古村一雄の雑記帳

本音の議論をしない議会はいりません

全体表示

[ リスト ]

今週12日、青森市議会議員選挙の立候補予定者説明会が開かれるというのに、旧浪岡町においては市議選の話題はまったくなし。
名乗りを上げている候補予定者もまた、現職2名と元職1名だけである。
このままでは、現有3議席が目減りするのは間違いなしである。

現行の自治区制度は、来年1月で幕を閉じることから現有の3議席を死守しなければ、旧浪岡町は青森市のなかのただひとつの町内連合会にほかならない。
10月28日投票の市議選を小学校の校長先生よろしく、「赤勝て・白勝て」式の傍観は許されることではない。

私のところには、浪岡の元職と旧青森市内の候補予定者3名から支援依頼がきているが、やんわりとお断りをして様子見を決め込んではいたものの、今週からは、自ら浪岡在住の候補者擁立に踏み切ることにしなければならないと腹をくくった。
だれもいなければ「自分が・・・」の決意で臨む。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事