖閣では中国に偉そうに苦言を呈していました。
石原都知事を諌めればよいのに、と思った次第です。
たまには、お金持ちに富裕税を課してもよい、ぐらいの太っ腹を期待しているのですが、経団連も地に落ちたものです。
彼らは、日本国に何か事あれば、真っ先に脱出する輩ではないでしょうか。
それが国際化・グローバル社会などと平気でほざくのではないしょうか。
国を背負って立つのは庶民です。

2012/9/18(火) 午後 8:51 [ komura2121 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事