こなかっこ通信(子中保育園)

子どもの活動や運営者として思うことをお伝えしていきます(^^)

全体表示

[ リスト ]

 子どもたちは、どんぐりや木の実が大好きです。お散歩の道中や公園で見つけると嬉しそうに駆け寄り、拾っては「せんせい、どんぐり見つけたよ〜」と報告に来ます。そして、「ママやパパに見せたい」と言います。しかし、残念ながら、これまでは見つけたどんぐりや木の実を公園に置いてきていました。なぜなら、誤嚥窒息の心配があるからです。

 保育園には0歳児や1歳児もいます。0歳児の子どもたちはなんでも口に入れて、自分の口に物が入ることを認知して食べるという行為を学習します。そのため、どんぐりや木の実が室内に転がっていれば口に入れ、喉に詰まらせる可能性があります。詰まったものが取れなければ死亡に至る危険すらあります。これが誤嚥窒息の事故です。ですから、とにかく危険な物を園内に持ち込まないというのはひとつの危険防止対策としてはありうるわけです。

 しかし、「持ってきてはいけない」と言われると、子どもはこっそりと隠して持ってきます。むしろそのほうが大人が見つけることができずに危険を防止するのが難しくなるかもしれません。それに何より、

  子どもたちがワクワクしながら見つけたものを、私たち大人も大切にしたい!

出発点はここにありました。そこで、私たちは拾ってきたものを保育室には落とさない方法を考えました。そのとき出てきたアイデアは以下のようなものです。

・拾ったどんぐり、花、葉っぱを使って、お散歩先で作品をつくる
・園に持ち帰って、ビニールシートなどを敷き、園庭で作品をつくる
・持ち帰ったものを職員が集めて作品化する
・お散歩バッグをつくる

手前みそですが、全職員ほんとうにステキです。そして、給食室のT先生がすぐに作ってくれたのです。3歳以上児のバッグ24個分!

イメージ 1

 100円均一ショップで売っているナイロンバッグの両脇に紐を通して肩掛けバッグにしてくれました。おまけにもう一方の側面はメッシュポケットになっている優れもの。ダンゴムシやバッタやテントウ虫を捕まえてバッグに入れても死にません(笑) (ママたちは大量のダンゴムシにぎょっとすることもありますが)

 ファスナーを締めて、高い所で管理するので、どんぐりなどが誤って室内に落ちていることもなく、子どもたちは見つけてきた宝物を心置きなくおみやげにすることができました。子どもたちはこのお散歩バッグが大好きです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事