ここから本文です
南アジアの考古学
単著『インダス文明の社会構造と都市の原理』(同成社、2016年9月)を何卒よろしくお願い申し上げます!

書庫全体表示

イメージ 1

ナマスカール!Indus-Saraswati です!
本日も元気に宣伝させていただきます!笑

朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 新宿教室【新設】「インドの歴史」の第3回目が、20171015日(日)と迫ってまいりました。


「ガンジス文明と仏教の成立」と題して、「ガンジス川流域の開発とアーリヤ人(先・原始時代)」と「古代王国の興亡と仏教の成立(古代)」についてお話しさせていただきます。


今回も、すでに多くの方方にお申込みいただいているとのこと。いつも誠にありがとうございます。とても楽しみです!


講座内容等は、以下のリンク先からご確認くださいませ。


https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/c7baaef0-3006-c385-2c3f-5971c66a25c6



*****
【新設】「インドの歴史」のスケジュールは、以下の通りです。インドの歴史に関する概説書を、一冊書きあげるような熱意をもって本連続講座に臨みたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。


<【新設】「インドの歴史」のスケジュール>
予定です。変更することもございます。

1回 人類史の始まりと定住革命(2017723日)
    ・インドの歴史を理解するためのポイント
    ・旧石器時代と新石器時代(先・原始時代
2回 インダス文明の興亡(201793日)
    ・インダス文明の成立(先・原始時代
    ・インダス文明の展開と衰退・解体(先・原始時代
3回 ガンジス文明と仏教の成立(20171015日)
    ・ガンジス川流域の開発とアーリヤ人(先・原始時代
    ・古代王国の興亡と仏教の成立(古代
4回 古代インドの統一帝国とヒンドゥー教の成立(20171224日)
    ・マウリヤ朝とアショーカ王(古代
    ・グプタ朝とヒンドゥー教の成立(古代
5回 有力国家の盛衰とイスラームの浸透
    ・有力国家の分立と抗争(中世初期)
    ・イスラームの浸透とデリー・スルターン朝(中世後期
6回 ムガル朝の興亡とインドの植民地化
    ・ムガル朝の文化と社会(中世後期
    ・英領インドの形成とインドの植民地化(近世
7回 英領インドと大国インド
    ・英領インドの文化と社会(近世
    ・大国インドの形成と行方(近・現代)
*****

それではまた!

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事