こなかっこ通信(子中保育園)

子どもの活動や運営者として思うことをお伝えしていきます(^^)

全体表示

[ リスト ]

 前回の記事でご紹介した作品作り(https://blogs.yahoo.co.jp/konaka_hoikuen/50011434.html )に繋がっている子どもたちの活動について書きます。子どもたちの遊び創造が外遊び( https://blogs.yahoo.co.jp/konaka_hoikuen/49983259.html )に留まっていないというお話(^.^)

 もう1ヶ月以上前になりますが、ある雨の日、外遊びができないために部屋で過ごしたときのことです。4、5歳児クラスでは、いつものように、廃材を使っての工作、お絵描き、粘土遊び、折り紙など何してもよいとI先生から言われて自由に遊んでいました。

工作好きの年長Aちゃんが空き箱で台所を創り始めました。下記写真にあるように紙に切り込みを入れたレンジ台と調理台です。それを見て同じく年長Bちゃんが冷蔵庫を創り始めました。冷蔵庫の中にはオレンジジュースも入っています。

Aちゃんは自分でつくった台所で調理を始めました。スパゲティはI先生に毛糸をもらって作りました。

イメージ 1


 この遊びが気に入った二人は、下記写真のように、チラシの食品写真を切り取り、おままごと遊びの道具に加えていきました。年中のCちゃんも加わり、ご馳走がたくさん出来ました(^.^)

イメージ 2



自分たちでつくった道具でおままごと遊びを楽しむ子どもたち。4、5歳児クラスになると、既製のおもちゃを使っての遊びでなく、道具から創り始めることができるのです!素晴らしいことだと思います。

 保育実践に廃材遊びを取り入れてから既製品の玩具を使わなくなったというのは0歳児、1歳児クラスでもK田先生、S先生が指摘していました。

先日、3歳児クラスのごっこ遊びについてご紹介しましたが( https://blogs.yahoo.co.jp/konaka_hoikuen/50007412.html )、4、5歳児クラスのAちゃん、Bちゃん、Cちゃんの遊び方は台所の構成物や調理の構成要素を理解し、それらを創造して再現している点でさらに発展的なものです。

想像力や創造力を育む造形遊びをおおいに楽しんでね、子どもたち(^.^)


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事