こなかっこ通信(子中保育園)

子どもの活動や運営者として思うことをお伝えしていきます(^^)

全体表示

[ リスト ]

前回に引き続き、年長さんたちのお別れ遠足のお話です。

  今回の遠足について、保護者の方々に「江ノ島水族館に行きます」とお伝えした時、みなさん「あら、楽しそう(ニッコリ)」と言ってくださるのですが、「神奈中バスと小田急線で」と付け加えると、「え〜、スゴい!!」と一様に驚きの大喜び(^.^)

  園外保育が直前にあったために、お弁当づくりが連続するのは保護者も大変なので、お昼ご飯はパンにして、自分が食べたいパンを予め選んでおくことにしました。下記の写真1段目は予めパン屋さんのウェブサイトで調べて決めておいたパンを探して買っているところ。他のお客さんに邪魔にならないよう2、3人で1組になり、順番に買いました。

イメージ 1

 2段目の写真は駅の階段を上る姿。端っこに寄って一列に上っています。駅ホームでもそうでしたが、子どもたちはどこでも整列してふざけずに行動することができました。3段目は電車の中で荷物を前にして座る姿。パン屋さん、乗り物、水族館、それぞれの場所で注意すること、してはいけないことを、予めみんなで考えてルール化していました。

 多くの子どもたちが、何度も行ったことがある江ノ島水族館でしたが、下記の中段写真のとおり、入り口そばの水槽から、すでにハイテンション(^.^) よく知っている場所でも、友達と来た、バスと電車で来た、ということが嬉しいのでしょうね。ロマンスカーには乗っていませんが、私の趣味で記念撮影(笑)

イメージ 2


 下段右の写真は、子どもたちからの発案により、小さい子たちへのお土産を買うために、お菓子などを探しているところ。このアイデアにも胸が打たれました。

 このように、自分たちで決めた事にあふれた遠足だった為でしょうか。子どもたちの方から、「水族館の絵、描きたい」とI先生に言いました。この絵を画集のように綴じながら、子どもたちの成長ぶりにI先生が涙していたことは子どもたちにはナイショです。

 自分に裁量権や決定権が適切にあれば、物事に対して主体的になれる。これは大人でも同じ事だと思います。それを子どもたちが体現してくれたお別れ遠足でした。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事