古村一雄の雑記帳

本音の議論をしない議会はいりません

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

古村さんへ

昨日の東奥日報とブログを拝見しました。
さなぶりで「不出馬宣言」は、古村流でいいですね。
お疲れ様でした、と言わせてください

ワールドカップサッカー・西野監督は就任46日で、優勝できないまま、大会を去ることになりました。しかし、決勝トーナメントまでは進出しました。
この46日間とは何なのか。

評価は、始まりと終わりにあり、古村町長の「一陣の風」と重なるところがあります。
特に始まりは全く同じですね。
旧監督を退任させて、新たな監督として土壇場の大会に対応しなければならないのですから。

選手起用も大切です。情報収集も大切です。
そして、目標が達成されなかった時の記者会見も、未来を見据えた発言になっていました。
どちらも。そして終わりです。

今回の古村不出馬宣言は、西野監督の継続しない宣言、後継を決めないで退任したことにつながります。が、組織か個人かの違いはありますが。

開く コメント(0)

「県議選不出馬宣言」

選挙に名乗りをあげたときは、自分の腹決めだけでよかったが、出馬しないとなればままならないものである。
結婚するのは簡単だが、別れるには並大抵の気力と根気が必要なのと同様。

「もう一度挑戦すべき」と言われればありがたくもあり、自分の心にいまだくすぶっている残りかすが邪魔するのか、むげに断れない。
我がことのように走り回っていただいた方々には、気を遣うことこの上なしである。

県議1期4年を経験した時点で、辞めることだけを考え続けてきた。
青森市からの分町・浪岡独立を目指してはいたが、県議会に居座っていても遠のくばかりだからである。
衆議院小選挙区の区割りが4区から1区に変更されたことによって、ますます望みは絶たれてしまった。

それを今日まで居座り続けてきたのは何か。
反原発であり、反核燃活動であることは間違いないが、県議月額報酬の78万円の魔力にとりつかれてしまっていたことも否定できない。
飲み食いにしろ、活動資金にしろ、カネに困ることはなかった。

いみじくも支援者の一人は言ってくれた。「あなたは、頭を下げることが嫌なんでしょう」と。
そう、選挙で頭を下げてお願いすることができない質なのである。

したがって、選挙の街頭では大上段に構えて、怒鳴り散らすことになる。
そのたびに汗が噴き出る、背中に、わきの下にである。
選挙最終日のあと3時間、あと1時間、あと残り30分の長く感じられることといったらない。

「古村の選挙は私の趣味。趣味を奪わないで!」という、反原発・反核燃とは対極の友もいる。
ありがたいし、感謝感激であるが、知力・体力がもう続かない、枯渇してしまった。
なによりも、これ以上、浪岡の恥にはなりたくない。

これからのことは、これから考える。
私のような者に期待し、応援してくださった方々には心から感謝している。

開く コメント(0)

今週の予定

16日(月)11:00 さなぶりを楽しむ会(花岡プラザ キャンプ場)
       16:00 「海の日」記念式典(ねぶたの家ワラッセ)〜欠

17日(火)10:00 商工労働観光エネルギー委員会質問通告(無所属議員控室)
       18:30 進めドクター大竹の会解散総会打ち合わせ(大竹医院)

18日(水)11:00 政務事務所(浪岡)
       14:00 エネ局・商工労働部にヒアリング(無所属議員控室)

19日(木)10:00 りんご黒星病危機突破大会(青森県武道館)

20日(金) 9:30 第47回浪岡地区シルバースポーツ大会(浪岡体育館)〜欠
       11:00 商工労働観光エネルギー委員会
       17:30 商工労働観光エネルギー委員会懇親会(ラ・プラス青い森)

21日(土)12:30 第60回自治体学校(福岡市民会館)〜23日〜欠

22日(日)


  〜来週の予定〜

23日(月)11:00 政務事務所(浪岡)
       13:00 賽の河原例祭(高屋敷舘)
24日(火)15:00 青森農協りんご出荷者・黒星病撲滅大会(東部りんごセンター)
25日(水) 9:00〜17:00 戦後73年・青森空襲展(青森市中央市民センター)〜28日
       13:30 九条の会合同会議(アウガ)
       13:30 第15回全国地方議員交流研修会(山形県学習センター 遊学館)〜26日〜欠
26日(木)10:00 通院(弘前)
27日(金)
28日(土)10:00 青森市平和祈念式典(アピオあおもり)
29日(日)18:30 進めドクター大竹の会解散総会(青森市民ホール)

開く コメント(0)

今週の予定

 9日(月)11:00 政務事務所(浪岡)
       18:00 升田世喜男青森後援会定時総会・懇親会(労働福祉会館)

10日(火)11:00 政務事務所(浪岡)

11日(水)10:00 青森市自閉症児・者を持つ親の会施設見学(平内町小湊・愛宕地区)〜欠
       10:00 さなぶりを楽しむ会準備打ち合わせ会(後援会事務所)      
       18:00 通夜(黒石)

12日(木) 9:00 りんご黒星病多発による講習会(東部りんごセンター)
       11:00 政務事務所(浪岡)

13日(金)14:00 商工労働観光エネルギー委員会質疑聞き取り(無所属議員控室)
       15:00 第23回全国小さくても輝く自治体フォーラム(北海道 訓子府町公民館)〜欠

14日(土)13:00 青函連絡船戦災犠牲者追悼・平和祈念の集い(青森港八甲田丸地区記念碑)
       17:30 大間で自由にみんなで語ろう2018(大間町総合開発センター)〜欠

15日(日)12:00 第11回大間原発反対現地集会(地主の会所有地)〜欠
       12:00 結婚披露宴(青森)


  〜来週の予定〜

16日(月)11:00 さなぶりを楽しむ会(花岡プラザ キャンプ場)
       16:00 「海の日」記念式典(ねぶたの家ワラッセ)〜欠
17日(火)
18日(水)
19日(木)10:00 りんご黒星病危機突破大会(青森県武道館)
20日(金) 9:30 第47回浪岡地区シルバースポーツ大会(浪岡体育館)〜欠
       11:00 商工労働観光エネルギー委員会
       17:30 商工労働観光エネルギー委員会懇親会(ラ・プラス青い森)
21日(土)12:30 第60回自治体学校(福岡市民会館)〜23日〜欠
22日(日)

開く コメント(0)

夕方遅く帰ってすぐ、「もも」にせがまれて田んぼ道を散歩した。
帰りがけに、目の前をホタルが飛び去った。
薄暗い中を、もう一匹飛んでいたように思えたが、弱々しいかすかな点滅にホタルだとは確信できなかった。

夕飯にありつこうと箸をもつなり、文句ありげに家内が口を開いた。
「あんた、所得が500万増えたんだって。議員の中で一番増えたって新聞に出てたよ!」
まさかのびっくり仰天、瓢箪から駒。

家内が仕切っていた税期の申告は、家内が入院したので、友の助けを借りて領収書などを整理してもらい、私が初めて税務署員の教えを請いながら、申告締切日ぎりぎりに税務署で手続きをした。

昨年は、ただでもらった宅地を350万円で売却した。しかも短期の譲渡だったために60数万円を即納させられている。
したがって所得総額は増え、還付金は期待できないだろうぐらいには思っていたが、それにしても前年比で500万円も増えたとは、正直信じられない。

問題は事業所得42万円である。
りんご栽培に、安い賃金で2人を通年雇用しているが、りんごの売上げと経費の収支差は、単純に計算しただけでも200万円以上になり、その都度、議員報酬をあてている。

確かに土地代金の中から200万円は、土地をもらった先に返さなければならないと思って、定期預金にして積立てておいたが、それにしても、なにかが、どこかで申告が間違っていたとしか言いようがない。

家内は愚痴る。「あんたはカネに無頓着で、だらしがない」と。
しかしである。
県議46人中「所得を増やしたのは34人。最も増えたのは古村一雄氏(無所属)で、前年に比べ510万円増だった」の新聞記事は痛快そのもので、ひとり悦に入っている。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事