お芝居の感想文ブログ

これだけ観てるのに、観劇芸能人に遭遇したことないっす

全体表示

[ リスト ]

天王洲銀河劇場
演出:岡村俊一
松井玲奈・石田明・細貝圭・早乙女友貴・味方良介・荒井敦史・・・
イメージ 1

つかこうへい氏七回忌特別公演と銘打たれたこの作品
以前から気になっていたつかこうへいさんの作品を、
タイミングが合ってようやく観ることができました

私の好きな劇団☆新感線が旗揚げの頃つか作品をコピーしていた、という逸話を聞いたことがあったけど
音楽や照明の派手さ、時事ネタ等の遊びと直球の人間臭さなどが確かに今の新感線のルーツになんだろうな、と感じるところが多々ありました

一度ハマるとクセになる世界観なので、今後上演の機会があったら飛竜伝や熱海殺人事件等も観たいです

今回私が見た公演はカメラが入っていたからWOWOWとかで放送してくれるかな
DVDは出たことないみたいなのであまり期待できないけど、もう一回観たいのでぜひともWOWOWさん頑張って権利を・・・ ←制作サイドに嘆願書出した方が早いかな?

 
主演の沖田総司:松井玲奈は今年になってドラマ等で認識するまでは顔と名前が一致しないくらいだったので正直彼女が主演ではなくても今作を観に来ていたんですけどね、堂々と凛々しく魅力的で、今後の女優活動を応援していきたいと思わせてくれました。

相手役、坂本龍馬:NONSTYLE石田明
お笑いの中でも特に漫才が好きなので、この人がどういう風に舞台に立つのかを観たくて今回チケットを取ったといっても過言ではないのですが、結果、びっくりするくらいハマっていて、最終的にカッコよかったんですよ、びっくりした。
凄いなキャスティングした人の直感
面白パートを引っ張る力が流石で、ああいう空気を作る力は共演の俳優たちにはとうてい追い付けない所なのだと思うし、それでいて決めるところは当然ビシッと仕上がっているのでギャップが良いように作用してます
他の俳優が演じる「新・幕末純情伝の坂本龍馬」を知らないからこそかもしれないけど
今回の配役大成功じゃないですか

8月に旅行で高地にいくので、桂浜から土佐の月を眺めてきたいなぁ

それにしても
前日オンエアのタモリ倶楽部での骨折腕吊り姿と同じ人ってwww
  ↑
今週(7/8)もこの企画なのでこれから観に行く予定の方はぜひ事前に 笑

他の演者さんたちもほぼ初めて観る方たちだったけど
土方歳三役の細貝圭は背も高くてどっしり構えた感じが、石田竜馬と対照的で、恋敵感バッチリでした
早乙女友貴は前見た作品では兄早乙女太一が華やかすぎて目立たなかったけど、剣捌きは頭一つ突出していて剣豪(?)岡田以蔵が似合ってましたね

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事