ここから本文です
南アジアの考古学
単著『インダス文明の社会構造と都市の原理』(同成社、2016年9月)を何卒よろしくお願い申し上げます!

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

某著書の書評を依頼されているのですが、肝心の本を持ってくるのを忘れた・・・のに気づきました。後輩に目次をメールで送っていただきましたが、さてどうしよう。。。内容はだいたい覚えているので何とか形にはなりますが。。。いや、マズいな。。。Amazonでポチッとするにしても、送料が高いんですよね〜。。。

まぁ、それは置いといて。

写真は、Shah Abdul Latif Universityでの調査風景。上の写真に写っているのは私ですが、下の写真で椅子に腰掛けているのは私の友人であり、私ではありません。

撮影セットやら実測道具などはインドに置いてありますので、カメラだけ持参した訳ですが、大学付属博物館には便利なカメラ台があり、しっかりとした写真を撮影することができました。ちなみに、私のカメラは、未だに「ニコン D80」。僕にとっては十分なスペックですし、本当にタフ。ありがたいです。最近は「リコー GXR」も併用しております。これもまたナイスなカメラだと思います。

話は変わり、作成してきた印章レプリカのSEM観察を早く行ないたいものです。インド側では、ガッガルおよびチョウタング川流域の印章をサンプリングできるので、両地域の印章を比較できます。しかも、SEM写真で。いろいろと興味深い結果が予想される訳で、今から楽しみです。

それでは、また。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事