こなかっこ通信(子中保育園)

子どもの活動や運営者として思うことをお伝えしていきます(^^)

全体表示

[ リスト ]

年長旗引継ぎ式

 年度末はブログの更新が難しい時期です。保育所は幼稚園や学校と違って春休みが無いので、年度末業務と年度始めの準備を、通常保育を行いながら同時並行で進めなければいけません。なかなか過酷です(笑)

 過酷ではありましたが、春休みが無いということは、年度末ギリギリまで年長さんたちの姿を目にできる嬉しさもありました。卒園式後も元気に登園し、残りの毎日も楽しそうに過ごす子どもたち。

 その楽しげな様子の一つに、年長旗の作成と引継ぎ式がありました。これは今年初の試みです。トップダウンに子どもたちに何かをさせるということをしない私たちですが、卒園していこうとする年長さんたちの姿を見ていると、彼女ら彼らの飛躍を是非、今の年中さんたちにも継承してほしいと思いました。その飛躍を象徴する物として、年長旗を作成してはどうかとI先生と話し合いました。モノ(物)ではあるけれど、旗なら、年長として園の最年長を担う一年の喜び、期待、責任、重み等をココロ(心)として伝えることができるのではないかと。

 年長さん達に旗づくりを呼びかけると、すぐに反応してきました。面白そうなことを面白がる彼ら彼女らは、旗のデザインは自分たちで決めました。自分たちで決めることがすっかり当たり前になっています。

 クリスマス会に歌った「にじ」という曲。練習を重ねたせいか、子どもたちにとっても大切な曲。その思い出から年長旗の絵はすぐに虹の絵に決まりました🌈 。まずは模造紙にデザイン画を描き、
イメージ 1


 そのデザイン画をもとに布に描くことにしました。模造紙の絵を貼り、イメージの共有。虹の何色を担当して塗るかを話し合い、丁寧に色塗りして完成!
イメージ 2


 絵の具が乾いた年長旗を最終日に年中さんたちに引継ぎました(下記写真上段)。
イメージ 3



 そして旗を渡す際には、

  「運動会やクリスマス会で頑張ってください」
  「小さい子たちに優しくしてください」

とみずからの言葉で年中さんたちに伝えていました(写真中段)

保育士たちが感動しながら、これらの姿を見守っていると、年長さんたちから、

  「旗を持って『にじ』が歌いたい!」

という声が。


 この場面で、自分たちが楽しんで頑張ってきたことを表現したいと主張できる主体性。伸び伸びと歌う子どもたちに、先生たちはまた涙していました(写真下段)。自分たちで決めようとする、自分たちで話し合う、しっかり自己主張する、こういった主体性を、どうか小学校でも潰すことなくより一層伸ばしてほしいと切に願っています。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事