ここから本文です

書庫全体表示

履正社高等学校

 こちらの学校さんは、福島区で開校された大阪福島商業学校から、何度も校名と所在地を変えながら続けられてこられた学校さんです。
大正11年には福島区で大阪福島商業として仮校舎で開校、翌年西淀川区に移転。
そして昭和15年には現在の学校名のもととなる履正社中学校(旧制)が設立されました。
昭和19年には戦時中の非常措置により大阪福島商業は廃校に。
翌年、両校とも仮校舎で復帰。
さらに23年には鹿島町の旧制履正社中学校跡にて履正社中学校・高等学校として再出発したのです。
翌年には摂津高等学校・摂津中学校に校名変更し、さらに2年後には中学部を廃止にしました。
さらに十三に移転後、昭和30年には最初の大阪福島商業高等学校に校名を戻したんです。

 その後も豊中市に運動場を作ったり、服部緑地前に講堂を作ったりして、ここまで移転を繰り返した学校は他にはないと思います。
結局、現在の豊中の地に本校を移したのが昭和40年。
つまり、現在でちょうど50年になるわけです。
その後も昭和47年に普通科を設置、昭和57年には商業科を廃止、その翌年に校名が現在の履正社高等学校となったんです。
さらに平成元年には大阪で唯一だった自動車コースを廃止、平成12年に中学部を復活させて、やっと現在の形ができたわけです。

 学校の歴史をこうも長々と書いたのには理由があります。
それは「時代によって移転と校名変更・コース変更を繰り返した学校は、逆境に負けない力を持っている。」ということを言いたかったからです。
大阪の私学さんが生き残る道は、実は2つしかありません。
誰かに売却・譲渡するか、大学の系列校となって生き残るか。
その2つの道を経ずに生き残った学校さんはほとんどないんですよ。

 その「絶対に絶えない!」というこちらさんの信念が、学校の指導方針にも表れているんです。
他の学校さんがお持ちの「自由奔放」とか「質実剛健」などの校訓(キャッチフレーズ)らしきものは、こちらにはありません。
ただし、「良き学習指導ことが最高の生活指導である」という信条に基づき、生活指導も人間力の向上もしつけも、すべては学習指導から始まるんだという指導を徹底していらっしゃるんですね。

 部活は非常に盛んです。
特にサッカー部はご存知の通り2年連続ベスト8に残っています。
にもかかわらず、毎年TOKKERS(東大・大阪大、京都大、神戸大)に大勢の生徒さんを合格させていらっしゃるのはそのおかげでしょう。
現役卒業生の1割以上が国公立に合格していらっしゃるのですから、すごいことだと思います。

 よく、こちらでは学校生活が忙しいといわれています。
それは本当のことですが、それは逆に生徒さん達が勉強にも行事にもクラブにも、目一杯本気だということも表していると思います。
お子さんをできるだけ磨き育てたいと思っていらっしゃる方なら、こちらさんの体験授業に参加する価値はあると思います。

scole377@ybb.ne.jp 質問メールはこちらから


基本情報はこちら

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事