こなかっこ通信(子中保育園)

子どもの活動や運営者として思うことをお伝えしていきます(^^)

全体表示

[ リスト ]

 最近、学校教育で注目されているアクティブラーニングは、教師に与えられたものを解くのではなく、児童/生徒/学生自身が問題を発見し、自ら調べ、解を見つけていくことにより学ぶことを指します。保育園では、まさに「遊びの中から子どもたち自身が夢中になれることを見つけて遊び込むことにより学ぶ」というアクティブラーニングを日々実践しています。

 しかし、遊び込むことができる環境は、保育士の準備や工夫なくしては、なかなか作られるものではありません。なんの準備も工夫もしなければ、子どもたちは保育室や園庭をフラフラと、何をしてよいかわからずに歩き回ることになってしまうのです。

 子中保育園の近くには子どもたちが走り回ったり、花や虫を見つけるのに格好の農道があります。ある日、子どもたちが、I先生に向かって、
「せんせい、この虫、なんていう名前?」
と聞いたときに、I先生はすぐに虫の名前を言うことなく、こう答えました。
「こんど、農道に来るときには図鑑を持ってこようか。調べてみよう」

そして、次の農道散歩では、このような光景があちこちで見られることとなりました(^ ^)

イメージ 1

 花を摘んでは図鑑の中の花の特徴と見比べて、「これかな」「こっちかな」と調べています。どうやら採ってきたお花はこれみたい、と確信すると、
「せんせい、この名前、なんて書いてあるの?」と尋ねてきます。まだカタカナは読めない子どもが多いので。
「ヘビイチゴって書いてあるよ」と答えると、
「そっかー、この黄色い花はヘビイチゴっていう花なんだ!」と嬉しそうに言い合います。

 最初は図鑑の物珍しさに夢中になっているだけかな、とも思いましたが、連日、農道のお散歩が続いても、子どもたちの興味は変わらず、夢中で、実物と挿絵の花や虫を見比べて調べていました。

 前職では、大学でアクティブラーニングを実現する授業設計をしていた身としては、これぞアクティブラーニング!と感嘆しました。子どもたちとI先生との対話、図鑑という仕掛け、自然あふれる農道という環境。これらにより、子どもたちとI先生は「遊び込んで学ぶ」という保育園型アクティブラーニングを実践したのでした。

 そして、先週、この事例も含めて、園内研修の会議で、保育士全員、各自の「遊び込み自慢の成功例・失敗例」の報告と共有をしました。こんなステキな事例が今後も増えていくことを期待しつつ。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事