香南の風のブログ

閉塞した時代を切り開く「革新懇」は頑張っています。

全体表示

[ リスト ]

 昨日、午後3時から市役所駐車場で香南市革新懇が主催して「集団的自衛権行使容認に異議あり」の集会をおこないました。
 
 参加者を「20〜30人?」とみていましたが、最終的に45人の参加でした。
イメージ 1
 
イメージ 2
 主催者の開会あいさつのあと、山崎朗市会議員(革新懇世話人)から6月議会での「意見書採択」についての報告、「新婦人代表」の意見表明、「のいち九条の会」からはこの間の取り組みと年末にかけて市人口の2割(7000人)の署名を集めるという活動紹介、青年代表で馴田市会議員からの決意が述べられましたが、岸田世話人からの話は参加者に大きな感動を与えました。
 
 神戸に居住していたとき、自分の母親が空襲で亡くなったこと、三宮駅には死体が散乱していたことが生々しく訴えられ、「悲しい体験をしたから、平和憲法を本当に喜んだ。その平和憲法を覆そうとする安倍首相には本当に腹が立つ!」と怒りました。
 
 集会後、みんなでデモ行進を行いました。
 玄関から出てきて拍手で励ましてくれる方もおりました。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 香南市発足後初めての集会・デモでした。
 「やって良かった!」、「参加者が多くて元気が出た!」という感想が寄せられました。
 
 下は今日の地元新聞の報道記事です。
 参加者が少なくなっているのはなぜでしょうか。集会の途中、前から何回も数えて発表したのですが・・・。
 
イメージ 5

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事