古村一雄の雑記帳

本音の議論をしない議会はいりません

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

今週の予定

13日(月) 〜フラン病撲滅一斉点検〜
       11:00 お礼の会(平川市)

14日(火)18:00 参議院選挙協議(青森)

15日(水)

16日(木) 〜知事選告示(6月2日投票)〜

17日(金)

18日(土) 〜薬剤散布(4回目)〜

19日(日) 9:00 法要・埋葬(大釈迦)
        9:30 佐原若子街頭演説(道の駅アップルヒル)
       18:00 通夜(福田集会所)


  〜来週の予定〜

20日(月)
21日(火)
22日(水)
23日(木)11:00 家内通院(弘前)
24日(金)
25日(土)
26日(日)

開く コメント(0)

                     「わかこ勝手連」反核燃・脱原発の仲間
                            交流会へのお誘い

                                         呼びかけ人 
                                                   浅 石 紘 爾 (八戸市)
                                                   今 村   修 (青森市)
                                                   金 沢   茂 (青森市)
                                                   平 野 良 一 (青森市)


1.日 時   2019年5月11日(土)午後4時から6時ころまで

2.会 場   青森駅前 青森市民ホール 会議室(1)

3.テーマ  「知事選で、私たちが「わかこ」さんのためにできることは何か!」

4.交流会開催の趣旨

  皆々様すでにご承知のとおり、歯科医師の佐原若子さんが5月16日告示の青森県知事選挙に立候補することを表明しました。
  佐原若子さんの健康を危惧する声も少なからず寄せられましたが、ご本人の決意は固く、核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団の一員として30年余、反核燃・脱原発をたたかい続けてこられた悲壮なまでの強い意志を感じとりました。

  次期知事職の4年間は、六ケ所再処理工場等の操業開始や東北電力東通原子力発電所の再稼働、使用済燃料中間貯蔵施設の搬入開始、大間原子力発電所の建設再開などなど、将来の本県の動向を左右する重大局面を迎える4年でもあり、私たちの活動はまさに正念場です。

  長期政権の三村知事は、「経済を回し、選ばれる青森県」を吹聴していますが、フクシマ第一原発事故の教訓からすれば、口当たりの良いどのような政策・公約であれ、一瞬にして存在価値を吹き飛ばしてしまう悪の施設そのものです。
  安全・安心が確保されることのない核燃・原発施設の否定・拒否は、何物にも代えがたい最優先の政策課題です。

  佐原若子さんの悲痛ともいえる決断と志を孤立させることなく、一貫して反核燃・脱原発のゆるぎない意思のもとに運動を続けてきた私たちも、知事選挙を支えるためにそれぞれの地域・職場等でできることは何かを本音で語り合い、手を取り合って6月2日の投票に臨もうではありませんか。

  ご多忙のこととはお察しいたしますが、事情をおくみ取りいただき、交流会にご参加のうえ、ご意見を賜りますようお願い申し上げます。
  さらにまた、仲間やお知り合いの方々に拡散し、お誘いしていただければ幸いに存じます。
  当日は、佐原若子さんも出席されることを申し添えておきます。
                         
4.参考までに

(1) 5月11日当日は、第34回4・9反核燃の日全国集会が午後2時から青森駅前公園を会場に開催されます。

(2) 「わかこ勝手連」反核燃・脱原発の仲間(仮称)交流会は、集会とデモ行進終了後に開催します。

開く コメント(0)

農作業も体になじんできた。
苦痛に感じることはない。
ただ、小休止できないことが悩みの種。

あと少し、あと少しで片付くと思い、ついつい無理してしまう。
気が付けば昼のチャイムが鳴り、時には暗くなりかける。
したがって食事時間は不定期。

某日の夕食時。
家内の「どうしたの、どうしたのお父さん」の声で目覚めた。
箸を持ったまま眠ってしまったので、家内がびっくり仰天したらしい。

軽トラの助手席には布製の折りたたみ椅子を常備しているのだが、使ったためしがない。
休息をとること、これが目下の課題。

開く コメント(0)

今週の予定

 6日(月)10:00 重大事故・蒸発乾固問題について(青森市民ホール)
       15:00 サクランボ花見(花岡)

 7日(火)11:00 狂犬病予防注射

 8日(水) 〜薬剤散布(3回目)〜
       14:00 事務所(浪岡)

 9日(木)

10日(金)

11日(土)14:00 反核燃の日全国集会(青森駅前公園)
       16:00 「わかこ勝手連」反核燃・脱原発の仲間(仮称)交流会(青森駅前・市民ホール)

12日(日)


  〜来週の予定〜

13日(月)
14日(火)
15日(水)
16日(木) 〜知事選告示(6月2日投票)〜
17日(金)
18日(土)
19日(日) 9:00 百か日法要・埋葬(北大釈迦)

開く コメント(0)

電話機のそばに、3千円で購入したイミテーションの県議バッチが、小銭と一緒に無造作に転がっている。
3万円はするという本物は、あなたはなくするからという理由で、家内が保管しているはずだ。
ようやく手にした 「ただの人」 の思いが募る。

イミテーションバッチは今日からは無用の長物、捨てられるだろうかとの思いが頭をかすめたが、「満の畑」 に直行して、まんべんなく丁寧に肥料をまいた。
午後は「下の畑」 で、薪にするりんごの伐採木を軽トラに積み込み、「中の畑」 の空き地に運び込む作業に精を出したが、かなりの重労働でくたくただった。

遅い夕食事に久々の缶ビールを口にし、あえなくノックダウンしてしまった。
これからの毎日は、一に農作業、二に農作業、三に知事選・参議院選の生活が始まる。
議員報酬をつぎ込んできた大赤字のりんご栽培を、なんとしても黒字化しなければ、これからの生活は成り立たないのだ。

12年間続いた 「虚飾の生活」 から、果たして脱皮できるだろうかの不安がないわけではないが、農業と年金で暮らしをたてる、念願の本勝負に挑戦することになる。
果たして 「ただの人」 の暮らしはどうなることやら・・・、乞うご期待。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事